« Suica対応の自動販売機が増加中 | トップページ | 緑内障なのか!? »

2006.10.24

映画『機動戦士Zガンダム II -恋人たち-』(お薦め度★★★)

総監督、富野由悠季。2005年日本。アニメ映画。声の出演、飛田展男(カミーユ=ビダン)、池田秀一 (シャア=アズナブル)、古谷徹(アムロ=レイ)、鈴置洋孝(ブライト=ノア)、ゆかな(フォウ=ムラサメ)、池脇千鶴(サラ=ザビアロフ)、川村万梨阿(ベルトーチカ=イルマ)、岡本麻弥(エマ=シーン)、勝生真沙子(レコア=ロンド)、浪川大輔(カツ=コバヤシ)、新井里美(ファ=ユイリィ)、井上和彦(ジェリド=メサ)、島田敏(パプテマス=シロッコ)、榊原良子(ハマーン=カーン)、林真里花(マウアー=ファラオ)、白石冬美(ミライ=ノア)、小杉十郎太(へンケン=ベッケナー)、浅川悠 (ロザミア=バダム)、石井康嗣(ブレックス=フォーラ)、名取幸政(ウォン=リ一)、大塚芳忠(ヤザン=ゲーブル)。

やはりと言うべきか、当然と言うべきかほとんど話しについていけません。
前作はシリーズの導入編ということで、何とか物語を把握できたのですが、2作目になると戦闘シーンの連続で、何がどうなっているのか理解不能になってしまいました。消化不良もいいところです。
副題の”-恋人たち-”も雰囲気をつかんだ程度です。

|

« Suica対応の自動販売機が増加中 | トップページ | 緑内障なのか!? »

コメント

erabuさん。こんにちは。
そう思われるでしょうね。
詰め込みすぎの感があります。

投稿: de-nory | 2009.12.28 07:51

映画だけでストーリーを把握するのは無理でした。
Zガンダムは特に興味があるわけではないので、このままになりそうです。

投稿: erabu | 2009.12.29 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/12420745

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『機動戦士Zガンダム II -恋人たち-』(お薦め度★★★):

» 機動戦士ZガンダムII 恋人たち [墨映画(BOKUEIGA)]
「カミーユは、私を宇宙へつれていってくれる」 大西洋に散ったミハルを思い出させるようなシーン。 想いを託して悲しい恋は終焉を迎える。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 日本アニメ界を代表とする名作「機動戦士Zガンダム」の映画3部作第2弾。原作、脚本、絵コンテ、総監督までを一手に取り仕切るのは、TVアニメ界の重鎮にして「機動戦士ガンダム」の生みの親である富野由悠季。本作は激化する戦乱の様子だけでなく、カミーユとフォウの運命的な出会いに焦点を当てたストーリー展開になっ... [続きを読む]

受信: 2009.12.28 07:48

« Suica対応の自動販売機が増加中 | トップページ | 緑内障なのか!? »