« 映画『アンジェラ』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『ミュンヘン』(お薦め度★★) »

2007.09.01

千葉ロッテ対オリックス(第116試合/マリンスタジアム観戦5回目)

070901_165101

7-4で千葉ロッテの勝利。2連敗を止めた。今季マリンスタジアム観戦で初勝利!!

先発は千葉ロッテが清水直行投手。オリックスがデイビー投手。

清水投手は気合いが入っているものの、2回表には後藤選手から7号先制ソロホームランを浴びる。6回表にはラロッカ選手のタイムリーツーベースで2点目を与えてしまう。相変わらずあっさりと点を取られてしまう内容。

一方のデイビー投手は速いテンポでグイグイ押してきて5回までは千葉ロッテは良いところが全く無かった。しかし、6回裏は9番の今江がヒット、続くTSUYOSHIがファーボール。早川がバントで3塁に転がし内野安打。ノーアウト満塁。ここでズレータが浅いセンターライナー。3塁ランナーの今江がタッチアップして、キャッチャー・日高を突き飛ばしてホームイン。日高はボールを後逸。その間にTSUYOSHIも生還で2-2の同点。ワンアウト3塁。ここでサブローがレフト前にタイムリーヒット。3-2の逆転。球場は最高潮の盛上り。オーティズも連続タイムリーでサブローが際どいタイミングになったが、ショートの送球が逸れて打ったオーティズも還って5-2。大松がヒット。ベニーはデットボール。ワンアウト2、1塁。橋本の打席でワイルドピッチで3、1塁。橋本は三振。打者一巡して再び今江が流し打ち、ライト前にタイムリーヒットで大松ホームイン。6-2。ツーアウト3、1塁。TSUYOSHIがファーストの横を抜いてライト前にタイムリーヒットでベニーが還って7-2。早川は三振でスリーアウト。
まさに猛攻で大量7点を取り一気に形勢逆転させた。

5回裏の夏休み花火300発を堪能して、7回裏の千葉ロッテの攻撃が始まる前の応援で風船を放って帰路に着いた。帰宅してから試合経過を確認した。清水投手は完投できずに、9回表に2点を取られたところで守護神・小林雅英投手の救援を仰いで勝利投手となった。5勝目(9敗)。

ワンチャンスを怒涛の攻撃で相手を粉砕した見事な試合だった。これだけ球場で盛り上がったのは久しぶりだ。


前回観戦してからの試合結果
26日(日) ○ 4 - 1 対ソフトバンク 13:00 ヤフードーム
28日(火) ○ 3 - 2 対西武 18:00 グッドウィル
29日(水) ○ 6 - 3 対西武 18:00 グッドウィル
30日(木) ● 2 - 3 対西武 18:00 グッドウィル
31日(金) ● 3 - 4 対オリックス 18:15 千葉マリン
1日(土) ○ 7 - 4 対オリックス 18:00 千葉マリン【59勝50敗7分】

|

« 映画『アンジェラ』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『ミュンヘン』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/16312905

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉ロッテ対オリックス(第116試合/マリンスタジアム観戦5回目):

« 映画『アンジェラ』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『ミュンヘン』(お薦め度★★) »