« どうやら、男子バレーボールが面白いようだ | トップページ | IWAO(イワオ)『Winter Delight』(MOOCS MUSIC STORE) »

2006.07.17

F1第11戦フランスGP

フランス、マニクール・サーキット。70周。

なにかとお騒がせのファン=パブロ=モントーヤ(マクラーレンMercedes)が7/9に突然、来季アメリカのNASCAR最高峰ネクステル・シリーズに参戦することが決まり、ペドロ=デラロサが急遽参戦することになった。シューマッハに気合で対抗できる選手がいなくなったのは非常に残念だ。


決勝(7/16)
優勝[予選1位]ミハエル=シューマッハ(フェラーリ)
2位 [予選3位]フェルナンド=アロンソ(ルノー)
3位 [予選2位]フェリッペ=マッサ(フェラーリ)

16位 [予選21位] フランク=モンタニー(スーパーアグリHONDA)
リタイア [予選22位] 佐藤琢磨(スーパーアグリHONDA)

フォーメーションラップで佐藤琢磨のマシンがもたつく。
スタートはシューマッハが飛び出し、マッサがアロンソをブロックしてワンツー体制でフェラーリはつけ入る隙を与えない。2周目で佐藤琢磨リタイア。スーパーアグリHONDAは次のドイツGPから待望のニューマシンを投入しセカンドドライバーに山本左近を登場させる。

シューマッハが順調に後続を引き離す。アロンソは1回目のピットインをマッサの後に入るものの前に出ることはできない。フェラーリが磐石のレースコントロールを行う。各チームの作戦はピットストップを3回だったが、アロンソはマッサを抜くことが出来ないと判断して2ストップ作戦に変更。シューマッハは圧勝でアメリカGPに続き連勝し今季4勝目。アロンソは2位でフィニッシュ。ルノーは我慢が続く。

過去のフランスGP
2005/ 7/ 3 F1第10戦フランスGP
2004/ 7/ 4 F1第10戦フランスGP

|

« どうやら、男子バレーボールが面白いようだ | トップページ | IWAO(イワオ)『Winter Delight』(MOOCS MUSIC STORE) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1第11戦フランスGP:

« どうやら、男子バレーボールが面白いようだ | トップページ | IWAO(イワオ)『Winter Delight』(MOOCS MUSIC STORE) »