« 映画『アントブリー<日本語吹替版>』(お薦め度★★★) | トップページ | erabu2007年下半期映画ベスト5 »

2007.12.31

映画『戦国自衛隊1549』(お薦め度★★)

監督、手塚昌明。原案、半村良。原作、福井晴敏。特別撮影協力、陸上自衛隊。2005年日本。SF時代劇映画。出演、江口洋介(鹿島勇祐)、鈴木京香(神崎怜)、生瀬勝久(森彰彦3佐)、嶋大輔(三國陸曹長)、北村一輝(飯沼七兵衛)、中尾明慶(藤介)、宅麻伸(蜂須賀小六)、鹿賀丈史(的場毅/織田信長)m的場浩司(与田2尉)、伊武雅刀(斉藤道三)、綾瀬はるか(濃姫)。

クライマックスまでは面白かったのですが、失速しました。
1979年にヒットした半村良原作の『戦国自衛隊』のアイデアを抽出し、『亡国のイージス』の大ベストセラー作家・福井晴敏が21世紀版“戦国自衛隊”として新機軸を盛り込んでまったく新しい原作をつくり上げ、陸上自衛隊の全面協力で壮大なスケールで実写化されているのでリメイクながら楽しめます。しかし、最後の決着まで説得力が続かずに戦いに突入してしまいます。SFよりもアクションが勝るというあるまじき論理展開で、ラストまで暴走しっぱなし喰い散らかしっぱなし過ぎです。SF作品であるならば、もっともっと脚本を練る必要があったと思います。邦画はロジックよりも情緒的に流れてしまう欠点があります。ハリウッド映画を超えるSF作品は日本では無理なのかもしれません。


|

« 映画『アントブリー<日本語吹替版>』(お薦め度★★★) | トップページ | erabu2007年下半期映画ベスト5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/17535120

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『戦国自衛隊1549』(お薦め度★★):

» 新映画楽園 “戦国自衛隊1549” [物欲煩悩妄想日記]
新映画楽園 “戦国自衛隊1549” 久々に観れた映画がこれ、、、、、、、 いまご [続きを読む]

受信: 2010.01.06 23:41

« 映画『アントブリー<日本語吹替版>』(お薦め度★★★) | トップページ | erabu2007年下半期映画ベスト5 »