« ツール・ド・フランス2006第8ステージ(7/9) | トップページ | ツール・ド・フランス2006第9ステージ(7/11) »

2006.07.11

映画『Ray/レイ』(お薦め度★★★★)

監督、テイラー=ハックフォード。2004年米。ヒューマン・ドラマ映画。出演、ジェイミー=フォックス(レイ=チャールズ)、ケリー=ワシントン(デラ=ビー=ロビンソン)、クリフトン=パウエル(ジェフ=ブラウン)、ハリー=レニックス(ジョー=アダムス)、リチャード=シフ(ジェリー=ウェクスラー)、アーンジャニュー=エリス(メアリー=アン=フィッシャー)、シャロン=ウォーレン(アレサ=ロビンソン・母)、カーティス=アームストロング(アーメット=アーティガン)、レジーナ=キング(マージー=ヘンドリックス)。

深く感動しました。
"ソウルの神様"レイ=チャールズの波乱の生涯を扱った映画です。天才ミュージシャンとしていかに成功していったのか、そしてそのサクセスストーリーの陰で若い頃からヘロインに溺れ、もてるがゆえに女性にだらしなかったレイ=チャールズの生き様を赤裸々に描いています。噂では知っていましたが、本人がここまで堕ちていたとは知りませんでした。立ち直るきっかけが家族であったことや、視力を失っていく子供の頃のレイを母親がひとりで生きていけるようにと心を鬼にして厳しくしつける姿に涙が溢れました。レイ役のジェイミー=フォックスの演技がこれほど上手いとは驚きです。昔から思うのですが、ハリウッド映画は伝説のミュージシャンを扱った伝記ものは素晴らしいものがあります。とにかく主人公を演じる俳優が極めて優れています。過去の作品ではジョニス=ジョプリンをモデルにしたベット=ミドラー主演の映画『ローズ』(1979)を思い出しました。本人が乗り移ったのではないかと思われるほどの熱演を今作でも同様に感じました。
それにしても納得がいきません。何故これがアカデミー賞作品賞とならなかったのでしょうか。第77回アカデミー賞作品賞は『ミリオンダラー・ベイビー』が受賞しています。エントリーした作品は『アビエイター』、『ネバーランド』、『サイドウェイ』でした。 『サイドウェイ』だけ観ていませんが、他3作品と比べて一番良いと思います。脚本は無駄なく洗練されています。音楽に合わせた絶妙な編集テクニックは群を抜いています。しかし、編集賞は『アビエイター』だったのですね。これも不満です。

|

« ツール・ド・フランス2006第8ステージ(7/9) | トップページ | ツール・ド・フランス2006第9ステージ(7/11) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/10894681

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『Ray/レイ』(お薦め度★★★★):

» Ray/レイ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「Ray/レイ」は、「路上のソリスト」でも実在のミュージシャンを演じたジェイミー・フォックスが、”ソウルの神様”レイ・チャールズを演じ、見事アカデミー賞主演男優賞を受賞した音楽バイオグラフィー映画です。  やっぱりオスカーを受賞しただけのことはあ...... [続きを読む]

受信: 2009.06.02 06:31

« ツール・ド・フランス2006第8ステージ(7/9) | トップページ | ツール・ド・フランス2006第9ステージ(7/11) »