« 千葉ロッテ、湾岸ダービーは2勝2敗 | トップページ | UEFA EURO2008 準々決勝 ポルトガル2-3ドイツ(6/19) »

2008.06.19

UEFA EURO2008 グループリーグD ギリシャ1-2スペイン(6/18)

スペインが3勝目を挙げ、準々決勝はイタリアと対戦。

前回大会で優勝したギリシャは1勝もできずに勝点0でユーロを終えた。

すでに準々決勝進出が決まっているスペインは主力選手が控えにまわっていた。ギリシャが前半42分にハリステアスのヘッドで先制。後半に入りスペインのデ=ラ=レドが16分に強烈なシュートで同点。終了間近の43分にリーガ得点王のグイサがヘッドで決めて、1-2。試合を決めた。

|

« 千葉ロッテ、湾岸ダービーは2勝2敗 | トップページ | UEFA EURO2008 準々決勝 ポルトガル2-3ドイツ(6/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/41576318

この記事へのトラックバック一覧です: UEFA EURO2008 グループリーグD ギリシャ1-2スペイン(6/18):

« 千葉ロッテ、湾岸ダービーは2勝2敗 | トップページ | UEFA EURO2008 準々決勝 ポルトガル2-3ドイツ(6/19) »