« 千葉ロッテ、交流戦4年目で初負け越し | トップページ | 千葉ロッテ、交流戦10勝14敗で終える »

2008.06.22

UEFA EURO2008 準々決勝 オランダ1-3ロシア(6/21)

前日に引き続き延長戦にもつれた試合はロシアが勝利。優勝候補のファン=バステン監督が率いたオランダがまさかの敗退。母国相手にヒディングマジック炸裂。

ここまでの準々決勝はグループ1位通過のチームが姿を消している。

グループリーグを圧倒的な強さで勝ち上がって来たオランダに力強さはない。ディフェンスもロシアの攻めに機能せず、後半に入るとロシアが良い攻めをみせる。後半11分にパブリュチェンコ(ロシア)が先制。オランダは攻めなければならなくなるが、ロシアは攻撃の手を緩めない。しかし、後半41分にFKからファン=ニステルローイがゴール前に入ったボールをヘッドであわせ同点とする。

追いつかれたロシアは意気消沈すると思いきや、攻撃の姿勢を崩さず延長戦に突入。ロシアの選手のほうが中2日の試合で疲れているように思えたが、オランダ選手のほうが足が止まる場面が多い。延長戦後半7分にアルシャフィン(ロシア)が左サイドのゴールライン間際からGKの頭上を越えるクロスを上げ、トルビンスキー(ロシア)が左足アウトサイドで右コーナーギリギリにゴールして1-2。さらに延長戦後半11分にアルシャフィンが右サイドから個人技で持ち込んでシュートを決めて1-3。アルシャフィンの突破力とテクニックは見事。

|

« 千葉ロッテ、交流戦4年目で初負け越し | トップページ | 千葉ロッテ、交流戦10勝14敗で終える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/41607014

この記事へのトラックバック一覧です: UEFA EURO2008 準々決勝 オランダ1-3ロシア(6/21):

» オレンジ軍も消えた・・・ [日刊kubokazu777]
オランダ・・・お前もか・・・ "死のC組"を圧倒的な得点力で首位突破したオランダ、 V候補に推してたけど、ロシアの底力の前に屈す。 解説の野口さんの言葉が胸をつく・・・ 『予選は1試合でも苦戦し、トーナメントINした方がいい!』 『ロシア、1試合毎に選手にチ...... [続きを読む]

受信: 2008.06.22 15:49

« 千葉ロッテ、交流戦4年目で初負け越し | トップページ | 千葉ロッテ、交流戦10勝14敗で終える »