« 映画『潜水服と蝶-20万回の瞬きで綴られた真実』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『バイオハザードⅢ』(お薦め度★★★) »

2009.01.17

映画『感染列島』(お薦め度★★★)

監督・脚本、瀬々敬久。2008年日本。パニック映画。出演、妻夫木聡(松岡剛・救命救急医)、檀れい(小林栄子・WHOメディカルオフィサー)、国仲涼子(三田多佳子・看護師)、田中裕二/爆笑問題(三田英輔・多佳子の夫)、池脇千鶴(真鍋麻美・第一感染患者の妻)、カンニング竹山(鈴木浩介・フリーのウィルス研究者)、金田明夫(高山良三・院内感染対策主任)、光石研(神倉章介・養鶏場経営者)、キムラ緑子(池畑実和・看護師長)、嶋田久作(立花修治・真鍋麻美の父)、正名僕蔵(田村道草・保健課職員)、ダンテ=カーヴァー(クラウス=デビッド・WHO西太平洋事務局医師)、馬渕英俚可(鈴木蘭子・看護師)、小松彩夏(柏村杏子・看護師)、三浦アキフミ(小森幹夫・研修医)、夏緒(神倉茜・神倉章介の娘)、太賀(本橋研一・神倉茜のボーイフレンド)、佐藤浩市(安藤一馬・救命救急医)、藤竜也(仁志稔・大学教授)。

少し外されました。
現実に即したパニック映画なので仕方ないところでしょう。パンデミックが起こる世の中の描写はスケール感があり、シミュレーションとして評価できます。前半の進行は緊迫感があって現実的でしたが、中盤から後半にかけてプロット的に雑になり、ベタな展開が多くなってしまいました。脚本が今一歩という印象です。演出的に不要と思われるシーンがあったり、重要なキャスティングにお笑いタレントが登場して、リアリティ感を欠いてしまいます。作品的には期待以下ですが、タイムリナーな企画を世に送り出した姿勢に敬意を表して評価したいと思います。

企業の新型インフルエンザ対策としてBCP(事業継続計画)の視点でも観ました。重症患者が絶命する場面が現実だとしたら、新型インフルエンザによるパンデミック時には、会社に出勤することは絶望的であると感じました。死亡率によっては恐怖感のあまりパニック状態となり、外出することは考えられなくなると思います。来るべきパンデミックに向けてさらなる情報収集の必要を感じました。

公開初日の第一回目上映で鑑賞しました。早朝から窓口に30名ほど並んで反響があるのかなと思いましたが、結局3割程度の入りで中高年の方ばかりでした。展開がゆるいため小学生の息子は飽きていました。

予告編のようなスピーディさは本編では感じません。

|

« 映画『潜水服と蝶-20万回の瞬きで綴られた真実』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『バイオハザードⅢ』(お薦め度★★★) »

コメント

TBありがとうございました。
私からのTBが不調で申し訳ございません。
また後で挑戦してみますね!!

本作、部分的にはとっても良いシーンがあって
涙も流れたんですが、
テーマが散漫している印象のせいか
全体的にはそれほど心に残らなかった気がしています。
しかし、海外ロケ、地方ロケ、CGと、かなり予算をかけた作品でしたね。
それを考えると、やっぱり勿体無い映画。。。と思ってしまいました 笑

投稿: michi | 2009.01.18 13:07

>michiさん、コメントありがとうございます。
TBでお手数をお掛けしたようで恐縮です。

>涙も流れたんですが、
>テーマが散漫している印象のせいか
>全体的にはそれほど心に残らなかった気がしています。
感涙させられる場面は結構ありますよね。
ご指摘の通り、いろいろな要素を詰め込みすぎて脚本で整理できなかったように感じます。
惜しい作品だと思います。
本当に勿体無いですね。

投稿: erabu | 2009.01.18 14:24

erabuさん こんにちは~♪

すごぉ~い!
端的にズバッとこの作品の評価されてて!!!

