« 使い捨てマスク付きのチラシ配り | トップページ | 映画『ディフェンダー』(お薦め度★★★) »

2008.03.16

F1第1戦オーストラリアGP

アルバートパークサーキット、58周。

3/16決勝(晴れ/ドライコンディション)
優勝[予選1位]ルイス=ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)
2位[予選5位]ニック=ハイドフェルド(BMWザウバー)
3位[予選7位]ニコ=ロズベルグ(ウィリアムズ・トヨタ)

7位[予選14位]中嶋一貴(ウィリアムズ・トヨタ)

リタイア[予選20位]佐藤琢磨(スーパーアグリ・ホンダ)

2008年シーズン開幕戦はセーフティカーが3度入る荒れたサバイバルレースになった。22台のうち完走7台で完走扱いで9台。6位でチェッカーを受けたルーベンス=バリチェロ(ホンダ)はピットレーンのレッドシグナルを無視してコースに復帰したため審議対象で6位以降が繰り上がる可能性がある。

大荒れのレースになったが、ハミルトンは終始トラブルに巻き込まれず磐石の速さと安定性でポール・トゥ・フィニッシュ。昨年の年間総合チャンピオンのキミ=ライコネン(フェラーリ)は予選のマシントラブルでスターティンググリッド15位で、決勝でも残り4周でマシンがストップし完走扱いの9位。2回目のセーフティカーが入って再開されたとき、2位のヘイッキ=コバライネン(マクラーレン・メルセデス)を攻めてコースアウトし12位に落ちて、順位をあげようとして再びコーナーでスピンをするミスをする情けない状態。
3強の最後の1人のフェルナンド=アロンソ(ルノー)は予選12位で終盤コバライネンから猛追を受け、一旦は抜かされたものの最終周で抜き返して4位でレースを終えた。

今シーズンからフル参戦となる中嶋一貴はスタートでもたつくものの粘りをみせ、3回目のセーフティカーが入った後にロバート=クビサ(BMWザウバー)と接触してフロントウィングを破損したが、ピットに戻って交換してコースに戻り7位完走で昨年のブラジルGPに続く2戦目で初ポイントを獲得した。初入賞できるかヒヤヒヤしながら観戦となった。立派に走り切り結果を残してくれて大変嬉しい。

|

« 使い捨てマスク付きのチラシ配り | トップページ | 映画『ディフェンダー』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1第1戦オーストラリアGP:

« 使い捨てマスク付きのチラシ配り | トップページ | 映画『ディフェンダー』(お薦め度★★★) »