« 映画『大停電の夜に』(お薦め度★★) | トップページ | 2006世界バレー男子 第2次ラウンド 日本対チュニジア »

2006.11.25

2006世界バレー男子 第2次ラウンド 日本対カナダ

3-1で日本が第2次ラウンド白星スタート。
1セットは逆転されたものの、第2セット以降は常に先行してカナダの追い上げをかわした。山本隆弘と石島雄介の活躍が目立った。齋藤信治のクイック攻撃が要所要所効果的に効いた。全日本の試合運びとしては珍しく安心して観戦できる内容だった。
第1次ラウンドでの試合結果が、第2次ラウンドに進出したチーム間の対戦成績のみが持ち越されて、日本はこれで3勝1敗となった。あと1勝で決勝ラウンド進出が確定する。

|

« 映画『大停電の夜に』(お薦め度★★) | トップページ | 2006世界バレー男子 第2次ラウンド 日本対チュニジア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/12827467

この記事へのトラックバック一覧です: 2006世界バレー男子 第2次ラウンド 日本対カナダ:

« 映画『大停電の夜に』(お薦め度★★) | トップページ | 2006世界バレー男子 第2次ラウンド 日本対チュニジア »