>中盤から後半にかけてプロット的に雑になり、ベタな展開が多くなってしまいました。

言えてます。
特にいきなりアボンへなんか行っちゃった松岡とか。
ラスト辺りでは、栄子がいきなり長野に行っちゃうし。
しかもあろうことか、追いかけて行った松岡がガス欠になった車を降りて走り出したのには呆れてしまいました(笑)

でも、この手の作品を邦画で作ったという心意気は多少の評価あげたいですね。

投稿: なぎさ | 2009.01.24 11:08

なぎささん、寒い毎日が続きますがお元気ですか~♪

>追いかけて行った松岡がガス欠になった車を降りて走り出したのには呆れてしまいました(笑)
さらに叫んでましたから、クライマックスはベタベタでしたよね。
そこまでやらなくてもと思いました。松岡にいろいろな役割を持たせ過ぎです。
本来ならばもう一人中心メンバーとしてのキャラクターを登場させなければならない作品でした。

>でも、この手の作品を邦画で作ったという心意気は多少の評価あげたいですね。
昨年の10月から新型インフルエンザについては、企業の視点で取り組んでいます。
その人間からすると世の中的に警鐘をならしてくれる作品なので、援護したい気持ちもありました。

投稿: erabu | 2009.01.24 14:37

始めまして
TBありがとうございま~す^^

的確で びしっ!とした感想^^
楽しませていただきました。

ありがとう★^^★

投稿: 乱鳥 | 2009.01.25 19:39

>乱鳥さん、コメントありがとうございます。

>楽しませていただきました。
お褒めいただき光栄です。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: erabu | 2009.01.25 22:03

トラックバックありがとうございました(^_^)
また遊びに来てくださいね

投稿: 開発くん | 2009.02.13 00:32

>開発くんさん、コメントありがとうございます。

また寄らせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: erabu | 2009.02.13 00:51

TB有難うございました。
この映画を観賞していると、
鳥インフルエンザや新型インフルエンザなど
タイムリーな話題に触れているので
これが現実に起きたら、政府の危機管理能力は
大丈夫!?そんな心配が駆け巡りました。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2009.09.27 20:38

>シムウナさん、いつもありがとうございます。

弱毒性の新型インフルエンザ対応が後手に回ってますし、ハルマゲドン級の鳥インフルには日本政府は頼りにならないと思います(笑)。

致死率の高い伝染病が発生しないことを願うばかりです。

投稿: erabu | 2009.09.28 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/43766266

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『感染列島』(お薦め度★★★):

» 感染列島 [LOVE Cinemas 調布]
国立感染症研究所から今年の冬のインフルエンザ流行が発表された本日、主演・妻夫木聡、共演・檀れいで話題のお正月映画の試写を観て来ました。昨今、新型インフルエンザのパンデミックが話題に上ることが非常に多くなってきていますから、まさにタイムリーな作品でしょう。... [続きを読む]

受信: 2009.01.17 16:58

» 映画 「感染列島」 [ようこそMr.G]
映画 「感染列島」 [続きを読む]

受信: 2009.01.17 17:03

» 感染列島 [勝手に映画評]
謎のウイルスが襲った日本。市立病院に勤務する医師とその医師の元恋人のWHOコーディネーターの、ウイルスに対する戦いを描く。 新インフルエンザの脅威が現実味を帯びつつある今、タイムリーなテーマの映画と言えます。作品冒頭の導入部で、フィリピンでの新インフルエンザの発生も描いており、その意味では、リアルにシミュレートしようとした努力の跡はうかがい知る事が出来ます。 妻夫木聡と檀れいが、元恋人同士ですか・・・。劇中では、妻夫木聡が学生で檀れいが助手だったという設定にしてありますが、それにしても、この二人... [続きを読む]

