« 映画『ラブ★コン』(お薦め度★★) | トップページ | TOHOシネマズデイ、毎月14日の映画が1000円を初利用 »

2008.11.14

映画『レッドクリフ PartI』(お薦め度★★★★★)

監督、ジョン=ウー。アクション監督、コリー=ユン。脚本、ジョン=ウー、カン=チャン、コー=ジェン、シン=ハーユ。原題、『赤壁』。2008年アメリカ・中国・日本・台湾・韓国。戦記映画。出演、トニー=レオン(周瑜・司令官)、金城武(諸葛孔明・軍師)、チャン=フォンイー(曹操・君主)、チャン=チェン(孫権・君主)、ヴィッキー=チャオ(尚香・孫権の妹)、フー=ジュン(趙雲・劉備の武将)、中村獅童(甘興・周瑜の部下)、リン=チーリン(小喬・周瑜の妻)、ユウ=ヨン (劉備・君主)、ホウ=ヨン(魯粛・孫権の重臣)、バーサンジャプ(関羽・劉備の武将)、ザン=ジンシェン(張飛・劉備の武将)、トン=ダーウェイ(孫叔材・曹操の兵士)、ソン=ジア(驪姫・踊り子)、チャン=サン(黄蓋・孫権の武将)。

心が揺さぶられる大作です。
観終わって疲労感を味わいました。完結編となるPartⅡは2009年4月公開で、本当に待ち遠しい。この映画は絶対に劇場で鑑賞すべきです。映画史に残る作品になることは間違いありません。昔から三国志に興味がありましたが、この作品でやっと身近な物語になりました。西暦208年、曹操軍80万対連合軍5万(劉備軍と孫権軍)との"赤壁(せきへき)の戦い"を描いています。
ジョン=ウー監督はいままでそれほど評価してきませんでしたが、本作は文句無しです。圧倒的な存在感と重量感溢れる映像は圧巻です。人物像を描く脚本は素晴らしいものがありました。何といっても劉備の三武将、関羽・趙雲・張飛の活躍は震えがきました。特に趙雲が長坂(ちょうはん)の戦いで、敵地にひとり乗り込む捨て身の戦いは、心の底からシビレました。

エイベックスは以前トニー=レオンと金城武を起用して映画『傷だらけの男たち』でコケましたが見事リベンジを果たしました。アジア映画として世界マーケットで大成功を収めるでしょう。

「三国志」とは(『レッドクリフ』オフィシャルサイトから引用)

ベースは『史記』などに匹敵する完成度の高い歴史書である。
西暦184年、漢帝国が力を失うと、次の覇王の座を狙う武将たちが壮絶な戦いを繰り広げ、<魏(ぎ)><呉(ご)><蜀(しょく)>の天下三分の時代を迎える。
その後<魏>をルーツとする<晋(しん)>が天下を平定するまでのおよそ100年間にわたる<三国時代>を記録した史書である。
「赤壁(せきへき)の戦い」や「長坂(ちょうはん)の戦い」などのエキサイティングな戦記から、劉備が諸葛孔明を「三顧(さんこ)の礼」で迎えた故事や曹操(そうそう)が書き残した命令など、全65巻にわたり膨大な記録で埋め尽くされた三国時代の正史である。
一方で関羽(かんう)や張飛(ちょうひ)たちの男気溢れる生き様は庶民の間でヒロイックに語り継がれてきた。14世紀にはそんな伝説や通説を吸収する形で『三国志演義』というエンタテインメント小説が書かれ、アジア圏で絶大な人気を得るに至った。「桃園(とうえん)の誓い」や小喬(しょうきょう)を想い、曹操が綴った詩文などのエピソードは、この『三国志演義』に書かれているフィクションだが、登場人物たちの魅力は色あせることなく、小説、演劇、漫画、ゲームなどあらゆるジャンルで新しいエンタテインメントとしてよみがえり、日本でも抜群の知名度と人気を誇る。

あまりにもカッコイイ予告編です。

|

« 映画『ラブ★コン』(お薦め度★★) | トップページ | TOHOシネマズデイ、毎月14日の映画が1000円を初利用 »

