« 映画『ブラックブック』(お薦め度★★) | トップページ | 今シーズンの花粉スタート »

2008.02.06

映画『タイヨウのうた』(お薦め度★★★)

監督、小泉徳宏。原作・脚本、坂東賢治。2006年日本。ラブストーリー映画。出演、YUI(雨音薫)、塚本高史(藤代孝治)、麻木久仁子(雨音由紀・母)、岸谷五朗(雨音謙・父)、通山愛里(松前美咲・親友)。色素性乾皮症(XP:Xeroderma Pigmentosum)とは、光線過敏症の常染色体劣性遺伝性皮膚疾患のこと。

割りと納得できる作品です。
デビューしてそれほどキャリアが無い歌手が主演ということで興味が持てませんでした。また、ヒロインがXPという難病の設定も新たな不治の病が登場したくらいにしか感じませんでした。話題だけが先行する一種のアイドル映画とも疑っていました。
しかし、いろいろと無理な展開があるものの、普通に観賞できました。悲恋ながら大仰なところは少なく監督のセンスは好感が持てます。心配していたYUIの演技は不自然で無くそれなりでした。恋人役の塚本高史も好演していました。ちょっと気になったのは両親役です。岸谷五朗の演技は全体のトーンからは少し過剰で噛み合っていませんでした。麻木久仁子は演技以前でミスキャストでした。母親役は別の女優を起用すべきだったと思います。

|

« 映画『ブラックブック』(お薦め度★★) | トップページ | 今シーズンの花粉スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/40019012

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『タイヨウのうた』(お薦め度★★★):

» タイヨウのうた [パーソナルスペース]
見ました。 可愛いです、YUI(;´д`) きゅんきゅんしたぜ。 そんなわけで、胸キュンポイント↓ ・バス停動かすとこ。でも、戻されてむくれてる薫。 一生懸命バス停を動かす姿にいじらしさを感じました。そりゃ本当はやっちゃいけませんけどね。 ・藤代君を突き飛ばしちゃうファーストコンタクト 衝撃的すぎるww藤代君擦りむいちゃってるw「好きなバナナはバナナです」可愛い・・・( ゜∀゜)ノシ ・岸谷五郎、父ちゃん役ハマってる(´∀`)親ばかw こんな、お父さん役ハマってる人だったっけ?なんかびっくり... [続きを読む]

受信: 2009.02.02 21:46

» 「タイヨウのうた」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
ロケーションはとっても良かったなぁ [続きを読む]

受信: 2009.06.22 10:34

« 映画『ブラックブック』(お薦め度★★) | トップページ | 今シーズンの花粉スタート »