« 韓国ドラマ「ある素敵な日 One Fine Day」[全16話](お薦め度★★) | トップページ | ボーナスマイルで5000マイルも積算された! »

2007.11.12

映画『武士の一分(いちぶん)』(お薦め度★★)

監督、山田洋次。原作、藤沢周平「盲目剣谺返し(こだまがえし)」(『隠し剣秋風抄』所収)。2006年日本。時代劇。出演、木村拓哉(三村新之丞)、壇れい(三村加世)、笹野高史(徳平)、小林稔侍(樋口作之助)、緒方拳(木部孫八郎)、桃井かおり(波多野以寧)、坂東三津五郎(島田藤弥)。

こんな小品が大ヒットした映画なのでしょうか。シンプル過ぎて全く捻りがありません。
藤沢周平原作・山田時代劇三部作『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』の最後を飾るにはあまりに軽い印象です。評価できなかった『隠し剣 鬼の爪』よりも伝わるものがありませんでした。山田洋次監督と木村拓哉とのコラボレーションが興行的に成功したのでしょうが、脚本は特別なものではなく、映像が語る作品でもなく、時代劇で楽しみな殺陣も特別なものがなく、すべてが小粒です。
キャスティングはどうでしょうか。三村の叔母役の桃井かおりが良い味を出していたくらいで、演技力で凄みを感じさる登場人物は皆無でした。木村拓哉は人気者とはいえ、映画スターに必須の華を感じられません。それは今年公開の『HERO』でも証明されています。彼がTVタレントらしいと思えたのは、目が見えなくなった表情のアップにおいて、ディズニー映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのキャプテン・ジャック=スパロウのパロディをフジテレビのバラエティ番組「SMAP×SMAP」で演じていた顔とそっくりで、思わず笑えてしまったことです。
この作品で一躍有名になってサントリー発泡酒CM「金麦」に抜擢されるヒロインの壇れいは絶賛されるほどの演技ではありません。可も無く不可も無い無難といったところです。この作品で一番重要な不貞に苦悩するシーンは平板でした。

松竹としては桁違いのヒットを記録したようです。興行収入40億円であの感動作『ALWAYS 三丁目の夕日』の35億円を超えていたとは不思議でしかたありません。何故大ヒットしたのか理解できません。全てにおいて期待外れでした。

|

« 韓国ドラマ「ある素敵な日 One Fine Day」[全16話](お薦め度★★) | トップページ | ボーナスマイルで5000マイルも積算された! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/17057019

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『武士の一分(いちぶん)』(お薦め度★★):

» 映画『武士の一分』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
これは最後に泣ける映画・・物語の中核を成すはずの貞節を奪われるシーンとか離縁された後に何処で何をしていたのかとか、気になるが・・感動的な映画・・ 山形は庄内地方の三村新之丞(木村拓哉)は、三十石の下級武士で毒見役ながらも妻の加世(檀れい)と共につつましくも平... [続きを読む]

受信: 2007.11.21 02:16

» 武士の一分(2006) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。藤沢周平原作、山田洋次監督、木村拓哉、檀れい、笹野高史、坂東三津五郎、緒形拳、桃井かおり、小林稔侍。 テレビでの観賞。山形・庄内地方の下級武士で毒味役の三村新之丞(木村拓哉)は「アホだのう」が口癖だ。... [続きを読む]

受信: 2009.12.30 09:39

« 韓国ドラマ「ある素敵な日 One Fine Day」[全16話](お薦め度★★) | トップページ | ボーナスマイルで5000マイルも積算された! »