« あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ | トップページ | FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第2戦 日本対韓国 »

2007.11.02

映画『ほしのこえ』(お薦め度★★★)

監督、製作、原案、脚本、新海誠。SFアニメ映画。英題『THE VOICES OF A DISTANT STAR』。声の出演、武藤寿美(長峰美加子)、鈴木千尋(ノボル)。新海誠ひとりがMac1台で作成したフルデジタルアニメーション。

思った以上に良い出来でした。素晴らしい才能だと思います。
前々から新海誠のうわさは聞いていたのですが、やっと観賞することができました。本作全てをひとりで作ったのですから驚きです。若干惜しいと感じるのはキャラクターデザインのレベルが低いことです。表情が乏しく印象に残りませんでした。
物語の設定は非常に狭いのですが、互いの距離が宇宙サイズで離れて行き、やがて十分に交信できなってしまっても、それでも若い男女が想いをつなげようとする切なさともどかしさが宇宙の壮大さとともに描かれ、人間の孤独感と圧倒的なスケール感を同時に味合わせてくれます。

|

« あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ | トップページ | FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第2戦 日本対韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/16955495

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ほしのこえ』(お薦め度★★★):

» 「ほしのこえ」 [ドゥル的映画鑑賞ダイアリー]
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2002年 製作国 : 日本 監督・制作・演出・脚本 : 新海誠 音楽 : 天門 声の出演 : 篠原美香 あらすじ 039 年、火星の遺跡から発見された数々のテクノロジーにより、人類の科学水準は一気に飛躍を遂げた。遺跡の発見から数年後の地球-異生命体調査の為に編成されたリシテア艦隊の選抜メンバーに選ばれたミカコと、高校へ進学を決めたノボル。地上と宇宙に離れた二人は携帯メールで連絡を取り合うが、ミカコが太陽系から離れるにつれ、メールの往復にかかる時間は開いてい... [続きを読む]

受信: 2010.11.19 14:54

« あまりにもつまらない結末、2007年日本シリーズ | トップページ | FIVBワールドカップバレーボール2007女子 第2戦 日本対韓国 »