コメント

erabuさん、こんにちは!
TBありがとうございました。
でもこちらからは出来なくて・・・。
コメントのみで失礼いたします。
「レッド・クリフ」本当によかったです。
「Part2」が心底楽しみです!
「傷だらけの男たち」ダメでしたかー。
そりゃそうですよねー。あはははは。
でもあの金城くんは好きでした。

投稿: あさこ | 2009.02.06 17:52

>あさこさん、コメントありがとうございます。
TBはサーバーの問題ですので気になさらないでください。

>「Part2」が心底楽しみです!
もう少し待てば観られすね。

>でもあの金城くんは好きでした。
やさぐれた感じも良いですね。
どんな役をやっても様になるところが期待を裏切りません。

投稿: erabu | 2009.02.07 06:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/43113019

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『レッドクリフ PartI』(お薦め度★★★★★):

» レッドクリフ Part I [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃいま....... [続きを読む]

受信: 2008.11.14 18:30

» 『レッドクリフ Part I』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
「レッドクリフ」とカタカナで書かれるとピンとこないが、漢字で書けば「赤壁」。『三国志』中でおそらく最も有名であろう「赤壁の戦い」を、中国のみならず、アメリカ、韓国、台湾、それに日本の合作で、ジョン・ウー監督が映画化した超大作。 『グラディエーター』や『トロイ』、『キング・アーサー』、『アレキサンダー』、『キングダム・オブ・ヘブン』ら神話、伝説、伝承を元にした作品や、フィクションではあるものの『ロード・オブ・ザ・リング』などのエピック・ファンタジーが次々と作られヒットしたこと、それに『グリーン・デス... [続きを読む]

受信: 2008.11.14 19:16

» 「レッドクリフPartI」 [かいコ。の気ままに生活]
「三国志」を基にした歴史アクション大作。「レッドクリフPartI」公式サイト「M:I-2」がびみょうだったので ジョン・ウー監督どうかなあと思ってたんですけど・・単に三国志好きだからか、タダの金城ファンだからか結構楽しかったデス〜子供の頃見てた人形劇三国志からこ...... [続きを読む]

受信: 2008.11.14 20:34

» 『レッドクリフ Part Ⅰ』('08初鑑賞140・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月1日(土) ファースト・デイで ¥1000  109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008.11.14 20:50

» 映画 「レッドクリフ」 [ようこそMr.G]
映画 「レッドクリフ」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008.11.14 23:39

» 映画「レッドクリフ PartI」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Red Cliff 西暦208年、日本なら弥生時代の2~3世紀、卑弥呼のいた邪馬台国の時代だっただろうか、魏・呉・蜀の三国が覇権を争う『三国志演義』はあまりにも有名~ 後漢時代、河北を平定した曹操(チャン・フォンイー)は、帝国支配の野望、に加えて、もしかしたら... [続きを読む]

受信: 2008.11.14 23:57

» レッドクリフ Part1 [悠雅的生活]
西暦208年 長江 赤壁の戦い。 [続きを読む]

受信: 2008.11.14 23:58

» レッドクリフ/赤壁 Part I [そーれりぽーと]
「あんまり三国志知らないから観ないでおこうかなぁ」と言うと、「え?三国志知らないの?」と返されること数回。 やっぱボキャブラリーとして三国志は知っておいた方がいいのかなぁ。 俺の世代だと、子供の頃から漫画やシミュレーションゲームで人気なんだけど、漫画(横山光輝)は絵のタッチが嫌いで読んだ事がないし、シミュレーションゲームは取っ付き難くて一国攻めたらもうヤル気喪失みたいな感じだったので、ほとんどストーリーとか登場人物とか知らないんです。 テレビゲームの“三国無双”なら爽快感たっぷりで誰にでも楽しめると... [続きを読む]

受信: 2008.11.15 00:30

» ★「レッドクリフ Part I」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2008.11.15 01:58

» 『レッドクリフ Part I』2008・11・3に観ました [映画と秋葉原と日記]
『レッドクリフ Part I』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦208年。中国において強大な勢力を有する曹操は、いよいよ劉備、孫権の征討に向け80万の大軍を率いて南侵を開始した。劉備軍はわずか2万人で曹操軍の猛攻に全滅の危機に陥るが。関羽と張飛... [続きを読む]

