« TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007  決勝 ボカ・ジュニアーズ対ACミラン | トップページ | 映画『フルスピード』(お薦め度★★★) »

2007.12.17

映画『善き人のためのソナタ』(お薦め度★★★)

監督・脚本、フロリアン=ヘンケル=フォン=ドナースマルク。2006年ドイツ。ヒューマンドラマ映画。出演、ウルリッヒ=ミューエ(ヴィースラー大尉)、マルティナ=ゲデック(クリスタ=マリア=ジーラント・舞台女優)、セバスチャン=コッホ(ゲオルク=ドライマン・劇作家)、ウルリッヒ=トゥクール(グルビッツ部長)、トマス=ティーメ(ヘムプフ大臣)。2006年・第79回アカデミー賞外国語映画賞受賞。

良い映画だと思いますが、主人公の行動に疑問が残りました。
1984年、旧東ドイツの悪名高き国家保安省シュタージの一員である主人公のヴィースラー大尉が、反体制的な思想を抱いていないかどうか劇作家を盗聴によって監視する物語です。何故主人公のヴィースラー大尉が任務を放棄するのかがわかりません。この作品で一番重要な彼の行動における背景がつかめませんでした。世界各国で数々の映画賞を受賞して絶賛を浴びたのは、この背景が理解できるということなのです。舞台女優に恋した?劇作家を理解した?ピアノ演奏のソナタを聴いたから?...。う~ん、わかりません。残念です。

|

« TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007  決勝 ボカ・ジュニアーズ対ACミラン | トップページ | 映画『フルスピード』(お薦め度★★★) »

コメント

TBありがとう。
いろんな解釈ができるのかもしれませんが、僕は、彼の性格的な生真面目さが、やはり国家やシステムに絶望したんだと思います。そのきっかけが、盗聴していた劇作家のふたりにあるんでしょうけど。

投稿: kimion20002000 | 2007.12.27 00:59

kimion20002000さん、TB&コメントありがとうございます。

>やはり国家やシステムに絶望したんだと思います。

そうなのだと思います。しかし、これを描いた場面がほとんど無く、単なる気まぐれに映りました。そのため彼の考え方や生き方を変えようとする強い意志をもっていたとは残念ながら感じられず、ペナルティも想定済みで我慢できる範囲だったのではとえ思えてしまいました。

投稿: erabu | 2007.12.28 05:57

TB有難うございました。
久しぶりに映画を見たな~って
余韻に包まれる最高級の映画でした。
さすが、アカデミー賞外国映画賞を
受賞するだけの内容でした。
多くの人にこの映画を薦めたいですね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2009.09.23 11:49

>シムウナさん、コメントありがとうございます。

評価される作品ですね。
アカデミー賞外国映画賞もダテじゃないと感じます。

考えさせる映画でした。

投稿: erabu | 2009.09.23 18:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/17396643

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『善き人のためのソナタ』(お薦め度★★★):

» mini review 07075「善き人のためのソナタ」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
解説: ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品を完成。アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品としても注目を集めている。恐るべき真実を見つめた歴史ドラマとして、珠玉のヒューマンストーリーとして楽しめる。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) 原題 DAS LEBEN DER AND... [続きを読む]

受信: 2007.12.25 16:19

» 善き人のためのソナタ [Yuhiの読書日記+α]
ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、キャストはウルリッヒ・ミューエ、マルティナ・ゲデック、セバスチャン・コッホ他。 <あらすじ> シュタージ(国家保安省)の局員ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)は、劇作家のドライマン(セバスチャン・コッホ)と恋人で舞台女優のクリスタ(マルティナ・ゲ... [続きを読む]

受信: 2009.04.21 20:20

» No.193 善き人のためのソナタ [気ままな映画生活]
冷戦状態となっている東ドイツの内幕、国家独裁政治 なんだか、ヒトラーの時代かな… ベルリンの壁崩壊の裏側には、こんな事があったのかと ドキュメンタリーではないけど、そんな風に感じました。... [続きを読む]

受信: 2009.09.23 11:51

» 映画「善き人のためのソナタ」 [陽出る処の書紀]
ベルリンの壁崩壊二〇周年記念第一弾。ドイツ統一直前の東ドイツ、自由を求める芸術家と、心やさしき軍人との交友。 [続きを読む]

受信: 2009.11.15 14:45

» 《善き人のためのソナタ》 [日々のつぶやき]
善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]/ウルリッヒ・ミューエ,セバスチャン・コッホ,マルティナ・ゲデック ¥5,040 Amazon.co.jp 監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 出演:ウルリッヒ・ニューエ、マルティナ・ゲデック 「ベ... [続きを読む]

受信: 2010.12.13 16:34

« TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2007  決勝 ボカ・ジュニアーズ対ACミラン | トップページ | 映画『フルスピード』(お薦め度★★★) »