« WPCでWindows VistaとMicrosoft Office 2007を体験 | トップページ | 「ビュー・スイカ」カード限定のサンクスチャージを実行 »

2006.10.20

ディープインパクト、凱旋門賞でドーピング違反

昨日10/19に、JRA(日本中央競馬会)は、10/1パリで行われた凱旋門賞で3着だったディープインパクトから欧州で禁止されている薬物イプラトロピウム(気管支拡張剤)が検出されたと発表しました。不正ではなく不注意による治療での投薬ミスのようです。
まさか競馬でも禁止薬物があるとは知りませんでした。何ということでしょう。3着が失格となる模様です。日本一の名馬に汚点が付いてしまいました。
今年7月に行われた世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスでも優勝したフロイド=ランディスがドーピング検査でクロの判定が出て、マイヨ・ジョーヌが剥奪になるだろうといわれています。
世界最高峰と謳われる競馬レースでも同様の事件が起きてしまいました。ファンとしては残念としか言いようがありません。

|

« WPCでWindows VistaとMicrosoft Office 2007を体験 | トップページ | 「ビュー・スイカ」カード限定のサンクスチャージを実行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/12348776

この記事へのトラックバック一覧です: ディープインパクト、凱旋門賞でドーピング違反:

» No.412:汚点 [!? びっくり&はてな]
 おはようございます。あの名馬がドーピング・・・!? ? 今月1日の仏G1「凱旋門賞」で3着となった競走馬ディープインパクト(栗東・池江泰郎厩舎、牡4歳)の検体(尿)から、フランスで禁止薬物とされているイプラトロピウムが検出されたことが19日、明らかになった。日本... [続きを読む]

受信: 2006.10.20 08:33

« WPCでWindows VistaとMicrosoft Office 2007を体験 | トップページ | 「ビュー・スイカ」カード限定のサンクスチャージを実行 »