受信: 2009.01.17 17:23

» 『感染列島』 序盤はいいのに…中盤からのリアリティーの破綻に、観客がパニック?! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『感染列島』  監督・脚本:瀬々敬久 出演:妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 田中裕二 池脇千鶴 竹山隆範 佐藤浩市 金田明夫 光石研 キムラ緑子 嶋田久作 正名僕蔵 ダンテ・カーヴァー 馬渕英俚可 小松彩夏 三浦アキフミ 夏緒 太賀 藤竜也 他 (C)2009 映画『感染列島... [続きを読む]

受信: 2009.01.17 18:24

» 2009-11『感染列島』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2009-11『感染列島』(更新:2009/01/13) * 評価:★★★★☆(★★★★★との間) 今年最初の試写会です。 「あなたは愛する人に触れられますか。」 感染者1000万人、死者300万人。 爆発..... [続きを読む]

受信: 2009.01.17 20:41

» 『感染列島』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----いやあ、しかし今日は寒かったニャあ。 東京はこの冬いちばんの冷え込み。 そんな中を,フォーンは行ってきました。 カタログハウスの「シネマのすき間」。 電車の中は咳をする人,マスクをした人。 もう、冬ならではの景色。 えいに聞いたら,マスクをしている人は 自分が風邪を引いているよりも 自分に風邪が移らないように予防している人が多いんだって。 そういえば、咳をしている人は あまりマスクをしていなかったような…。 と、この長〜い前フリ。 そう、今日の映画は『感染列島』 キーワードは 「今日,君は... [続きを読む]

受信: 2009.01.17 21:23

» 『感染列島』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
YAHOO!映画のレビュアー試写会が当たって、東宝本社の試写室で『感染列島』を観てきました。 上映後に瀬々敬久監督と平野隆プロデューサーのティーチインもついていたので、お得度は高かったなと。 ******************** 新型ウイルスによるパンデミック(感染爆発)の脅... [続きを読む]

受信: 2009.01.17 22:20

» 感染列島 [ぷち てんてん]
マスクは一人50枚は必要だよ。インフルエンザ注意報も出たと思ったら、新聞で今年のインフルエンザのうちで二番目に多いAソ連型インフルエンザでタミフルが効かない耐性ウィルスが97%占めたという話だ。インフルエンザ全体でいえば三分の一に当たるそうだ。ウィルス...... [続きを読む]

受信: 2009.01.17 23:41

» 「感染列島」多くの犠牲の果てにみた新型ウイルスとの闘い [オールマイティにコメンテート]
「感染列島」はある患者から発病した未知のウイルスにより日本が大パニックになり、都市が隔離され大混乱に陥る。その中で感染源の特定とウイルスと闘う医師の闘いを描いたストーリーである。新型インフルエンザが流行すると言われている今丁度話題にマッチした作品として新...... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 00:02

» 感染列島・・・・・評価額1000円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「感染列島」というタイトルからして、古色蒼然としたパニック映画。 設定に一定の説得力はあるものの、物語の展開や描写があまりにも大味か... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 00:21

» 感染列島 [欧風]
昨日はイオン下田に映画観に行ってきました~。 1本目に観たのは、「感染列島」。なんか [続きを読む]

受信: 2009.01.18 10:15

» 感染列島 [ネタバレ映画館]
パンデミックの原因は魔人・加藤保憲だった。 [続きを読む]

受信: 2009.01.18 10:17

» 感染列島 [そーれりぽーと]
鳥インフルエンザの脅威が取りざたされる昨今、この映画が作られた意義を確かめに『感染列島』を観てきました。 ★★★ 2009年になってずっと★4つ以上が続いてきましたが、ここに来てようやく★3つ以下。 この映画、医学の専門家が観たら何と言って吐き捨てるだろう。 俺は全然医学に明るくありませんが、エボラ出血熱を取り上げた小説『ホット・ゾーン』を学生の頃に読んで以来、バイオハザードレベル4の感染症については興味が有っていろいろ調べて初歩的なところは知識として持っているので、馬鹿馬鹿しくてイライラしなが... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 11:38

» 感染列島 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★☆☆☆☆      (★×10=満点)      試写 監  督:瀬々敬久 キャスト:妻夫木聡       檀れい       国仲涼子       田中裕二       池脇千鶴       カンニング竹山、他... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 13:01

