« 映画『NANA』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『模倣犯』(お薦め度★) »

2007.11.25

映画『NANA2』(お薦め度★★★)

監督・脚本、大谷健太郎。原作、矢沢あい。2006年日本。恋愛映画。出演、出演、中島美嘉(大崎ナナ)、市川由衣(小松奈々・ハチ)、玉山鉄二(一ノ瀬巧・タクミ)、成宮寛貴(寺島伸夫・ノブ)、 丸山智己(高木泰士・ヤス)、本郷奏多(岡崎真一・シン)、伊藤由奈(レイラ)、 水谷百輔(藤枝直樹・ナオキ)、姜暢雄(本城蓮・レン)。前作からのキャスティング変更は3名。宮崎あおい→市川由衣、松田龍平→姜暢雄、松山ケンイチ→本郷奏多。

俳優の交代があったものの前作の続きとして良くまとめています。
興行的には前作40億円から12億円と大幅に下回ってしまったようですが、作品の中味は完結編として充実していました。ただし、映像面では夜の新宿新都心を空撮したり、新宿アルタ前のゲリラライブで新境地に挑戦したようですが迫力が足りません。トラストの演奏に至ってはプロモーションビデオを劇中に観せるという意味不明さがありました。大谷健太郎監督の映像センスはいただけません。また、音楽がレベルダウンしたのも残念です。中島美嘉が歌った主題歌「一色(ひといろ)」と劇中歌「EYES FOR THE MOON」は"NANA starring MIKA NAKASHIMA"というよりもより歌手としての本人が歌っている曲に聞こえました。伊藤由奈の劇中歌「Truth」も印象に残りませんでした。

ところで、少女漫画において「こうあるべき」男子像は玉山鉄二が演じたタクミが見事に示しています。

一つ、かっこ良くて才能があること。
一つ、どんな状況でも沈着冷静で絶対に怒らないこと。
一つ、お金を持っていて、結婚すること。

なるほど、この浮世離れしたキャラクターが理想像なのですね。だから物語として新鮮に感じたのかもしれません。全く有り得ない人物でエンディングを迎えざるおえない女性版の青春映画は見事に恋愛映画に転換して完結しました。邦画において女性の青春映画が成り立ちにくいのはこの辺りに要因がありそうです。

|

« 映画『NANA』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『模倣犯』(お薦め度★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/17185116

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『NANA2』(お薦め度★★★):

« 映画『NANA』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『模倣犯』(お薦め度★) »