« R25「今週の彼女」に掲載された中村果生莉に興味津々 | トップページ | ソフトバンクケータイ815Tを「スパボ一括0円」で3回線購入 »

2008.11.23

映画『キャリー』(お薦め度★★★)

監督、ブライアン=デ=パルマ。脚本、ローレンス=D=コーエン。原作、スティーヴン=キング。1976年米。ホラー映画。出演、シシー=スペイセク(キャリー)、パイパー=ローリー(マーガレット)、ウィリアム=カット、ジョン=トラヴォルタ、エイミー=アーヴィング、ナンシー=アレン、ベティ=バックリー、P=J=ソールズ、シドニー=ラシック、プリシラ=ポインター。シシー=スペイセクは当時26歳だったにもかかわらず17歳の超能力少女を見事に演じアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

畳み掛けるラストは、今観ても旧さを感じさせない上質のホラーでした。
学園ものとしてディティールを詰めており、しかっかりと背景が構築されているためクライマックスでの不条理な展開に圧倒されます。現在の何でもありというホラーからは一線が引かれた納得性のある物語です。
過去何度も観る機会があったものの、怖すぎる先入観からか断片的な鑑賞で終わっていました。全編を通して観たのは初めてになります。ジョン=トラボルタが重要な役を担っていたのですね。何と言ってもシシー=スペイセクが全身に血を浴びて目を剥きながら超能力で破壊の限りを尽くすシーンは圧巻です。彼女を凝視しましたが、この作品の中では高校生にしか観えませんでした。年齢詐称恐るべし。

|

« R25「今週の彼女」に掲載された中村果生莉に興味津々 | トップページ | ソフトバンクケータイ815Tを「スパボ一括0円」で3回線購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/43205101

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『キャリー』(お薦め度★★★):

» キャリー 特別編 [お散歩日記]
私もキャリーみたいに親切そうに誘っていざとなったら恥かかすみたいな意地悪されたことあります。それも2度も。 ああいう意地悪娘って自分のことどう思ってるんでしょうねぇ。意地悪な自分って素敵???ワケわからん。恥かかせると自分の優位が立証されていい気持ち? ラストのキャリーのみんな皆殺しだぁーのシーンに胸をわくわくさせてみていましたがさすが昔の映画。爽快感はいまいちよ。 キャリーという映画は大好きです。すごく短く感じました。(実際短いんだけど) 私にも超能力があったらなぁ・・。 すごくいい映画... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 10:51

« R25「今週の彼女」に掲載された中村果生莉に興味津々 | トップページ | ソフトバンクケータイ815Tを「スパボ一括0円」で3回線購入 »