« F1第1戦オーストラリアGP | トップページ | 西友の冷凍食品「たい焼き」で幸福になる »

2007.03.19

映画『ダーク・ウォーター』(お薦め度★★★)

監督、ウォルター=サレス。2004年米。ホラー映画。出演、ジェニファー=コネリー(ダリア)、アリエル=ゲイド(セシリア・娘)、ダグレー=スコット(カイル・元夫)、ピート=ポスルスウェイト(管理人)、ティム=ロス(弁護士)、ジョン=C=ライリー(不動産屋)、パーラ=ヘイニー=ジャーディン(ナターシャ)。『仄暗い水の底から』のリメイク作品。

リメイクとしては見事な出来です。
邦画オリジナルをハリウッドが完璧にアメリカナイズしています。舞台および人物設定は非常にマッチしており、主役をジェニファー=コネリーにして成功しています。彼女は『砂と霧の家』でもみせたように、精神的に追い込まれて常軌を失いかける哀れな役柄を巧みに演じます。今作でも母親に捨てられたトラウマに苦しみながらも、最愛の娘との生活を心底守ろうとする迫真の演技に共感させられました。
脚本はオリジナルを超えていると思えるほどで、十分に練り上げられています。母娘の情感を徹底的に描き出しており"泣かせるホラー"としてのオリジナルを十分に踏襲できています。オリジナルを気に入っている者にとっても違和感無く納得できる作品でした。ただし、サスペンスとしての完成度が高すぎて肝心のホラー映画としての恐怖感は減衰してしまいました。リメイクとしては完成度が高いものの、高温多湿を背景とした日本風土に根差した水をテーマにした恐怖の物語では、やはりオリジナルを上回ることはできませんでした。

|

« F1第1戦オーストラリアGP | トップページ | 西友の冷凍食品「たい焼き」で幸福になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/14319381

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ダーク・ウォーター』(お薦め度★★★):

» ダーク・ウォーター [サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村]
   = 『ダーク・ウォーター』  (2004) = 離婚調停中のダリア(ジェニファー・コネリー)は娘のセシリア(アリエル・ゲイド)とNYのルーズベルト島に引っ越して来る。 その古びたアパートの天井の黒いシミから、黒い水が滴り落ちるようになって・・。 {{{: 製作国/アメリカ  DARK WATER  (105分) 監督: ウォルター・サレス 製作: ダグ・デイヴィソン etc.. 原作: 鈴木光司 『仄暗い水の底から』(角川書店刊) 脚本: ラファエ..... [続きを読む]

受信: 2010.05.03 13:52

« F1第1戦オーストラリアGP | トップページ | 西友の冷凍食品「たい焼き」で幸福になる »