« 男気とは | トップページ | 食パン、第11号作品「にんじんパン」 »

2006.06.02

映画『デイジー』(お薦め度★★)

監督、アンドリュー=ラウ。脚本、クァク=ジェヨン。2006年韓国。サスペンス・ラブストーリー映画。出演、チョン=ジヒョン(ヘヨン)、チョン=ウソン(パクウィ・殺し屋)、イ=ソンジェ(ジョンウ・刑事)、チョン=ホジン(チャン刑事)、デヴィッド=チャン(組織のボス・チョウ)。

インファナル・アフェア」シリーズ、『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』などのヒットメーカー、アンドリュー=ラウと、『ラブストーリー』『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク=ジェヨンがタッグを組んだ作品です。

泣けました。がしかし、シックリきません。
舞台となるオランダの風景と韓国俳優の質感が合わないのです。アジアが舞台であれば一段上に評価できたと思います。全体を通じてテンポがゆるかったことが災いして、ストーリーの世界に入りにくさがありました。物語の構造はよく練られていましたが、編集がまだるっこしくキレが感じられませんでした。三角関係の新しいアイデアは、今までになかったと思います。
テクニックは見事なのですが、この監督には恋愛ものは期待できません。バイオレンスシーンは流石です。本領発揮というところでしょう。
[品川プリンスシネマ]

|

« 男気とは | トップページ | 食パン、第11号作品「にんじんパン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/10366248

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『デイジー』(お薦め度★★):

» 映画「デイジー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で肖像画を描くヘヨ... [続きを読む]

受信: 2006.06.03 22:14

» 韓国語学習は電子辞書片手にドラマで [韓国語学習は電子辞書片手にドラマで]
韓国語学習に役立つ辞書やDVDを紹介しています。ぜひお越しください。 [続きを読む]

受信: 2006.06.04 16:51

» 『デイジー』 [京の昼寝〜♪]
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。 それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。 名... [続きを読む]

受信: 2006.06.05 12:54

» 「デイジー」チョン・ジヒョンがもっと輝いて欲しい [soramove]
「デイジー」★★★ チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ主演 アンドリュー・ラウ監督、2005年、韓国 出会った事も無い人の優しさを 唯一の「愛」として大切に心にしまい込んだ主人公。 心を動かすことは無いと思って生きて来たが、 偶然の出会いか...... [続きを読む]

受信: 2006.06.09 07:52

» 「デイジー」見てきました [よしなしごと]
 僕の彼女を紹介します、私の頭の中の消しゴムに続く、感動作(と言われている)デイジーを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006.06.15 00:05

» デイジー [アスカ・スタジオ]
 ヘヨンが密かに想っていた彼は・・。という映画。 [続きを読む]

受信: 2009.06.09 06:25

» デイジー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『愛は、枯れない。』  コチラの「デイジー」は、花に想いを託した悲しき暗殺者と、画家を目指すロマンティックな女性、そして暗殺者を追うインターポールの命がけの愛を描いた”超・韓流ラブストーリー”です。全編オランダ・ロケっちゅ〜ことで、とても雰囲気のある....... [続きを読む]

受信: 2009.08.08 11:49

« 男気とは | トップページ | 食パン、第11号作品「にんじんパン」 »