» 感染列島 [象のロケット]
救命救急医・松岡が最初は風邪と診断した患者が、翌日に高熱、痙攣、吐血、多臓器不全で死亡し、たちまち院内感染が発生する。 新型インフルエンザと思われたが、あらゆるワクチンが効かない。 恐るべき速度で日本中に蔓延していくウィルス。 押しかけてくる患者。 戦場と化した病院。 人類は滅亡するのか…? ウィルス・パニック。... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 16:33

» 【100.0Kg】 「感染列島」を観てきました♪ [街のクマさん 炎のダイエット日記]
さて、昨日は何の予定もアポも無い土曜日だったので、クマ公は、またまた映画を観に行ってきました。 今回はひとりでの鑑賞です。 [続きを読む]

受信: 2009.01.18 16:37

» 感染列島 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:感染列島公開:2009/01/17製作国・年度:日本、2008年上映時間:138分鑑賞日:2009/01/17監督:瀬々敬久出演:妻夫木聡、檀れい、国仲涼子、田中裕二、藤竜也、佐藤浩市、池脇千鶴神に裁かれるのは人間か?ウィルスか?+あらすじ+救命救急医の松岡剛(妻夫木聡)のもと...... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 17:45

» 「感染列島」 今、そこにある危機 [はらやんの映画徒然草]
ずいぶん前から劇場で予告がかかっていた本作ですが、こういう邦画大作は外すことが多 [続きを読む]

受信: 2009.01.18 19:07

» 感染列島 [だらだら無気力ブログ]
新型ウイルスが原因で起こるパンデミックの脅威とウイルスと闘う人々の 姿を描いたパニックムービー。救命救急医の松岡剛のもとに1人の急患が運び込まれる。患者は、高熱・吐血・ けいれんを催しおり全身感染を併発する多臓器不全に冒されていた。 あらゆるワクチンを投与..... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 22:23

» 感染列島 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
数ある災害の中でも、台風や怪獣より怖そうなのがパンデミック。物語は、未知のウィルスによってパニックに陥った日本で戦う人々の姿を描くものだ。風評被害やワクチン不在の中で心と身体が蝕まれていく過程は現実感があるが、画面から緊張感がさっぱり感じられない。全国に....... [続きを読む]

受信: 2009.01.18 23:07

» 感染列島 [気ままな ぶlog]
未知のウイルス感染が起こり、日本でウイルスパニックが起こるという内容。 人とウイ [続きを読む]

受信: 2009.01.19 01:35

» 「感染列島」 [みんなシネマいいのに!]
 恐るべき致死率の未知のウイルスが日本列島に侵入、人類は、未曾有の感染パニックに [続きを読む]

受信: 2009.01.19 08:57

» 【映画感想】 感染列島  [掃き溜め日記〜てれびな日々〜]
「感染列島」見てきました!救命救急医の松岡剛(妻夫木聡)のもとに1人の急患が運び込まれた。患者は、高熱、けいれん、吐血、全身感染を併発する多臓器不全を起こしており、これは人類が初めて遭遇する感染症状であった。戦場と化した病院にWHOからメディカル・オフィサー....... [続きを読む]

受信: 2009.01.19 17:50

» 「感染列島」みた。 [たいむのひとりごと]
H5N1型高病原性鳥インフルエンザが一般的にも取り沙汰されるようになったのがここ数年。それによりヒト→ヒト感染の新型インフルエンザの大流行が懸念され、「タミフル」や「パンデミック」という言葉が定着した... [続きを読む]

受信: 2009.01.19 19:42

» 「感染列島」 [てんびんthe LIFE]
「感染列島」試写会 よみうりホールで鑑賞 TVの動画などでもご存じと思いますが、鳥インフルエンザを想定したパニック映画かと思っていましたが、ちょっと違ったようで、それでも題名とか広告で判断して80%以上はビンゴ!といえる作品でした。 TBSが作ったパニック映画「日本沈没」でその程度できていれば上出来なのでしょうか? どうなんだろ、これ? 実際にあり得そうなネタなのに、市民病院だけがあたふたしすぎで現実味がなくなっていました。 CGもね、銀座の規模がバランス悪すぎない? パニック映画と... [続きを読む]

