« 映画『ピーナッツ』(お薦め度★) | トップページ | Amazonポイント 対 楽天スーパーポイント »

2007.02.27

秋川雅史「千の風になって」(シングルCD)

7年ぶりにシングルCDを購入しました。宇多田ヒカル「Wait&See~リスク~」(2000/4/19発売)以来です。最近この曲のフレーズがが頭の中で繰り返されるので、気になって仕方が無く手に入れなければと考えていました。一曲だけ購入するだけなので、音楽配信サービスのMOOCS MUSIC STOREかiTunes Storeで探しましたが、両方ともに登録されていません。ちなみにMOOCS MUSIC STOREでは「新井満」「綾乃ひびき」「Yucca」、iTunes Storeでは「新垣勉」「綾乃ひびき」「中島啓江」「宗田舞子」が配信されています。それぞれを試聴しましたが、テノール歌手の秋川雅史と肩を並べるものがないため、amazonで購入しました。

◆曲目リスト(○付数字はお気に入り)
① 千の風になって
2. 千の風になって~カラオケ~
3. リンゴ追分

発売日は2006/5/24でした。2006年大晦日の第57回NHK紅白歌合戦で登場して人気が出なければ出会えなかった曲です。壮大なの世界をイメージさせる歌詞を雄大な歌声での熱唱は大変癒されます。

「千の風になって」は、作者不詳とされる英語詩『Do not stand at my grave and weep』を新井満が日本語訳し、曲をつけて自ら歌った作品だそうです。新井満といえば、電通社員で1977年に「ワインカラーのときめき」のCMソングで一世を風靡された方です。30年後に再び作詞作曲した歌を大ヒットさせる才能はめったにないと思います。

|

« 映画『ピーナッツ』(お薦め度★) | トップページ | Amazonポイント 対 楽天スーパーポイント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/14071850

この記事へのトラックバック一覧です: 秋川雅史「千の風になって」(シングルCD):

» ●千の風になって⇒53万枚売上げ、クラシック系音楽家の記録「... [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で歌われたテノール歌手秋川雅史さんの「千の風になって」が、1月15日発表された22日付オリコンのシングルチャートで首位になった。その後も上位にあるが、売上げ枚数でもクラシック系の音楽家としては最高の53万40...... [続きを読む]

受信: 2007.02.28 19:37

» 秋川雅史 - 千の風になって [こんな音楽発見!]
ラジオ番組での秋川雅史の歌唱に問い合わせ殺到! 静かに広がりつつある“名曲”に秋川雅史が新たな命を吹き込みます! [続きを読む]

受信: 2007.03.02 23:49

« 映画『ピーナッツ』(お薦め度★) | トップページ | Amazonポイント 対 楽天スーパーポイント »