« 本日発売の「琥珀ヱビス」を飲みました! | トップページ | 散々だったシーパラダイス »

2007.11.22

映画『キリクと魔女2 4つのちっちゃな大冒険<日本語吹替版>』(お薦め度★★★)

監督・脚本、ミッシェル=オスロ。2005年フランス。アニメ映画。声の出演、小林由美子、唐沢潤、三木敏彦、中村彰男、金子由之、山像かおり。

キリクと魔女』の続編というよりもアナザーストーリーです。
前作の完成度が高かったので、パート2がつくられたのが意外でした。作品として2作目というよりもマーケット的な背景でつくられています。世界的にヒットしたならば仕方が無いのかもしれません。本来ならば映画では無く、TVアニメにして継続すべき作品です。フランスの映画やTVアニメ事情がわかりませんので何んとも言えません。フランスでは映画化するのが常道かもしれません。

キリクのキャラクターはやっぱり素晴らしいものがあります。小さくて賢くて機転が利く人物と言ったら、日本の「一休さん」でしょう。そういった問題を解決する面白さが満載でした。ただし、流石にパート3は企画しないほうがいいでしょう。たとえさらに続編が出来ても観ないと思います。

|

« 本日発売の「琥珀ヱビス」を飲みました! | トップページ | 散々だったシーパラダイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/17155818

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『キリクと魔女2 4つのちっちゃな大冒険<日本語吹替版>』(お薦め度★★★):

« 本日発売の「琥珀ヱビス」を飲みました! | トップページ | 散々だったシーパラダイス »