受信: 2008.11.15 08:55

» クオリティーの高い作品が台無し。『レッドクリフ Part I』 [水曜日のシネマ日記]
中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008.11.15 09:18

» レッドクリフ Part? [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵〜」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・この私が見逃すはずがないっニカッ【story】西暦208年、後の「魏」の曹操(チャン・フォンイー)は、勢力を伸ばして数々の戦いを制し、ついに皇帝から「丞相(現代の首相)」の地位を得て巨大な勢力を握った。ゆくゆくは自らが天下を掌握する野望のために、残すは劉... [続きを読む]

受信: 2008.11.15 14:53

» レッドクリフ Part1 [Akira's VOICE]
興奮と退屈が,いったりきたり。 [続きを読む]

受信: 2008.11.15 15:06

» レッドクリフPartⅠ [めでぃあみっくす]
男義の世界「三国志」の中で最も有名な「赤壁の戦い」を描いたこの映画は、良くも悪くもジョン・ウー作品であり、呉宇森作品ではない。そんな風に感じました。そしてこれは日本公開版だけなのか、エイベックスの無粋すぎる字幕対応に心底怒りを覚えた映画でもありました。 ....... [続きを読む]

受信: 2008.11.15 15:15

» 「レッドクリフ」:船堀駅前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}何でこんなところにあんなタワーがあるの? {/kaeru_en4/}敵が攻めて来たときに見つけやすいようにじゃないか? {/hiyo_en2/}敵? {/kaeru_en4/}洛陽へ進軍した曹操とかさあ。 {/hiyo_en2/}って、いつの時代のどこの国の話してるのよ。 {/kaeru_en4/}三国志の時代の中国の話。 {/hiyo_en2/}うーん、いきなり話が時空を超えた。 {/kaeru_en4/}でも、おもしろかったよな、三国志の中の赤壁の戦いを題材にしたジョン... [続きを読む]

受信: 2008.11.15 16:28

» レッドクリフ [みかんの部屋]
ちょっと、今日はこれを書かなければ寝れませんっ!日曜日、レッドクリフを見に行きましたっ!!わたしは、もともと三国志とか詳しくないし そんなに興味もなかったのですが、、、まさるこに誘われて見に行ってみたら・・・、めちゃくちゃ 面白かった!!てゆーか・・・!金城 武 が、、、 金城 武 が、、、 カッコよすぎて、 やられました。 し、シビレタ・・・!!!なんてゆうか、感無量。金城武は、ほんと台詞がなくても、表情だけで、いや、目だけで演技できる俳優さんだと思いますっ!!いやー、あの優し〜い目にやられました... [続きを読む]

受信: 2008.11.15 22:04

» レッドクリフ Part I [だらだら無気力ブログ]
ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌ぎつつ..... [続きを読む]

受信: 2008.11.16 01:17

» レッドクリフ Part? [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年11月1日 公開 異体同心なればなにごとか成就せん すんげぇぇぇー!!! も、ジュン・ウー監督って やっぱすっげぇぇぇえぇぇぇ!!! 鑑賞中、心の中で何度ジョン・ウー監督に拍手を贈ったことでしょう。 全てにおいて無駄が無く、ド迫力のアクションあり、それでいてしっとり心に染みるシーンもあり、意外にユーモアも盛り込まれていて、なおかつ分かりやすい! ありがとうジョン・ウー監督って感じです! まだご覧になってな... [続きを読む]

受信: 2008.11.16 13:09

» レッドクリフ Part I [to Heart]
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監督 ジョン・ウー 音楽 岩代太郎 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/ユウ・ヨン {/book_mov/}西暦208年。帝国を支配する曹操(チャン・フォンイー)... [続きを読む]

受信: 2008.11.16 19:17

» レッドクリフPart2予告編公開 [映画を楽しむ]
公式ビジュアルブック日本でも大ヒットしている「レッドクリフPart1」旧正月に合わせ、中国香港台湾では1月に公開される。このほど、Part2の予告編が公開された(中国語/英語字幕)中国語の原題は「赤壁・下/決戦天下」。その予告編はわずか1分10秒ほどだが、「PartI」のキ...... [続きを読む]

