« 加齢臭対策第2弾、uno デオドラントスプレー | トップページ | F1第5戦モナコGP »

2007.05.27

映画『ホテル・ハイビスカス』(お薦め度★)

監督、中江裕司。原作、仲宗根みいこ 漫画『ホテル・ハイビスカス』。2002年日本。コメディ映画。出演、蔵下穂波(美恵子)、照屋政雄(父ちゃん)、余貴美子(母ちゃん)、平良とみ(おばぁ)、ネスミス(ケンジにぃにぃ)、亀島奈津樹(サチコねぇねぇ)、和田聡宏(能登島)、大城美佐子(まやー食いおばぁ)、登川誠仁(キジムナータンメー)。

企画意図が全くわかりません。
ホテルと言っていながらホテルにまつわる話はほとんど無く、主人公の小学3年生の元気だけの女の子の物語です。3100人もの中から抜擢されたようですが、可愛らしくなく演技はベタでどうしようもありません。ストーリーもほとんどわかりませんでした。家族ドラマでありながら、家族らしさは皆無でそもそもの設定が成立していません。"沖縄"がブームということだけで撮った映画としか伝わってきませんでした。

|

« 加齢臭対策第2弾、uno デオドラントスプレー | トップページ | F1第5戦モナコGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/15224214

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ホテル・ハイビスカス』(お薦め度★):

» 「ホテル・ハイビスカス」 [元・副会長のCinema Days]
 2002年作品。沖縄を舞台にしたコメディ「ナビィの恋」(99年)が大好評だった中江裕司監督作品。またしても沖縄の風土をバックに、超オテンバな女子小学生とその家族の非凡な日々をスケッチ風に追う。  感想だけど、まったくダメ。なぜ「ナビィの恋」が...... [続きを読む]

受信: 2010.11.05 06:40

« 加齢臭対策第2弾、uno デオドラントスプレー | トップページ | F1第5戦モナコGP »