« 無料の電子書籍ポータル「Flib(フリブ)」 | トップページ | 今年初めてのマリンスタジアム »

2007.02.23

知育おえかき玩具「2カラーせんせい」

上の子に白黒の「アンパンマンのたのしいらくがき教室」を買い、下の子にもお古を使わせていたのですが、7年たったでしょうか壊れてしまいました。下の子は家中の至る所に落書をするので2代目のおえかき玩具を探していたところ、トイザらスの店頭で同じ磁石ペンを使って黒と赤に書き分けられる「2(ツー)カラーせんせい」(タカラトミー)を見つけました。白地に黒と赤で3色が使い分けられるのがとても不思議です。サイトで原理を解説しているのではと寄りましたが、全く記述がありません。商品としは1977年にデビューしていたようです。30年前から同じ商品だったのかわかりませんS極、N極で赤と黒の表示を区別しているのでしょう。このアイデアは玩具とはいえ素晴らしいです。玩具の奥深さをあらためて実感しました。
ということでamazonで購入しました。トイザらスよりも800円ほど安くなっていました。下の子はもちろん上の子も非常に楽しんでくれています。良質な玩具は家族に幸せをもたらします。

|

« 無料の電子書籍ポータル「Flib(フリブ)」 | トップページ | 今年初めてのマリンスタジアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/14023719

この記事へのトラックバック一覧です: 知育おえかき玩具「2カラーせんせい」:

« 無料の電子書籍ポータル「Flib(フリブ)」 | トップページ | 今年初めてのマリンスタジアム »