« F1第7戦アメリカGP | トップページ | フリーブック『ゲドを読む。』 »

2007.06.19

映画『300<スリーハンドレッド>』(お薦め度★★★★)

監督、ザック=スナイダー。2007年米。史劇スペクタクル映画。 R-15指定。出演、ジェラルド=バトラー (レオニダス)、レナ=ヘディ(王妃ゴルゴ)、デヴィッド=ウェンハム(ディリオス)、ドミニク=ウェスト(政治家セロン)、ビンセント=リーガン(隊長)、マイケル=ファスベンダー(ステリオス)、トム=ウィズダム(アスティノス)、アンドリュー=プレビン(ダクソス)、アンドリュー=ティアナン(エフィアルテス)、ロドリゴ=サントロ(クセルクセス)。100万のペルシャ軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的な史実“テルモピュライの戦い”を描いた作品。イラン政府が祖先となるペルシャの描き方は、イランの文明を侮辱していると非難した。

体育会系武闘派映画です。なかなかの面白さでした。
全編CGを使った映像処理をしています。『ゴッド・ディーバ』や『スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』と同様な独特の映像表現がなされています。これによって何度も繰り返されるグロで残酷なシーンがかなり緩和されていました。紀元前という時代背景から裸の男同士が戦うとばかり思っていたのですが、スパルタ軍と対比させるためにペルシャ軍のデザインが非常に練られています。特にペルシャ軍の近衛兵が斬新でした。舞台劇で使われる仮面をつけた忍者といったいでたちで、怪物的な不気味さが強調されており残忍さ溢れるキャラクターになっていました。

物語は戦記ものの定石ともいえる単純明快さです。声高に語られる台詞に哲学的な深みはなく究極の闘いを描いている割にはどこかしら物足りなさがありました。スパルタ教育のスパルタを題材にしたアクション映画なので仕方がないところかもしれません。ラストは『HERO』を彷彿とさせます。間違いなく中国アクション映画の影響を受けているようです。

|

« F1第7戦アメリカGP | トップページ | フリーブック『ゲドを読む。』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/15495156

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『300<スリーハンドレッド>』(お薦め度★★★★):

» 映画「300<スリーハンドレッド>」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:300 スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波がスパルタにも... [続きを読む]

受信: 2007.06.21 02:05

» 300 (スリーハンドレッド) [三日月のしっぽ。]
  300(スリーハンドレッド)・・・評価  3.5   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ 紀元前480年。 スパルタの王・レオニダ... [続きを読む]

受信: 2007.06.21 21:46

« F1第7戦アメリカGP | トップページ | フリーブック『ゲドを読む。』 »