« 映画『ジョブナイル』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『不都合な真実』(お薦め度★★★) »

2009.01.21

映画『007/カジノ・ロワイヤル』(お薦め度★★★)

監督、マーティン=キャンベル。脚本、ポール=ハギス、ニール=パーヴィス、ロバート=ウェイド。2006年イギリス・アメリカ。アクション映画。出演、ダニエル=クレイグ(ジェームズ=ボンド・007)、エヴァ=グリーン(ヴェスパー=リンド)、ジュディ=デンチ(上司M)、マッツ=ミケルセン(ル=シッフル)、ジェフリー=ライト(フェリックス=レイター・CIA)、ジャンカルロ=ジャンニーニ(マティス・諜報員)、カテリーナ=ムリーノ(ソランジュ・手下の妻)。6代目ボンド、ダニエル=クレイグが初主演したシリーズ第21作。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用) 007の生みの親I・フレミングが初めて書いた原作は、1967年に映画化されたこともあるが、映画版のシリーズと無関係な番外編と位置づけられた。今回は「クラッシュ」のP・ハギス監督らが脚色して原作の魅力を再現しつつ、これまで映画ではニヒルな人物として描かれることが多かったボンド像をより人間的に描いたのが特長。ボンド・ファンからも“近年のシリーズで屈指の出来”と絶賛された快作だ。監督は「ゴールデンアイ」のM・キャンベル。タフでセクシーに好演したクレイグは、続く第22作「007/慰めの報酬」でもボンド役に。

驚きのカッコ良さです。
1/24に公開される『007/慰めの報酬』が1/17、18先行上映されて、映画ファンの方々のブログで評価が高いので観ました。
007といえばスマートなキャラクターで5代目までは皆同じでしたが、6代目は人間臭く無骨です。冒頭の走って追跡するシーンから度肝を抜かれました。こんな凄い追走シーンは初めてです。ドンドン作品の世界に引き込まれてしまいました。脚本が計算され尽くされて秀逸でした。英国情報局秘密情報部の殺しのライセンス“00(ダブル・オー)”を取得した最強の諜報員に対して、敵が間髪入れずにカウンターを返すのは、出来過ぎだろうと頭の片隅をよぎるものの、流れるように展開するアクションシーンの数々は美しささえ感じさせました。
ダニエル=クレイグが良いですね。これでもかこれでもかと痛めつけられる様子がスパイというギリギリの戦いをしていることを伝えます。続編の第22作は本作の1時間後から始まる物語なので、今度は映画館で鑑賞します。前売り券を購入しました。

予告編もカッコイイです。ラストは本編に無いカットで必見です。

|

« 映画『ジョブナイル』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『不都合な真実』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/43811473

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『007/カジノ・ロワイヤル』(お薦め度★★★):

» 007 慰めの報酬 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:QUANTUM OF SOLACE) 【2008年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★★☆) 前作で愛する人を失ったジェームズ・ボンドが、復讐心を秘めながら巨大な組織と戦っていく様を描いた007シリーズ第22弾。 ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)を脅迫し、彼女を死に至しめたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を捕らえたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。どうやらホワイトのバックには、とてつもない組織が存在しているようだった。尋問を開始しようとした矢先、MI6... [続きを読む]

受信: 2009.01.22 23:18

» 007 カジノ・ロワイヤル(2006) [ともやの映画大好きっ!]
(原題:CASINO ROYALE) 【2006年・アメリカ/イギリス】DVDで鑑賞(★★★★☆) 007シリーズ21作目は、ジェームズ・ボンド誕生を描いた作品。 イアン・フレミングの007シリーズ第1作目を映像化。 英国情報部MI6の【00】ナンバーを持つ諜報員になったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。初の任務は、世界中のテロリストを資金面で支える男、ル・シッフル(マッツ・ミケルセン)の資金を絶つこと。テロ行為で株の操作をしようとしたル・シッフルの陰謀を阻止したボンド。資金繰りに困った... [続きを読む]

受信: 2009.01.22 23:20

» 007/カジノ・ロワイヤル [象のロケット]
国家予算1500万ドルを賭けたカジノ。 それが、ジェームズ・ボンド最初の任務だ。 ターゲットは、世界中のテロリストの資金運用を手掛けるル・シッフル。 ボンドのパートナーは、監視役として送り込まれた美女ヴェスパー。 最初は彼女を信用しなかったボンドだが、彼女の勇気と思いやりの深さに心を奪われていく…。 人気スパイアクション007シリーズ第21作。... [続きを読む]

受信: 2009.01.25 23:24

» 007/慰めの報酬 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年初の劇場鑑賞だぁ〜い興奮したのか、鑑賞後に高熱が出たぞ〜い(39度も・汗 ふらふら〜)【story】愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)をM(ジュディ・デンチ)とともに追及し、新たな悪の組織の陰謀を知る。謎の女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)を通して、組織のドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にしようとしているのを知ったボンドは、自らの任務... [続きを読む]

受信: 2009.01.28 19:04

» 「007 慰めの報酬」 面白すぎて目が乾く [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
瞬きをする暇がない。 今まであんまり007シリーズに興味が持てなかった私も、これでもう、がっつりファンになってしまった。 息をもつかせず続くアクション、またアクション。 ちなみに、ノルウェー語で007は「ヌル ヌル シュー」と読む。... [続きを読む]

受信: 2009.01.30 00:19

» 『007/慰めの報酬』20091・25に観ました [映画と秋葉原と日記]
『007/慰めの報酬』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ 何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復讐を誓ったボンドは、彼女を操っていたミスター・ホワイトを捕らえ、真相を究明すべく尋問するが。彼の背後には世界中の有力者や諜報機関を... [続きを読む]

受信: 2009.01.30 13:58

» 映画:007/慰めの報酬 [よしなしごと]
 平日3本観た、その2本目は007/慰めの報酬を観てきました。前作を復讐してから観に行って良かった。復讐しないで行くと、最初と最後がわからないかも・・・。 [続きを読む]

受信: 2009.02.06 03:03

» 『007/カジノ・ロワイヤル』(2006)/アメリカ・イギリス [NiceOne!!]
原題:CASINOROYALE監督:マーティン・キャンベル出演:ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン、 マッツ・ミクルセン、 ジュディ・デンチ、 ジェフリー・ライト<Story>英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイ...... [続きを読む]

受信: 2009.07.28 10:40

» 「007 カジノ・ロワイヤル」 ホットで幼いボンド、受け入れられる? [はらやんの映画徒然草]
本日初日、新生ジェームズ・ボンドの最新作「007 カジノ・ロワイヤル」を観てきま [続きを読む]

受信: 2010.02.14 20:49

« 映画『ジョブナイル』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『不都合な真実』(お薦め度★★★) »