« 映画『ヴォイス』(お薦め度★★) | トップページ | スポニチ、メジャーリーグ電子週刊誌「Major Zone」創刊 »

2007.05.17

映画『時をかける少女』(お薦め度★★★★)

監督、細田守。原作、筒井康隆。2006年日本。アニメ映画。声の出演、仲里依紗(紺野真琴)、石田卓也(間宮千昭)、板倉光隆(津田功介)、原沙知絵(芳山和子・真琴の叔母)、谷村美月(藤谷果穂)、垣内彩未(早川友梨)、関戸優希(紺野美雪)。第30回(2006)日本アカデミー賞アニメーション作品賞受賞。

とても清々しく、ちぇっぴり切ない映画です。
非常に評判が高いのは公開されたときから伝わっていました。しかし、原田知世主演の実写版『時をかける少女』(1983)のイメージを壊したくないのと、キャラクターデザインが若干馴染めそうもないので少し距離を置いてしまい、結局劇場観賞はしませんでした。

細田守監督の演出は良いですね。アニメの表現が巧みです。テンポが良いのですが、情感を描く間が十分に取られておりゆったりとしたたおやかさがあります。
高校2年生の女子ひとりと男子ふたりの友情以上恋愛未満の細やかで思いやり溢れる台詞のやりとりが絶妙です。脚本が抜群でした。仕掛けとして原作の主人公である芳山和子が新ヒロイン紺野真琴の叔母として登場しています。原作や映画を知っている人に対してしっかりと受け止めてくれており、さらに別のストーリーとして理解できるように構成されていました。何んという巧みさでしょうか。大いに笑い、ほろっと涙させる21世紀の新たな青春物語でした。

|

« 映画『ヴォイス』(お薦め度★★) | トップページ | スポニチ、メジャーリーグ電子週刊誌「Major Zone」創刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/15109388

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『時をかける少女』(お薦め度★★★★):

» 時をかける少女 [映画や本を淡々と語る]
時をかける少女と言えば、原田知世以外あり得ない!  と思っている人にも一見の価値有りの映画。原作の20年後が舞台で、続編である。原作のヒロインは、真琴の叔母 芳山和子 通称魔女おばさんとして登場する。 [続きを読む]

受信: 2007.05.18 10:41

» 「仲里依紗」【気になるで賞】ピンクがよく似合いますね。 [アイドルCM動画を見たい!!]
ヤマザキ_テーブルロール_バターロールなにはさもう編「仲里依紗」【気になるで賞】ピンクがよく似合いますね。15 秒 解凍パスワード:avex 放送日:2006年03月頃... [続きを読む]

受信: 2007.05.24 11:31

» アニメ「時をかける少女」 [陽出る処の書紀]
もし時間旅行ができるとしたら、あなたは未来を覗きたいですか? それとも、過去を取り戻したいですか? [続きを読む]

受信: 2009.08.16 16:20

» 時をかける少女 アニメ版 [愛情いっぱい!家族ブロ!]
時をかける少女 通常版 [DVD] ¥3,909 Amazon.co.jp 「サマー・ウォーズ」公開記念ということで、 地上波でやっているのをこどもたちと見ました。 原作はもちろん筒井康隆様にございます。... [続きを読む]

受信: 2009.08.18 06:42

» 時をかける少女 [LOVE Cinemas 調布]
これまでも何度も映像化されてきた筒井康隆の同名小説をベースとした作品。とある事から過去に時間を遡る能力“タイムリープ”をみにつけた少女の物語です。監督は『ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 』の細田守。キャラクターデザインは「エヴァンゲリオン」シリーズの貞本義行、脚本が奥寺佐渡子。同じメンバーが現在大ヒット中の『サマー・ウォーズ』を手がけている。... [続きを読む]

受信: 2009.08.21 17:43

» 時をかける少女 [dianyingmi[電影迷]映画のレビュー]
高校2年生の紺野真琴は、踏切事故をきっかけに、時間を跳躍する能力を得る。叔母の芳山和子に相談すると、それは「タイムリープ」といい、年頃の女の子にはよくあることだという。過去に飛べる能力。世界は私のもの!と思われたが、クラスメートの男子生徒、間宮千昭や津田功介との関係に変化が。千昭から思わぬ告白を受けた真琴は狼狽のあまり、その告白をタイムリープで、強引に無かったことにしてしまう。3人の友達関係が続けばいいと考えていた真琴の望みは、厄介な状況に。叔母の和子は「つきあっちゃえばいいのに」と、のんきなアドバ... [続きを読む]

受信: 2009.09.17 18:58

« 映画『ヴォイス』(お薦め度★★) | トップページ | スポニチ、メジャーリーグ電子週刊誌「Major Zone」創刊 »