« 「逆チョコ」商品化&「逆チョコを贈りたい有名人」トップ5 | トップページ | JUJUのPV「奇跡を望むなら...」は泣ける! »

2009.01.28

映画『ひまわり』(お薦め度★★★)

監督・脚本、カン=ソッポム。2006年韓国。原題『Sunflower』。ヒューマンドラマ映画。PG-12指定。出演、キム=レウォン(オ=テシク)、ホ=イジェ(チェ=ヒジュ・娘)、キム=ヘスク(ヤン=トクチャ・ひまわり食堂の女主人)、キム=ビョンオク(チョ=パンス会長)、キム=ジョンテ(キム=ヤンギ)、ハン=ジョンス(イ=チャンム)、パク=ソンウン(チェ=ミンソク)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用) 10年の服役を終え、まっとうな人生を歩もうとした主人公だったが、周囲の状況はそれを許さなかった……。「アメノナカノ青空」や「花影」、ドラマ「食客」などで日本でも人気急上昇のキム・レウォンが元チンピラの主人公に扮した注目作。レウォンは全身に刺青のメイクを施し、かつて“狂犬”と呼ばれた男を熱演する。共演はドラマ「宮S」のホ・イジェ、ドラマ「春のワルツ」のベテラン女優キム・ヘスクなど。本国韓国では観客動員100万人以上という大ヒットを記録した。必死に耐える主人公の姿が涙せずにはおれない感動を呼ぶ。

あまりの悔しさに涙も出ません。胸をえぐられました。
真っ当な人生を送るために耐えて耐えて耐えて...、しかし、それが叶わなかったときの怒りがストレートに画面から伝わってきました。なんていう作品を韓国映画はつくるのでしょうか。
キム=レウォンはバイオレンスものには無縁と思っていましたが、やはり韓国俳優はうまいです。クライマックスシーンのブチ切れた演技は圧巻でした。

本編では泣けませんでしたが、予告編で悔しさが蘇ってうるっとしました。

|

« 「逆チョコ」商品化&「逆チョコを贈りたい有名人」トップ5 | トップページ | JUJUのPV「奇跡を望むなら...」は泣ける! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/43879234

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ひまわり』(お薦め度★★★):

» ひまわり [韓国映画好き]
町一番のワルで“狂犬”呼ばれていたテシク(キム・レウォン)は、殺人で刑務所に服役する。 10年後、仮釈放になったテシクは“酒を飲まない”“ケンカをしない”“泣かない”という3つの約束を記した小さな手帳を持って町に戻ってくる。 その手帳は「ひまわ...... [続きを読む]

受信: 2009.02.09 05:08

« 「逆チョコ」商品化&「逆チョコを贈りたい有名人」トップ5 | トップページ | JUJUのPV「奇跡を望むなら...」は泣ける! »