受信: 2008.11.18 12:23

» 【映画】レッドクリフ Part I [新!やさぐれ日記]
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や曹操の軍勢は80万で、その兵力の差は誰の目にも明らかだった。 ▼コメント 三国志は高校生のときに横山光輝の描いた漫画版を... [続きを読む]

受信: 2008.11.18 21:39

» 『レッドクリフPartI』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『レッドクリフPartI』を観ました『M:I-2』、『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編です>>『レッドクリフPartI』関連原題: REDCLIFF    赤壁ジャンル: 歴史劇/アクシ...... [続きを読む]

受信: 2008.11.18 23:18

» 「レッドクリフ Part1」大地を駆けるいにしえの男たち [soramove]
レッドクリフ Part1」★★★☆ トニー・レオン、金城武 主演 ジョン・ウー 監督、2008年、145分 三国志は中学の頃確か 読んだはず、 最近になって読み返そうかと 書店へ行ったら、分厚い文庫が5巻、 その背表紙を見ただけで退散した。 物語の量を考えると 中心となる人物はもちろん、 もっと語られるべき人たちの キャラクターも薄められているだろうが、 全部を忠実にというより 描きたいところをとりだしたのだろう、 心躍るシーンもいくつかあって、 見応え... [続きを読む]

受信: 2008.11.20 23:12

» レッドクリフ (金城武さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆孔明 役の金城武さん(のつもり)金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。●あらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2008.11.21 14:55

» レッドクリフPart1 [Sweetパラダイス]
レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね〜私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね〜最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...... [続きを読む]

受信: 2008.11.21 19:10

» レッドクリフPart1 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき〜 って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...... [続きを読む]

受信: 2008.12.08 05:27

» 『レッドクリフ Part1』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 「三国志」を好きな人なら必ずハマる作品だと思えるが、主役となる人たちの名は「三国志」を知らない人でも聞き覚えのある名前があるだろう。 ジョン・ウー監督が巨額を投じ、長年温めて来ていつか撮り... [続きを読む]

受信: 2008.12.19 12:31

» 『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー [映画な日々。読書な日々。]
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリスマ... [続きを読む]

受信: 2008.12.25 20:11

» 342「レッドクリフ PartⅠ」(アメリカ・中国・日本・台湾・韓国) [CINECHANの映画感想]
正義にために信じる道を  西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。  軍師の孔明は、劉備に敵軍である孫権との同盟を進言、自ら孫権のもとへと向かう。しかし、孫権軍では降伏論が大勢を占めており、孔明は若き皇帝孫権の説得に苦心する。そんな時、孔明は孫権軍の重臣・魯粛の導きで、孫権...... [続きを読む]

受信: 2008.12.29 01:55

» 「レッドクリフ PartⅠ」観ないと、次困る! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 「三国志」の“赤壁の戦い”を、あのジョン・ウー監督が、完全映画化。「レッドクリフ PartⅠ」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。“Part Ⅰ”なんですよね。事前の宣材(チラシ、ポスター)には、そんなこと一切書かれてないんですが、オープニング・タイトルにはしっかりと記されておりました(^^;。  西暦208年。“魏”の丞相となった曹操(チャン・フォンイー)は、国内の権力を掌握し、更にその勢力を拡大せんと、強大な軍を率いて南進を開始。先ず君主・劉備(ユウ・ヨン)率いる“蜀”... [続きを読む]

受信: 2008.12.31 01:38

» レッドクリフ Part I  [監督:ジョン・ウー] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
演義ファン無視、ウーファン大歓迎の真っ向勝負三国志 [続きを読む]

受信: 2009.01.13 17:23

» 映画:レッドクリフ Part I [よしなしごと]
 歴史が苦手で三国志にも興味がない。そしてネタもとは忘れてしまいましたが、期待を裏切られた映画ベスト1位か2位にランクインしていたという記事を読んでもう観ないと決めていたんです。でも、他の人のブログを読むと結構評判が良い記事も多くあったので、最終日に観に行ってきました。と言うわけで、レッドクリフ Part Iを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009.01.25 20:25

» 映画:レッドクリフ Part I [よしなしごと]
 歴史が苦手で三国志にも興味がない。そしてネタもとは忘れてしまいましたが、期待を裏切られた映画ベスト1位か2位にランクインしていたという記事を読んでもう観ないと決めていたんです。でも、他の人のブログを読むと結構評判が良い記事も多くあったので、最終日に観に行ってきました。と言うわけで、レッドクリフ Part Iを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009.01.29 07:55

