« FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第2戦 日本対韓国 | トップページ | 映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(お薦め度★★★★) »

2007.11.04

FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第3戦 日本対セルビア

大会第3日。東京体育館。
1-3で日本がセルビア(ワールドランキング9位)負けた。3連勝成らず。2勝1敗。勝っておきたい試合だっただけに痛い敗戦。

昨年、世界ランキング30位だったセルビア・モンテネグロが世界選手権初出場で3位になって、衝撃を与えた。セルビア、イタリア、ブラジルは開幕3連勝で第1ラウンドが終了。11/6から大阪府門真市なみはやドームに会場を移して、タイ、イタリアと戦う。

第1セット 20-25
第2セット 20-25
第3セット 25-18
第4セット 24-26

スタメン
木村沙織、荒木絵里香、栗原恵
高橋みゆき、杉山祥子、竹下佳江
リベロ・佐野優子

第1、2セットはセルビアの高さに歯が立たなかった。エースのニコリッチと19歳のブラコチェビッチがここぞという時にポイントを決めた。後が無くなった第3セットでは、日本は好守備から切り返せるようになってリズムをつかみ、得点をリードする。20-17となったところで高橋みゆきを大山加奈に変えて一気に栗原恵のサーブで奪取した。第4セットも日本の流れになっていて、22-15とするものの日本のミスもあり、セルビアに逆転されてしまった。最後はニコリッチとブラコチェビッチに連打された。悪い流れを断ち切る大砲がいないのが日本の弱点かもしれない。

|

« FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第2戦 日本対韓国 | トップページ | 映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(お薦め度★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/16975868

この記事へのトラックバック一覧です: FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第3戦 日本対セルビア:

« FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第2戦 日本対韓国 | トップページ | 映画『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』(お薦め度★★★★) »