« 映画『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『ほしのこえ』(お薦め度★★★) »

2007.11.01

あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ

日ハムが中日に1勝4敗で負けました。クライマックスシリーズであれほど千葉ロッテを苦しめて勝利したにもかかわらず、日本シリーズはあっさりと敗れ去りました。がっかりです。パ・リーグの実力を世の中に示して欲しかったに残念です。逆に解釈すればそれだけ中日が緻密に戦術を練ってきたのでしょう。

クライマックスシリーズで千葉ロッテが敗退したときに書いたように、野球観戦は今シーズン終わりにしましたが、今日たまたま呑みに行ったお店がスポーツバーで大画面で日本シリーズ第5戦を放映していたので観入りました。

ダルビッシュが好投しているものの既に2回裏に1点を取られていました。日ハムの攻撃といえば山井大介投手に完璧に抑えられていました。これで日ハムの勝ちは無いと中盤で感じていました。このまま負けることになるだろう、そして山井投手が完全試合を成し遂げるだろうと思っていた矢先、落合監督は9回表に岩瀬仁紀投手に切替えました。勝つためのセオリーかもしれません。53年ぶりの日本一がかかっているのですから当然の継投かもしれません。

しかし、勝ち方があるはずです。俺ならば山井投手を続投させます。勝ち方の美学にこだわりたい。プロなのですから感動を与えるべきでしょう。何故ビジネスライクな勝利を観せられなければならないのでしょうか。中日ファンの皆さんには申し訳ないのですが、これが率直な気持ちです。したがって、落合監督のインタビューの面白くないっといったらありませんでした。勝ちにこだわるのはわかります。勝たなければならない。しかし、面白くもなんともない結果はどうなのでしょうか。クライマックスシリーズを含め全球団が否定されたようにも感じてしまいました。それとスタンドにいた落合夫人は余計でした。

それに比べてMVPを獲得した中村紀洋三塁手のインタビューは感動しました。彼がどんな人物であれ、今シーズンのオリックスを解雇されてのどん底からのスタートで有終の美を飾ったのは真に評価すべきでしょう。スタンド応援した奥さんを初めて観ましたが、かわいい方でした。彼の男泣きに涙しました。

|

« 映画『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『ほしのこえ』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/16947519

この記事へのトラックバック一覧です: あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ:

« 映画『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『ほしのこえ』(お薦め度★★★) »