» レッドクリフ パート1 [お散歩日記]
レンタルしました。どうせ2の前に出るやろと思って待ってたのです。レンタルして、感激したら、赤壁の戦いは劇場で!と勢い込んでみたのですが・・ ・・・若干テンションさがったかな。 ロードオブザリングとかトロイとかに似てますねー。戦記物はみんなそやろか。 中村獅堂が格好良かった。この人不思議な人ですね。パーツが整ってるとはいいがたいのにカッコイイのです。勇猛果敢な役がピッタリです。 金城くんはハンサムです。賢そうです。ひげ無しでみたかった。 一騎当千の武将たち。格好イイです。コーエーのゲームみた... [続きを読む]

受信: 2009.03.12 17:33

» レッド・クリフ/Red Cliff~赤壁 [マジック・映画について思うこと]
先日ブルーレイが発売されたと聞いて購入して観てみました。 トニー・レオンと金城武の共演は『傷だらけの男たち』以来ですので丁度1年振りくらいでしょうか。 三国志というストーリーそのものについては私なんかよりも造詣が深い方が多くいらっしゃると思いますので、演義と脚本の違い云々については割愛します。『三国志演義』には赤壁以外にも官渡、街亭、五丈原と他にも有名な合戦は色々とあるにも関わらず敢えて「赤壁の戦い」へ焦点を当てた理由もあるのでしょう。ですが、そのことについてもおそらく多くの方が色々と...... [続きを読む]

受信: 2009.03.22 09:37

» レッドクリフ Part I [レンタルだけど映画好き]
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  公開日2008/11/01 レンタル開始日2009/03/11 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅... [続きを読む]

受信: 2009.03.22 21:13

» レッドクリフ Part I [しーの映画たわごと]
赤壁やっと観ました。三国志通であれば、誰もがご存じの赤壁の戦い。それをジョン・ウーが映画にすると……まぁ、あまり最初からそんなに期待していませんでした。ただ、とにかく懐かしい思いがあります。三国志にハマっていた時期が高校、大学の頃なので、もう10年以上前で...... [続きを読む]

受信: 2009.03.26 09:08

» レッドクリフ Part I レビューその1 [テニス日和]
レンタルDVDが新作で出たので、早速借りてきた。 ”レッドクリフ”というぐらいだから、 赤壁の戦いがクライマックスなんだろうと思っていたら、 赤壁の戦いの直前、戦いの序章というところで終わってしまった。 Part Iは歌舞伎の大見得のような”顔見せかい?(笑) もうこれは、Part 2を観るしかないだろうと前売り券を買ってきた、 この作品で”三国志”にハマった嫁と観に行く予定。... [続きを読む]

受信: 2009.04.08 18:47

» 映画 「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」 [「新・中央競馬予想戦記」とかいろいろ]
まず言っておきます。 三国志に関して予備知識のある方にはお勧めしません。 龐統( [続きを読む]

受信: 2009.04.10 17:35

» 映画「レッドクリフ Part 1」 [陽出る処の書紀]
ジョン・ウー監督、トニー・レオン主演でおくる、話題の三国志アドベンチャー [続きを読む]

受信: 2009.04.13 07:00

» 【MOVIE】レッドクリフ Part I [思いつくままに]
■感想など: 三国志デビュー 三国志の中でも有名な、「赤壁の戦い」を中心とした各武将達の戦いを 描いた作品の前半部分。赤壁の戦いの直前までが描かれている。 今まで三国志のことはほとんど全くといっていいほど知らなかったけど、 この映画を観にいくことになり、三国志デビューを飾った。一緒に行った 友人たちに本を借りたりして付け焼刃の事前知識を詰め込んで行ったけど、 確かに中身を知ってるほうが断然楽しめるかな、と感じた。 金城武の孔明や、トニー・レオンの周喩はわからないけど、関羽や張飛 なんかは見た... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 21:42

