« 映画『父親たちの星条旗』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『ビー・ムービー<日本語吹替え版>』(お薦め度★★) »

2008.02.11

映画『硫黄島からの手紙』(お薦め度★★★)

監督、クリント=イーストウッド。脚本、アイリス=ヤマシタ。原作、栗林忠道『「玉砕総指揮官」の絵手紙』。2006年米。戦争映画。出演、渡辺謙(栗林忠道中将)、二宮和也(西郷)、伊原剛志(バロン西・西竹一中佐)、加瀬亮(清水)、中村獅童(伊藤中尉)、裕木奈江(花子・西郷の妻)。硫黄島での壮絶な戦いを、アメリカ側と日本側それぞれの視点から描く二部作の第2弾。

洋画だと全く感じさせません。
日本人の視点でしっかりと描かれています。日本人が日本人のためにつくったとぐらいに完成度が高い作品です。『父親たちの星条旗』の映像は一部使われているだけでした。同じ戦場が舞台でも双方の立場で全く異なる見え方になることを徹底して追及されていました。ただただクリント=イーストウッド監督の完全主義に脱帽です。
しかし、良く練られた脚本でありながら、観終わった後に何も残りません。彼の作品はほとんど感動を受けることはありません。緻密に構成されているにもかかわらず、『父親たちの星条旗』でも本作でも共感を覚えませんでした。これだけ質の高い映画でありながら、何も訴えるものが無いのです。正直物足りなさを感じました。
ちなみに、唯一彼の作品で感動したのはケヴィン=コスナー主演の『パーフェクト・ワールド』(1993)です。これは泣けて泣けて仕方がありませんでした。

|

« 映画『父親たちの星条旗』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『ビー・ムービー<日本語吹替え版>』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/40088067

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『硫黄島からの手紙』(お薦め度★★★):

» 愛国心を育てる名言 [愛国心を育てる名言]
アメリカの青年たちよ。東洋には、すばらしい国がある。それは日本だ。日本には君達が想像もつかない立派な青年がいる。ああいう青年がいたら、やがて日本は世界の盟主になるに違いない。奮起しろ!スプルアンス(硫黄島の激闘時の米軍司令官)... [続きを読む]

受信: 2008.03.08 16:13

» 「硫黄島からの手紙」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                         「硫黄島からの手紙」 以前に一度観ているが、なぜか急に観たくなり、DVDを借りてきた。 イーストウッドは、何故こんなにも心に残る作品を作れるのだろうか・・。 しかし、この作品の評価は、結構分かれているようだ。まぁ、観る人それぞれなのであろう。 この映画は、1944(昭和19)年に硫黄島にやって来た栗林中将(渡辺謙)と、一兵士である西郷(二宮和也)の視線から、この島で起こった壮絶な戦いを描いている。 「父親たちの星条旗」がアメリカ側から硫黄... [続きを読む]

受信: 2009.05.15 00:48

» 硫黄島からの手紙 ▲83 [レザボアCATs]
'06年、アメリカ映画原題:Letters from Iwo Jima監督:クリント・イーストウッド脚本:アイリス・ヤマシタ、ポール・ハギス製作総指揮:ポール・ハギス製作:スティーブン・スピルバーグ、ロバート・ローレンツ、クリント・イーストウッド原作:栗林忠道撮影:トム・スター....... [続きを読む]

受信: 2009.06.06 01:50

» 映画「硫黄島からの手紙」 [陽出る処の書紀]
太平洋戦争末期、迫りくる米軍を前に戦いつづけた日本人兵士のドラマ。 [続きを読む]

受信: 2009.08.17 00:07

« 映画『父親たちの星条旗』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『ビー・ムービー<日本語吹替え版>』(お薦め度★★) »