« ディープインパクト、凱旋門賞失格決定 | トップページ | 映画『ノロイ』(お薦め度☆←マイナス) »

2006.11.19

2006世界バレー男子 第1次ラウンド 日本対プエルトリコ

11/17から男子の試合が開始され、対エジプト(3-2)、対中国(2-3)の1勝1敗で迎えた3試合目は、日本対プエルトリコ(3-1)で2位を守った。
1、2セット連取して楽勝かと思われたが、3セットを失って4セットは36-34で辛くも突き放して2勝1敗とした。ウイングスパイカーの山本隆弘がスパイクをライトから叩き込んで36点目とした。勝った瞬間にコートサイドに仰向けに倒れてガッツポーズをした植田辰哉監督。予想外に苦戦だったことを物語っていた。

全日本女子は6位に終わっており、非常に残念。男子には是非とも頑張って欲しい。

|

« ディープインパクト、凱旋門賞失格決定 | トップページ | 映画『ノロイ』(お薦め度☆←マイナス) »

コメント

管理人さん、こんばんは。
トラックバックありがとうございました。
お暇なときには、遊びに来てください。
今後もよろしくお願いします。

投稿: ゆうき | 2006.11.20 20:13

>ゆうきさん、コメントありがとうございます。

管理人のerabuです。

全日本男子が目覚しく力をつけてきているのを「2006ワールドリーグ」で知りました。

今後ちょくちょく寄らせていただきます。
よろしくお願いします。

投稿: erabu | 2006.11.20 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/12750773

この記事へのトラックバック一覧です: 2006世界バレー男子 第1次ラウンド 日本対プエルトリコ:

« ディープインパクト、凱旋門賞失格決定 | トップページ | 映画『ノロイ』(お薦め度☆←マイナス) »