« 映画『ウルトラヴァイオレット』(お薦め度★) | トップページ | あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ »

2007.10.31

映画『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』(お薦め度★★★)

監督、アンドリュー=アダムソン。原作、C=S=ルイス。2005年米。ファンタジー映画。原題、『THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE』。出演、ウィリアム=モーズリー(ピーター=ペベンシー・長男)、アナ=ポップルウェル(スーザン=ペベンシー・長女)、スキャンダー=ケインズ(エドマンド=ペベンシー・次男)、ジョージー=ヘンリー(ルーシー=ペベンシー・次女)、ティルダ=スウィントン(白い魔女)、ジェームズ=マカヴォイ(タムナスさん)、ジム=ブロードベント(カーク教授)。声の出演、リーアム=ニーソン(アスラン)、ルパート=エヴェレット(キツネ)。

予想よりも面白い作品です。
最近はファンタジー映画が多く食傷気味なのでヒットしたことは知っていたものの映画館は見送りました。しかし、『指輪物語』『ゲド戦記』と合わせて世界三大ファンタジーの一つと呼ばれているようなのでWOWOWで放送されたものを録画して観ました。ディズニー映画らしいファミリー向けの映画です。4人の兄弟姉妹が主人公という設定ながら起承転結がわかりやすく納得できる物語でした。非常によく出来ています。
アンドリュー=アダムソンは『シュレック』『シュレック2』を監督しており、アニメだけでなく実写においても魅力あるファンタジーを提供できる力量を持っています。同じ監督による続編『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』は2008年初夏の公開予定になっています。次回は劇場で観ようと思います。

|

« 映画『ウルトラヴァイオレット』(お薦め度★) | トップページ | あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/16939235

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』(お薦め度★★★):

» ≪ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女≫ [日々のつぶやき]
監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ティルダ・スウィントン、ジェームズ・マカヴォイ、ジョージ・ヘンリー 「父親は戦争、母親から離れ田舎に疎開してきた兄弟4人は寂しさで心がバラバラだった。 長男のピーターと長女のスーザンは厳しく、エドマンドと末っ子... [続きを読む]

受信: 2009.12.15 10:58

« 映画『ウルトラヴァイオレット』(お薦め度★) | トップページ | あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ »