« 映画『CUBE ZERO』(お薦め度★) | トップページ | 映画『ダーク・ウォーター』(お薦め度★★★) »

2007.03.18

F1第1戦オーストラリアGP

メルボルン。アルバートパーク・サーキット。58周。

シューマッハ引退後のポスト・シューマッハを狙って、新世代レーサーが激突するシーズンの火蓋が切って下ろされた。初戦となる公道サーキットはスピンが多発するため波乱なレースが予想されたが、22台中17台が完走し見所が無い割りと静かな幕開けとなった。今年からタイヤはブリヂストン1社のみの供給。タイヤ戦争が見られないのは物足りない。

3/18決勝(晴れ、ドライコンディション)
優勝[予選1位]キミ=ライコネン(フェラーリ)
2位 [予選2位]フェルナンド=アロンソ(マクラーレン・メルセデス)
3位 [予選4位]ルイス=ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)

12位 [予選10位] 佐藤琢磨(スーパーアグリHONDA)
16位 [予選11位] アンソニー=デビッドソン(スーパーアグリHONDA)

スタートからライコネンがトップをキープした。アロンソは出遅れチームメイトのF1初黒人ドライバーのハミルトンが先行する展開。アロンソは残り13周の2回目ピットストップでハミルトンをかわして2位に浮上し、勝負強さを見せつけた。ハミルトンは初参戦で3位表彰台、脅威の新人が登場した。ライコネンは安定した速さでポールツーウィン。

10位の佐藤はスタート直後9位に浮上するものの、ヤルノ=トゥルーリ(トヨタ)に抜き返される。10位をキープするもののピットストップ後に順位を落とし12位でフィニッシュ。2年目となるスーパーアグリHONDAは予選10位につけ決勝12位で格段の進歩を遂げている。チームにとっても佐藤琢磨自身にとっても今シーズンは是非とも結果を出して欲しいと願う。

|

« 映画『CUBE ZERO』(お薦め度★) | トップページ | 映画『ダーク・ウォーター』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/14305320

この記事へのトラックバック一覧です: F1第1戦オーストラリアGP:

« 映画『CUBE ZERO』(お薦め度★) | トップページ | 映画『ダーク・ウォーター』(お薦め度★★★) »