« 映画『明日の記憶』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『とかげの可愛い嘘』(お薦め度★) »

2008.03.09

映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(お薦め度★★★)

080309_185701

監督・脚本、クリス=ワイツ。原作、フィリップ=プルマン『黄金の羅針盤』。2007年米。冒険ファンタジー映画。出演、ダコタ=ブルー=リチャーズ(ライラ=ベラクア)、ニコール=キッドマン(コールター夫人)、ダニエル=クレイグ(アスリエル卿)、エヴァ=グリーン(セラフィナ=ペカーラ・魔女)、サム=エリオット(リー=スコズビー)、(イオレク=バーニソン・白熊)。児童文学界のアカデミー賞ともいえるカーネギー賞。その70年間の歴史においてベスト1に選ばれた『THE GOLDEN COMPASS』三部作を、「ロード・オブ・ザ・リング」のニューラインシネマが映画化。

小気味好い作品です。
全米で思ったほどヒットしなかったという情報と主人公が12歳の少女というアドベンチャー作品では気が引けていました。しかし、家族の強い要望で観ました。久しぶりに前売り券(写真)を購入しての観賞になりまた。当りです。大人が観ても十分に楽しめる映画でした。
主人公ライラ役を演じるダコタ=ブルー=リチャーズは15,000人以上が競ったオーディションで、その「知性と野生の両方を兼ね備えた自由奔放さ」が、監督と原作者の目に留まったそうで、立派に大役をこなしています。コールター夫人のニコール=キッドマンの香り立つ存在感は申し分ありません。本作がデビューとなる新人と大女優がせめぎ合う共演は見応えがありました。
本作の面白さは、同じファミリ向けファンタジー映画『ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女』と肩を並べています。

|

« 映画『明日の記憶』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『とかげの可愛い嘘』(お薦め度★) »

コメント

erabuさん、はじめまして♪

『ライラ』のTBありがとうございました。
が、こちら側からもチャレンジしてみたのですが上手く貼れませんでした。
申し訳ございません。
どうぞお気を悪くなさらないでくださいませ。

よろしくお願いいたしますm(__)m

投稿: 猫人 | 2009.08.04 20:09

>猫人さん、TBでお手数をお掛けしました。

ご丁寧にコメントありがとうございました。
こちらこそよろしくお願いいたします。

投稿: erabu | 2009.08.05 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/40440915

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(お薦め度★★★):

» 『ライラの冒険:黄金の羅針盤』 [ラムの大通り]
(原題:The Golden Compass) ----これはフォーンも観たいニャあ。 “ダイモン”と呼ばれる動物の形をした 守護精霊が出てくるんだよね。 「うん。 このお話ははね一種のパラレルワールドもの。 全体のイメージとしては イギリスのレトロフューチャーって感じになってる。 舞台はオックスフォードの街。 そこで子供たちが何者かにさらわれ 恐ろしい実験が行なわれているという噂が流れる。 そんな中、ジョーダン学寮に住むライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は 叔父のアスリエル卿(ダニエル・クレイ... [続きを読む]

受信: 2008.05.05 09:28

» ライラの冒険 黄金の羅針盤 [アスカ・スタジオ]
 ジョーダン学寮に学ぶライラは子供が浚われるジプシャン族の謎を求めて探検の旅に出る・・。なんでも教権とかいう人物が全世界を支配しているとか。 [続きを読む]

受信: 2009.01.15 08:10

» 「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 [prisoner's BLOG]
ライラの冒険 黄金の羅針盤 [Blu-ray]ギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 三部作の一作目という点を考えても、ストーリー構成がガタガタ。どんな世界観で作られているのかもよくわからないし、動物をリアルにCGで表現されてもなんか可愛くないんだよな。 これが日本で当たらなかったらシリーズ化はムリと言われていて、まあ当たったみたいだが続きできるのかな。あまり見たくないが。 (☆☆☆) 本ホームページ... [続きを読む]

受信: 2009.06.13 10:19

» 『ライラの冒険/黄金の羅針盤』(2007) [【徒然なるままに・・・】]
フィリップ・プルマンの<ライラの冒険>三部作の第一作、『黄金の羅針盤』を映画化したものです。日本での公開は来週3/1からなのですが、待ちきれなかったので一足お先に先行特別上映で観てきました。 映画化に際しては過大な期待をしてはいけないことは百も承知だったのですが、少しずつ公開されるビジュアル・イメージに圧倒され、ついついしてはいけない期待なんぞをしてしまっていたのですが、この作品に関しては杞憂に終わりました。 おそらく原作小説を読んでからこの映画を観た人で、「想像していたのとは全くイメージが... [続きを読む]

受信: 2010.12.04 08:05

» 『ライラの冒険/黄金の羅針盤』 日曜洋画劇場 特別吹替え版 [【徒然なるままに・・・】]
地上波初!と銘打って「日曜洋画劇場」枠で放送されましたが、何とこの為に吹替版が新録されました。 劇場公開時に作られた吹替版は、一般公募したライラ役の西内まりやや、コールター夫人の山口智子にパンタライモンの成海璃子、更にイオレク・バーニソンの緒方拳といったビッグネームに馴染めずに観る気が起きませんでしたが(アスリエル卿の東地宏樹やセラフィナ・ペカーラの本田貴子、リー・スコーズビーの小林清志あたりは納得ですが)、これはなかなかそそられる試み。 ライラの針宮理恵を始め、コールター夫人の田中敦子... [続きを読む]

受信: 2010.12.04 08:05

« 映画『明日の記憶』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『とかげの可愛い嘘』(お薦め度★) »