受信: 2009.01.19 22:02

» 感染列島(ワーナーマイカル鈴鹿ベルシティ) [三重・鈴鹿のweb屋が綴る趣味ブログw]
昨日見に行く予定だった[感染列島]ですが、今日見てきました。日本全土を襲う、未曾有のウィルス・パニックに、人はどう立ち向かうのか──こう書くと、いい感じの医者ドラマか、あるいはパニック大作のようですが蓋を開けてみたら、なんだったんでしょう....... [続きを読む]

受信: 2009.01.19 22:43

» 劇場鑑賞「感染列島」 [日々“是”精進!]
「感染列島」を鑑賞してきました新型ウイルスによるパンデミック(感染爆発)の脅威が人類に襲いかかるパニック・ヒューマン・ドラマ。恐るべき致死率の未知のウイルスが日本列島に侵入、瞬く間に全国へと蔓延していく中、極限状況で愛する者を守るために奔走する人々の姿...... [続きを読む]

受信: 2009.01.20 15:30

» [映画『感染列島』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆キャッチフレーズ!    「日本全国、外場村!!(by『屍鬼』)ゾンビも出るでよ!」  ・・・期待して観はじめ、物語に特段に破綻もなく、かなりの力作だと思った。  私は、この作品を『日本沈没』に連なる作品と見ることにする。    ◇  私は、この作品を、『ハプニング』の後にきた本命『ブラインドネス』の如く、『252 生存者あり』の後にくる、パニック邦画の本命として捉えていたのだが、いささか趣きが違うようだった。  『252』が、最終的にはエンターテイメントとして着地したのに対し、こちら... [続きを読む]

受信: 2009.01.21 22:20

» 【感染列島】 [日々のつぶやき]
監督:瀬々敬久 出演:妻夫木聡、檀れい、佐藤浩市、藤竜也、国仲涼子、池脇千鶴     始まりは、日本。 「救命救急にやってきた患者を診た医師の松岡は次の日状態がひどくなって再び運ばれて来たことに愕然とする。新型インフルエンザかと思われたその感染... [続きを読む]

受信: 2009.01.22 12:43

» 『感染列島』・・・明日地球が滅びるとも今日君は [SOARのパストラーレ♪]
ウィルス系バイオハザード物はこれまでにも傑作があるが、発端・パンデミック・終焉という基本構成に変わりはないはず。あとは人間ドラマとしての見応えや、科学・医学的観点でのリアルさとウソっぽさ(どちらも必要だ)のバランス次第で面白さが決まると思う。本作ではそのあたりが事前に予想していた以上に秀逸で、途中少々ダレる部分もあることはあるのだが私には満足いく1本だった。... [続きを読む]

受信: 2009.01.22 23:39

» 感染列島 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年1月17日 公開 ★★★☆☆ 星3っつです! この映画を観てる間は咳ができねぇ〜 もし現代で、新型ウィルスが感染爆発(パンデミック)したらどうなるのかを描いたパニック・エンターテメント。 悪くはなかったですが〜。 昨今のニュースを見ても、この映画で描かれていることがまんざら荒唐無稽な話しではないことは誰しも分かるだけにリアルなんですよね。 目には見えないウィルスに対して、人間はなんと無力なのか。 ブ... [続きを読む]

受信: 2009.01.24 11:02

» 「感染列島」ただの細菌パニック映画ではなく・・・ [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
どうせ‘最近‘ブームの、‘細菌‘パニック&恋愛ものだろうけど、まあ妻不木くんだし、観に行ってみようかな~ という軽いのりで行ってみたら・・・ 意外にも、チャラけたところはなく、きちんと真面目で誠実な映画だった。 ある意味、エンタメとしては中途半端だけど、身につまされるようなリアルな話の展開は、胸が締め付けられるようで・・・・・... [続きを読む]

