« ドラマ「GSG-9 対テロ特殊部隊」[全13話](お薦め度★★★★) | トップページ | ソフトバンク対千葉ロッテ(第138試合/TV観戦) »

2007.09.27

ソフトバンク対千葉ロッテ(第137試合/ラジオ→TV観戦)

0-6で千葉ロッテが完勝。2位ソフトバンクと0.5ゲーム差。

先発はソフトバンクが和田毅投手。千葉ロッテが成瀬善久投手。

和田投手に強い竹原直隆が3番でスタメンに入り、1回表と4回表に7、8号と2打席連続のホームランを放ち、すでに6-0で千葉ロッテがリードしていた。帰りの電車の電波状態の悪い中でラジオで観戦。ストライクが先行してソフトバンクのバッターを寄せ付けない。成瀬投手のナイスピッチングが続いている。
9回裏のソフトバンクの攻撃からのTV観戦に間に合った。1番本多をレフトフライ。2番川崎は三遊間を越えてレフト前に落ちるヒットでワンアウト1塁。続く3番多村は打ち損ねてダブルプレー、ゲームセット。
2塁を踏ませない完璧なピッチングで、成瀬投手は今季4度目の完封で10連勝となる16勝目(1敗)を上げた。素晴らしい。

ヒローインタビューは竹原選手と成瀬投手。


前回観戦してからの試合結果
27日(木) ○ 6 - 0 対ソフトバンク 18:00 ヤフードーム 【70勝60敗7分】

|

« ドラマ「GSG-9 対テロ特殊部隊」[全13話](お薦め度★★★★) | トップページ | ソフトバンク対千葉ロッテ(第138試合/TV観戦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/16602614

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンク対千葉ロッテ(第137試合/ラジオ→TV観戦):

« ドラマ「GSG-9 対テロ特殊部隊」[全13話](お薦め度★★★★) | トップページ | ソフトバンク対千葉ロッテ(第138試合/TV観戦) »