« 野球 北京五輪アジア地区最終予選 韓国対日本 | トップページ | 映画『カオス』(お薦め度★★) »

2007.12.03

野球 北京五輪アジア地区最終予選 台湾対日本

台中インターコンチネンタル球場。

2-10で日本が勝って3戦全勝。星野ジャパン北京五輪出場決定!!

昨日の韓国戦とは違って台湾戦は1回表に1点先取して投手戦になったため、先発のダルビッシュ有投手(日ハム)がどこまで抑え続けるかに期待がかかった。しかし、彼でさえいいピッチングをしていたにもかかわらず、6回裏に台湾の4番打者チェン=ジンフェンにツーランを浴びて2-1と逆転されてしまった。
逆転されたとはいえ1点差。残り3回で必ず追いつくと思っていたら続く7回表にチャンスが訪れた。2、1塁で8番打者里崎(千葉ロッテ)が送りバントしこれを投手が3塁に走塁しフィルダースチョイス、代走の宮本(ヤクルト)が好走塁でサードの足をブロックしてゲッツー崩しが成功してノーアウト満塁。続く9番サブロー(千葉ロッテ)がカウント、ワンツーから奇襲のスクイズを成功させて同点2-2。1番に戻り西岡(千葉ロッテ)がタイムリーで再逆転2-3とし、続くバッターもタイムリーを重ねて一挙に6点を追加し2-7とした。9回表にも日本の4番新井のツーランなどでさらに3点を加え2-10。守っては7回裏までダルビッシュ、8回裏は藤川球児投手(阪神)、9回裏は国際試合22試合負け無しの上原浩治投手(巨人)が昨日同様に3人で締めくくった。

|

« 野球 北京五輪アジア地区最終予選 韓国対日本 | トップページ | 映画『カオス』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/17268869

この記事へのトラックバック一覧です: 野球 北京五輪アジア地区最終予選 台湾対日本:

» 野球・北京五輪アジア予選兼アジア選手権 日本vs台湾 〜 星野ジャパン!予選全勝で北京五輪切符奪取!〜 [徒然なるままに自然の流れで]
どうもおはよーございます。(というか、もう外暗っw)風邪の影響で昨日も布団の中で携帯電話のワンセグで試合を観戦、そして今ようやく熱も引き始めた感じで試合から1日たってようやくエントリーです(笑             ∧_∧             ((´∀...... [続きを読む]

受信: 2007.12.04 19:34

» [野球五輪予選]スッキリ勝って、さあ北京。 [BBRの雑記帳]
さあ、やってきました北京五輪アジア予選を兼ねる野球アジア選手権の最終日。最初の試合でフィリピンが韓国から1点を取ったという小ニュースがありつつ、日本−台湾の最終戦はこれで五輪の切符が1枚確定する一番です。 日本はもうこの人しかいないダルビッシュが先...... [続きを読む]

受信: 2007.12.04 21:54

» 星野JAPAN台湾を撃破!さぁ、みんなで北京へ行こう!! [しっとう?岩田亜矢那]
ほんま、しんどいわ!2日連続、こんな試合みせられたらたまらんわ!間違いなく、この2日間で3年は寿命が縮まったわ!これはヤバいかも?この試合、多分ほとんど日本国民が観ている事だから日本の平均寿命がこの先3年短くなってしまうかも? でもでも次の瞬間、歓喜の渦の元に総ての日本国民の寿命百年は伸びた事であろう。 星野JAPAN、北京五輪出場権獲得!! 筆者はずっと代走を甘くみていた。単に併殺打を逃れるそんな位の価値観でしかみていなかった。しかし、この北京行きを決める大事な試合を決めたのは代走・キャプテ... [続きを読む]

受信: 2007.12.04 22:10

» やったぞ星野JAPAN!北京五輪出場決定 [日刊魔胃蹴〜毎日書けるかな?〜]
ここまで2勝0敗、北京五輪出場に王手をかけた野球日本代表。今夜の最終戦は、アジア野球選手権の開催国・台湾と対戦。もしこの試合に勝てば3連勝で北京行き決定、逆にもし敗れたら日本・台湾・韓国が2勝1敗で並びますが、0−1か1−2で敗れても、失点率の差で北京行きが決まります。何としてでも3連勝で北京に行きたい星野JAPAN。今日はダルビッシュ有が先発でした。 今日のスタメン 1(二)西岡剛 2(遊)川崎宗則 3(中)青木宣親 4(一)新井貴浩 5(指)阿部慎之助 6(三)村田修一 7(右)稲葉篤... [続きを読む]

受信: 2007.12.04 23:25

» 北京五輪予選兼野球アジア選手権日本代表ラッキー7の猛攻で逆転し7大会連続五輪出場! [オールマイティにコメンテート]
3日北京五輪予選兼野球アジア選手権、日本対台湾戦が行われ、10対2で日本が7回に7点の猛攻で7大会連続五輪出場を果たした。試合は日本先発ダルビッシュ、台湾先発陽建福の投げ合いで始まり、初回に日本が4番新井選手のタイムリーで先制する。先発ダルビッシュは5回...... [続きを読む]

受信: 2007.12.05 01:16

« 野球 北京五輪アジア地区最終予選 韓国対日本 | トップページ | 映画『カオス』(お薦め度★★) »