受信: 2009.01.24 16:07

» 映画「感染列島」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
物語の主題は新型インフルエンザの感染爆発と思わされるけど、実はエボラ出血熱に似た新型ウイルスの脅威に立ち向かう人々の過酷な生と死がテーマ~ オープニングのフィリピンはパナウエ、世界遺産の棚田が広がるその美しい景色のなかでウイルス空気感染をイメージさせる... [続きを読む]

受信: 2009.01.24 16:27

» 「感染列島」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
MAX THEATER 上越にて。 なんとこの映画館にはメンズ・デーなるものがあり(というか新潟県全体か!?)男性は1000円で鑑賞OKなのである!! ということで旧友と誘い合わせて(いい年こいて男二人!!)行ってまいりました! 国産ウイルス・パニック物!感染列島! 昨今はCGやVFXっていうんですか、進歩に目覚しいものがあり、邦画といえどもあなどれない時代に なってきた事はとても喜ばしい限りでありますが・・。 謎の新型ウィルスに日本が襲われます!! 1月のある日、市民病院へ一人の急患... [続きを読む]

受信: 2009.01.24 21:31

» 感染列島 [迷宮映画館]
狙ったわけではないのですが、なぜか似たような写真が3枚続いて・・・。 [続きを読む]

受信: 2009.01.25 08:27

» 『感染列島』  妻夫木聡  檀れい [乱鳥の書きなぐり]
  『感染列島』  日本 2009年  監督・脚本 瀬々敬久  キャスト  妻夫木聡  檀れい  国仲涼子  田中裕二  池脇千鶴  カンニング竹山  佐藤浩市  藤竜也  もう随分前のことだが、1月17日土曜日。  子どもと 映画『感染列島』を見た。  とても怖かった・・・。  怖くて、家に帰ってからも、目に見えないウイルスが充満しているように感じた。 ... [続きを読む]

受信: 2009.01.25 18:33

» 感染列島 [CINEMA見聞録 ]
 救命救急医・松岡の診た患者が、急変して運ばれてきた。原因不明のまま次々と似た症 [続きを読む]

受信: 2009.01.25 23:33

» 『感染列島』2009・1・24に観ました [映画と秋葉原と日記]
『感染列島』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ いずみ野市立病院の救命救急に当直医・松岡剛(妻夫木聡)の元に、昼間に彼が風邪と診断した一人の急患が運び込まれたが。高熱に痙攣、意識混濁、吐血と全身感染ともいえる多臓器不全に冒されていた。こ... [続きを読む]

受信: 2009.01.30 13:35

» 09-18「感染列島」(日本) [CINECHANの映画感想]
今日、キミは林檎の樹を植える  新年を迎えた、いずみ野市立病院。救命救急医・松岡剛のもとに、一人の急患が運び込まれてくる。その患者は高熱に痙攣、吐血を催し、全身感染ともいえる多臓器不全に冒されていた。この症状は新型インフルエンザと想定され、治療が進められる。しかし、あらゆるワクチンを投与するも虚しく、患者は死亡してしまうのだった。さらに、正体不明のウイルスは医療スタッフや患者たちにも感染、病院がパニック状態に陥ってしまう。  やがて、事態の究明とウイルスの感染拡大を防ぐため、世界保健機...... [続きを読む]

受信: 2009.01.31 17:05

» 感染列島 [朝を抱きしめて]
観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる 総評:★★★★++A 公式サイト>> 監督:瀬々敬久 主なキャスト 竹岡 剛(妻夫木聡) 小林栄子(檀 れい) 仁志 稔(藤 竜也) 安藤一馬(斉藤浩市) 似たような映画で【アウトブレイク】という映画がありましたが、あれも面白かったですね。この映画はアウトブレイクの日本版と言っていいでしょう。違うところはアウトブレイクは範囲が『町』で、感染列島は『国』という大きな規模で描いたところでしょうか。でも実際、もし日本で同... [続きを読む]

