« 2006世界バレー男子 第1次ラウンド 日本対アルゼンチン | トップページ | 映画『ステルス』(お薦め度★★) »

2006.11.22

2006世界バレー男子 第1次ラウンド 日本対ポーランド

世界ランキング10位の日本は同8位のポーランドに0-3のシャットアウト負け。グループA2位の3勝2敗で第2次ラウンド。
全日本は成す術も無く完敗。ポーランドのアタックは高さで全日本ブロックを上回り、ブロックでは全日本の攻撃をことごとく止めた。
第3セットでウイングスパイカー直弘龍治が何度もスパイクを決めたが、チームとして波に乗れずにポーランドに攻撃と守備で圧倒された。ポーランドは5勝で失セットゼロ、グループA1位通過。

|

« 2006世界バレー男子 第1次ラウンド 日本対アルゼンチン | トップページ | 映画『ステルス』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/12788513

この記事へのトラックバック一覧です: 2006世界バレー男子 第1次ラウンド 日本対ポーランド:

» 世界バレー その14 [ちみちみコラム]
ああ、みごとなストレート負けでしたね。 サーブミスは相手の方が多いのに、なぜ勝てない? 1セットも取れない? 確かに相手ポーランドは主力選手が亡くなってしまって一致団結してたかもしれないけれども、決して驚くほどの力の差は感じなかった。 ただ、日本側に単純なミス、やっちゃいかんミスが多い。 だいぶよくなったけども、まだまだレシーブが弱いね。 それからトス。 やっぱりセッター読まれてる。 結局監督は、山本が疲れてるだの何だのとアタッカーを交代してしまったし、代わった荻... [続きを読む]

受信: 2006.11.23 18:39

» 世界バレー男子・ポーランド戦 [現実逃避ING]
1次ラウンド最終ポーランド戦。 地力の差が最後まで補えなかった。セットカウント 0-3 のストレート負け。第3セット早々、気持ちを全面に出そうとしない山本選手に代わって入った直弘選手が大爆発。リードを保ちながらの展開だったが、最後に交わされて取られてしまった。 2次ラウンドに進む日本にとって朗報だったのが、1敗を喫していた中国が1次ラウンドで敗退したということ。よって、2次ラウンドに持ち越す勝敗は、今日の敗北を含む2勝1敗... [続きを読む]

受信: 2006.11.23 19:42

» 世界バレー 日本×ポーランド [空色日記。]
日本はセットカウント0−3で負けてしまいました。1セットは取ってほしかったですね…。 ポーランド強かったですねー。高いし速いし、すごかったです。 日本はブロックが少なかったですよね。もうちょっとブロックが出ればよかったなと思います。 今日は斉藤選手が良かったですよね!直弘選手も途中出場でしたけど、良かったですよね^^ さて土曜日からは第2次ラウンドです。日本はカナダと対戦で�... [続きを読む]

受信: 2006.11.24 01:37

« 2006世界バレー男子 第1次ラウンド 日本対アルゼンチン | トップページ | 映画『ステルス』(お薦め度★★) »