« 新書『狂気と犯罪 なぜ日本は世界一の精神病国家になったのか』 | トップページ | 映画『大変な結婚』(お薦め度★★) »

2006.10.29

映画『DEATH NOTE デスノート 前編』(お薦め度★★)

監督、金子修介。2006年日本。アニメ実写版映画。出演、出演、藤原竜也(夜神月(ライト))、松山ケンイチ(L(エル)/竜崎)、瀬戸朝香(南空ナオミ)、香椎由宇(秋野詩織)、細川茂樹(FBI捜査官・レイ)、戸田恵梨香(弥海砂)、青山草太(松田刑事)、中村育二(宇生田刑事)、奥田達士(相沢啓二)、清水伸(模木刑事)、小松みゆき(佐波刑事)、中原丈雄(松原)、顔田顔彦(渋井丸拓男)、皆川猿時(忍田奇一郎)、満島ひかり(夜神粧裕)、五大路子(夜神幸子・母)、津川雅彦(佐伯警察庁長官)、藤村俊二(ワタリ)、鹿賀丈史(夜神総一郎・父)。声の出演、中村獅童(死神・リューク)。人気漫画を2部構成で映画化したサスペンスの前編(2006/6/17公開)。後編の『DEATH NOTE デスノート the Last name』は11/3公開。日本テレビが後編のプロモーションのため10/27にTV放映。

予想通り、陳腐でした。
全くリアリティがありません。脇役陣の登場人物に至ってはほとんど冗談としか思えません。特に藤村俊二が登場した段階で止めを刺されました。お金をかけているのはわかりますが、キャスティングと演出は安っぽい邦画の域を出ていません。単に漫画の原作をそのまま映画にしただけなのでしょう。存在自体が意味不明な謎の少年L、生粋の日本人であるFBI捜査官、CGにしか見えないパンクな死神などの意外性はユニークではあります。
1本の映画を前編と後編に分けて製作し、後編公開前にTVで前編を放映するという画期的なプロモーションだと思います。しかし、何んといっても一番重要なのは作品の中身です。脚本にこそもっと力を入れるべきだと思います。

|

« 新書『狂気と犯罪 なぜ日本は世界一の精神病国家になったのか』 | トップページ | 映画『大変な結婚』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/12480161

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『DEATH NOTE デスノート 前編』(お薦め度★★):

» 映画・DEATH NOTE(デスノート)前編、感想! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
映画・DEATH NOTE(デスノート)を地上波でもうやっていましたが、これは後編の映画公開の宣伝を兼ねていると思われます。前編でもそれなりに完結はして楽しめました。 私は漫画は読んでいなく、今アニメで見ているので、筋が分かってしまい少しもったいなかった気もしました。主人公のライトが藤原竜也で、死神リュークの声はアニメと同じ中村獅童でした。(映画デスノートの感想、以下に続きます〔多少のネタバレ含みます!〕)... [続きを読む]

受信: 2006.10.29 23:38

» デスノートのアニメ化が決定 [デスノートのアニメ化が決定!]
デスノートは2003年より「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートし、 コミックスの累計発行部数が2100万部を超える大ヒット作品。 そのデスノートのアニメ化が決定した。 ついにデスノートのアニメ化が決定。 大場つぐみ・小畑健原作のこの人気作品が、実写映画に続きアニメ化となる。 「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という力を持つ、 死神が落とした恐るべき“デスノート”。 天才的な頭脳を持ち、退屈を持て余していた高校生・夜神月が それを拾った時から、すべては始まった。 デスノ... [続きを読む]

受信: 2006.10.30 16:32

» 芸能界情報 趣味若者 [芸能界情報 趣味若者]
巨乳がウリの芸能人達情報!! [続きを読む]

受信: 2006.10.31 14:28

» 香椎由宇 6児の母役に体当たり演技 [芸能☆極秘☆ニュース]
女優・香椎由宇(19)が30日、都内で行われたオムニバス映画「ユメ十夜」(全10話、07年春公開)の撮影に参加した。作品は文豪・夏目漱石の小説「夢十夜」を原作としたものでこの日、香椎主演の第三夜が撮影終了し、全十夜がクランクアップした。 入水自殺シーンで最後の撮影を無事終えた香椎は、難役を務め上げ安どの表情を浮かべた。自身は10代ながら、40歳で6児の母、さらに妊娠中という役どころ。「母親... [続きを読む]

受信: 2006.10.31 18:21

» 「デスノート」藤原竜也ら舞台あいさつ [沢尻エリカ☆亀梨和也☆長澤まさみ 芸能ニュース]
人気映画の続編「デスノート the Last name」(金子修介監督)が3日、初日を迎え、主演の藤原竜也(24)松山ケンイチ(21)が東京・丸の内ピカデリー1で舞台あいさつを行った。 6月公開の前編は興行収入28億円のヒットとなったが、今回が完結編。前編はアジア各国で公開されており、ハリウッドからリメークのオファーが多数あるという。藤原は「大変でしたが、力を合わせて最高の終わりが迎えられる作... [続きを読む]

受信: 2006.11.04 22:48

» デスノート 藤原竜也ら舞台あいさつ について [沢尻エリカさん 応援ブログ 沢尻エリカさんの画像などいろいろ]
人気映画の続編「デスノート the Last name」(金子修介監督)が3日、初日を迎え、主演の藤原竜也(24)松山ケンイチ(21)が東京・丸の内ピカデリー1で舞台あいさつを行った。〜 について [続きを読む]

受信: 2006.11.05 00:41

» デスノート映画:Lお菓子食べすぎ(笑 [悪いブログニュース。]
デスノート (映画)は、前後編の2作で合わせて制作費20億円だったはず。映画だけで届くかな? [続きを読む]

受信: 2006.11.08 14:35

» 「DEATH NOTE デスノート <前編>」 「正義」という名のもとに・・・ [はらやんの映画徒然草]
「デスノート」ですが、アメリカのワーナー・ブラザーズが実写映画化権を手に入れたと [続きを読む]

受信: 2009.05.24 22:02

« 新書『狂気と犯罪 なぜ日本は世界一の精神病国家になったのか』 | トップページ | 映画『大変な結婚』(お薦め度★★) »