« バケツ稲づくり:新米「日本晴」を食す | トップページ | 映画『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』(お薦め度★★★) »

2006.11.06

映画『ダニー・ザ・ドッグ』(お薦め度★★)

監督、ルイ=レテリエ。2005年フランス・アメリカ。サスペンス・アクション映画。出演、ジェット=リー(ダニー)、モーガン=フリーマン(サム)、ケリー=コンドン(ヴィクトリア)、ボブ=ホスキンス(バート)。

ストーリーは目茶目茶で、アクションもリアリティが無く面白くありませんでした。
単につまらない映画を観たとしてレビューを書くつもりでしたが、スタッフを調べて驚きました。
監督はあの超いかしたアクション映画『トランスポーター』『トランスポーター2』のルイ=レテリエ、脚本は敬愛するリュック=ベッソン、製作もリュック=ベッソンとジェット=リーがタッグを組んでいました。ヒットを約束された3人が結集するとこんな駄作になるのですね。ジェット=リーは欧米資本で映画を撮ると良い作品に恵まれないようです。全作品を観れているわけではありませんが、アメリカ映画となる『ザ・ワン』『ブラック・ダイヤモンド』は駄作でした。アジアでの作品『HERO』『SPIRIT』とは比べようもありません。

|

« バケツ稲づくり:新米「日本晴」を食す | トップページ | 映画『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』(お薦め度★★★) »

コメント

「ダニー・ザ・ドッグ」・・もっと感動する映画だと思ったのに期待ハズレでした。ストーリーにリアリティが無かったのがいけなかったんだと思います。ジェット・リーのファンですが、私も彼のアメリカ映画はあまり好きではありません。バイオレンスって苦手だし・・・中国の美しい武術作品が好きです

投稿: いのししチーター | 2009.01.04 11:47

>いのししチーターさん、コメントありがとうございます。

>「ダニー・ザ・ドッグ」・・もっと感動する映画だと思ったのに期待ハズレでした。
全く同感です。

ジェット=リーが出演した米国映画で良かったのは『リーサル・ウェポン4』ぐらいではなかったでしょうか。彼はホームのアジア映画で能力を発揮すると思います。

投稿: erabu | 2009.01.04 19:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/12584179

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ダニー・ザ・ドッグ』(お薦め度★★):

» ダニーザドッグ [シネマ日記]
監督は「トランスポーター」のルイレテリエだし、製作・脚本はリュックベッソンとくれば、まぁ展開としては甘いドラマなんだろうなぁという予想をまったく裏切ることのない(詰めの)あま〜い物語なんですが、そこはやっぱりモーガンフリーマンとジェットリーという異色の顔合わせが結構カバーしてくれました。それに加えてボブホスキンスだもんね。この人は本当に良い人から極悪人まで幅広くやってくれますよね。すごく演技がうまいもんだから、悪い役をやっているときの彼は本当に憎たらしい。日本ではもしかして昔々「スーパーマリオ」の実... [続きを読む]

受信: 2010.01.13 09:39

« バケツ稲づくり:新米「日本晴」を食す | トップページ | 映画『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』(お薦め度★★★) »