« F1第8戦フランスGP | トップページ | 熊本入り »

2007.07.03

映画『ステイ』(お薦め度★★)

監督、マーク=フォースター。脚本、デヴィッド=ベニオフ。2005年米。サイコ・サスペンス映画。出演、ユアン=マクレガー(サム・精神科医)、ナオミ=ワッツ(ライラ)、ライアン=ゴズリング(ヘンリー)、ケイト=バートン(リーサム夫人)、ボブ=ホスキンス(レオン=パターソン博士)。

面白い試みながら、今一歩でした。
実験的ともいえる作風で、夢と現実がない交ぜになって映像表現がこの世のものとは思えない異次元感を持たせいます。現実が消失していく感覚と表現できます。ただし、難解なものでなく僅かなズレすなわち記憶違いを重ね合わせたような不思議さです。自殺予告をする青年を助けようとする若手精神科医の駆け引きがサスペンスを帯びていますが、結末は途中で予想できてしまいます。脚本にさらに捻りと力強さがあればメジャー作品として成功したと思います。人気俳優を揃えた割には、登場人物の性格付けが淡白で息詰まる攻防へは発展しませんでした。『Re:プレイ』に似たものを感じましたが、本作のラストは軽く『Re:プレイ』のように再び冒頭に戻って観直したいとは感じませんでした。

|

« F1第8戦フランスGP | トップページ | 熊本入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/15641208

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ステイ』(お薦め度★★):

» mini review 07016「ステイ STAY」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
カテゴリ : スリラー/サスペンス 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 101分 公開日 : 2006-06-03〜 監督 : マーク・フォースター 出演 : ユアン・マクレガー ナオミ・ワッツ ライアン・ゴズリング ケイト・バートン ボブ・ホスキンス ジャニーン・ガラファロ 精神科医サム・フォスター(ユアン・マクレガー)は、謎めいた若い患者ヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)を前任のセラピストから引き継いだ。ヘンリーはサムに、三... [続きを読む]

受信: 2007.08.06 19:40

« F1第8戦フランスGP | トップページ | 熊本入り »