» 「レッドクリフ Part I」 [the borderland ]
先日TVで鑑賞しました。 三国志は中学生の頃から人形劇、ゲーム、小説、漫画と何かしら関わりがあって、あの男たちの世界がずっと好きでした。 西洋の歴史スペクタルが上映されるたびに、ハリウッドの技術で三国志を映画化して欲しいと思っていたら、ハリウッドもアジアも知ってるジョン・ウーが100億円かけて映画化すると聞いて、心躍りましたよ~ 三国志の物語は大きく、三国志正史(歴史書)と三国志演義(小説)に分れていて、日本の作家が書いているのは演義をベースにしているのが多いと思います。しかも様々な解釈を... [続きを読む]

受信: 2009.04.16 23:00

» レッドクリフ(Part I) [アスカ・スタジオ]
 最近こそ関心が出てきたが、元々東洋史には弱かった。 [続きを読む]

受信: 2009.04.18 06:56

» 映画「レッドクリフPart I」 [<花>の本と映画の感想]
レッドクリフPart I 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン, 金城 武, チャン・フォンイー, チャン・チェン, フー・ジュン 2008年 レッドクリフ Part I スタンダード・エディション [DVD]... [続きを読む]

受信: 2009.04.25 19:36

» レッドクリフ [のほほん便り]
やっと見ることができました。噂によると、オンエアされた週の視聴率ナンバーワンだったんですってね。 それにしても… PartⅡへのキャンペーン作戦とはいえ、予告編、長っ! ここまで、ロングバージョン(ここまでくると、半ばダイジェストに近い?)の予告編を見たのは、初めて…かも。 その大盤振る舞い!にも、ちょっと感動 (^-^;)ゞ じつは、はじめて、ジョン・ウー監督作品を見たので、(ミル姉さん知識から)「をを、なるほど。お約束の白い鳩がこのような使われ方を…」と、感慨深いものがありま... [続きを読む]

受信: 2009.04.26 06:44

» レッドクリフ Part I [B-scale fan's log]
2008年 ジョン・ウー監督     出演 トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー 『三国志の赤壁の戦いを描く前編後編の2部作の前編。  呉の孫権と蜀の劉備が同盟を結び、  魏の曹操の80万の大軍と赤壁で対峙するまでを描く。』 新評価 2.0 (大したこと無い) あまりにも騒がしいCMに惑わされて、 興味も無いのに見てみるかと鑑賞。 つまらない・・・。 やはりこの監督作は合わない。 超人のような武将達にむやみに死ぬ雑兵。 監督の見せたいシーンを詰め込んだ散漫な物語。 スター俳優が勢ぞろいで... [続きを読む]

受信: 2009.05.03 21:13

» Blu-ray レッドクリフ PartI [VAIOちゃんのよもやまブログ]
三国志にはちょっと興味がある‘み’ですが、気になっていた「レッドクリフ PartI 」のBlu-rayを購入し、X95&REGZA Z2000で観賞しました。 ストーリーは長坂の戦い=劉備の新野敗走辺りからスタート。趙雲が阿斗を抱えて単騎曹操軍と渡り合うシーンや、張飛が橋上で曹操軍....... [続きを読む]

受信: 2009.05.03 21:58

» レッドクリフ Part I [こんな映画見ました〜]
『レッドクリフ Part I』 ---RED CLIFF: PART I--- 2008年(アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 監督:ジョン・ウー 出演: トニー・レオン、 金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 、中村獅童 西暦208年。 帝国を支配する曹操(チャン・フォンイー)は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。 最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。 しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃... [続きを読む]

受信: 2009.06.02 21:46

» 「レッドクリフ Part Ⅰ」 PartⅠって・・・?聞いてないよ [はらやんの映画徒然草]
試写会っていうのは、日頃自分では観に行かない映画に出会えて、自分の興味が広がった [続きを読む]

受信: 2010.03.07 19:24

» 『レッドクリフ Part I』 映画レビュー [さも観たかのような映画レビュー]
『 レッドクリフ Part I 』 (2008) 監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...... [続きを読む]

受信: 2011.04.15 01:10

» ジョン・ウーとは何だったのか [RISING STEEL]
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...... [続きを読む]

受信: 2012.02.11 18:18

« 映画『ラブ★コン』(お薦め度★★) | トップページ | TOHOシネマズデイ、毎月14日の映画が1000円を初利用 »