« アニメ「電脳コイル」放送開始!! | トップページ | 映画『ヴォイス』(お薦め度★★) »

2007.05.15

F1第4戦スペインGP

カタロニア・サーキット。66周。

フェラーリのフェリッペ=マッサが2戦連続のポール・ツー・フィニッシュ。ハミルトンは4戦連続の表彰台となり記録を更新。アロンソはスタート直後の第一コーナーでマッサを抜こうとして失敗しオーバーラン、4位に後退。3位のライコネンが10周目で早々のリタイアでアロンソが浮上して3位。

佐藤琢磨が8位でポイント1を獲得。スーパーアグリHONDAはレース参戦2年目での快挙。

5/13決勝(晴れ、ドライコンディション)
優勝[予選1位]フェリッペ=マッサ(フェラーリ)
2位 [予選4位]ルイス=ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
3位 [予選2位]フェルナンド=アロンソ(マクラーレン・メルセデス)

8位[予選13位] 佐藤琢磨(スーパーアグリHONDA)
11位 [予選15位] アンソニー=デビッドソン(スーパーアグリHONDA)

大きな事故はなかったものの、マシントラブルや接触などが多発して荒れたレースになった。

・フォーメーションラップが終わって、各マシンがグリッドに並んでいるときにヤルノ=トゥルーリ(トヨタ)がマシントラブルで、エクストラフォーメーションラップとなった。周回数は65周に変更。

・スタート後にアレクサンダー=ブルツ(ウィリアムズ)とラルフ=シューマッハ(トヨタ)が接触。ブルツはピットに戻ってリタイア。

・1回目のピットストップでは、マッサが給油を終えて発進したときに、給油口から炎が吹き上がり、すぐに消えた。問題なくレースに復帰。ルーベンス=バリチェッロ(ホンダ)がコースに戻ろうとして、チームメイトのジェンソン=バトンと接触して、バトンのウィングが破損。翌周にピットストップ。ニック=ハイドフェルド(BMWザウバー)は右フロントタイヤ交換で締め付けできずに、1周して再びピットストップで順位を落とした。

ドライバーズポイント
順位 ドライバー ポイント
1 ルイス=ハミルトン 30
2 フェルナンド=アロンソ 28
3 フェリッペ=マッサ 27
4 キミ=ライコネン 22

なんと今年F1デビューのハミルトンがポイントリーダーとなってしまった。フジテレビがF1のタイガーウッズと呼ぶのも頷ける。超弩級の新人だ。昨年皇帝シューマッハを倒したアロンソのライバルが新人のチームメートになるなどと誰が予想しただろう。今シーズンは眼が離せない。

|

« アニメ「電脳コイル」放送開始!! | トップページ | 映画『ヴォイス』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1第4戦スペインGP:

« アニメ「電脳コイル」放送開始!! | トップページ | 映画『ヴォイス』(お薦め度★★) »