« 調理器「キチントさん レンジでつくるスパゲッティ」 | トップページ | 2006FIFAワールドカップドイツ大会が始まって »

2006.06.13

映画『君に捧げる初恋』(お薦め度★★★★)

監督・脚本、オ=ジョンノク。2003年韓国。恋愛コメディ映画。原題『初恋死守決起大会』。出演、チャ=テヒョン(ソン=テイル)、ソン=イェジン(イルメ)、ユ=ドングン(ヨンダル・イルメの父)。

反則でしょう。驚くほど完成度が低いのですが、暖かい感動に包まれました。何回でも観たくなります。
脚本は中途半端で、話がハチャメチャです。ストーリーの整合性に無理があり、シーンのつなぎで前後が意味不明となる箇所が散見されました。同じシーンをいろいろなパターンで撮影してそれをつなげて辻褄が合わなくなってしまった印象です。
ともかく人物像も理解を超えています。特にソン=イェジン演じるイルメが、全体を通じてとらえどころがありません。彼女の価値観が同一人物のように感じられません。このような作りは韓国映画にしか出来ないでしょう。ドラマ『Happy Together』で知る限りオ=ジョンノク監督はそれほど力量があるとは思えません。この映画でも特別な才能は感じませんでした。
どう考えてもテイル役のチャ=テヒョンの力で成り立った作品だと思います。彼の一途さは一貫していました。決して共感できる性格ではないのですが、結局最後には理解させられてしまう圧倒的な魅力がありました。チャ=テヒョンと2回目の共演となるソン=イェジンは、子供っぽい高校生から成人した大人へと見事に成長した過程を演じてくれています。予期せぬビキニ姿で登場してくれてファンにとってあまりにおいしい作品でした。想像以上にセクシーです。

今作でソン=イェジンが出演した映画は全て押さえました。年代順に並べると次の通り。
2002年『酔画仙』(お薦め度★★)
2003年『永遠の片想い』(お薦め度(お薦め度★★)
2003年『君に捧げる初恋』(お薦め度★★★★)③
2003年『ラブストーリー』(お薦め度★★★★)①
2004年『私の頭の中の消しゴム』(お薦め度★★★★)②
2005年『四月の雪』(お薦め度★★)
丸付き数字はお気に入り順です。やっぱり『ラブストーリー』が一番ですね。
[シネ・リーブル池袋]

|

« 調理器「キチントさん レンジでつくるスパゲッティ」 | トップページ | 2006FIFAワールドカップドイツ大会が始まって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/10518000

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『君に捧げる初恋』(お薦め度★★★★):

« 調理器「キチントさん レンジでつくるスパゲッティ」 | トップページ | 2006FIFAワールドカップドイツ大会が始まって »