受信: 2009.02.02 00:35

» 映画:感染列島 [よしなしごと]
 ウイルスものが好きなので、感染列島を観てきました。企画の段階ですでにハリウッドからリメイクのオファーが、そして20ヶ国で配給のオファーが来ているほどの作品なので、期待して観に行ってきました。... [続きを読む]

受信: 2009.02.02 03:43

» 『感染列島』 [光芒]
『感染列島』(2008・1)を観る。 「感動」とは絶縁した境地に辿り着き、私は「驚愕した」という表現をしたい。 日本映画独特の人間感情の螺旋に包まれた狭隘な世界ではなく、アジア的な世界観、さらには「世界の果て」を連想される「ミネア島」までも登場させる。私は自身のインドをはじめとした放浪の旅の記憶と共に痛みを覚えながら画面に目を奪われた。 ウイルス感染による死の絶え間ない連鎖を容赦なく描写し続ける。妻夫木聡演じる松岡医師が、長野へ発つ小林医師(壇れい)に告げる言葉「いったいあとどれくらい人が死んでい... [続きを読む]

受信: 2009.02.02 22:55

» 感染列島 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
訳の分らんウイルスが全国に蔓延し 感染者は数千万人を超え 死者もどんどん出るという話  ウイルスパニックの映画でございます医療関係者も認める濃い内容でっせ みたいなふれこみやったので院内感染や 病院に感染者がどんどんやって来てパニックになるとことか医師...... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 04:45

» 感染列島 [5125年映画の旅]
東京都内の養鶏場で鳥インフルエンザが発生。それと同時期に、いずみ野市立病院に搬送された患者が原因不明の症状で急死する。病院は新型のインフルエンザだと判断し、院内感染を防ごうとするが、病気は日本各地に広がっていた。市立病院の救命医・松岡は、これがインフル....... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 07:41

» 「感染列島」 [元・副会長のCinema Days]
 意外にも楽しめた。これは監督の瀬々敬久の持ち味によるところが大きい。瀬々のスタイルの特徴は“熱くならない”ことだ。対象から一歩引いてクールに捉える。これが撮る映画の題材によってはマイナスに作用することがあるが、今回は上手くマッチした。  新型の感染症の大々的なアウトブレイクというパニック映画の一種とも言える本作で、もしも作者が熱くなりすぎてケレン味に次ぐケレン味、さらに血管切れそうな絶叫に次ぐ絶叫で押しまくったならば、これはもう鬱陶しくて観ていられない。大風呂敷広げたような設定(まあ、考えてみ... [続きを読む]

受信: 2009.02.08 21:30

» 感染列島 [放浪映画人]
監督:瀬々敬久 2009年公開(日本) とりあえず、くさい演出が多かった。 ストーリーの方も、わざわざ映画にするほどのものではない。 ネタバレですが、最終的にウイルスに感染しなかった人の血清で助かるんです。 でも、そんな事ぐらい、素人でも最初に考える事なのに、そんな単純な結末で終わってしまうこの作品は何なんだ! この監督、非常に時代遅れな感性しか持ち合わせていないようです。 テレビCMを見ていると、非常に大作のように思えますが、こじんまりとまとまっている作品でした。 公式ホームページ 放浪映画人... [続きを読む]

受信: 2009.02.20 14:47

» 「感染列島」 [prisoner's BLOG]
「アウトブレイク」みたいにやたら調子よく病気がすっぱり防げてオシマイ、という具合に割り切っていないのはいいけれど、その分どうドラマを組み立てるのか、と心配になったが意外と(予想の範疇だが)よくしのいだ。 あまり医者あるいは人間の力ではとても及ばないような天災という描き方で、助かるのも割りと運次第という感じ。実際そうだと思うし、日本的なあきらめのよさというつもりかもしれない。 カンニング竹山とか爆笑問題の田中といったキャスティングはまじめにやっていても白けます。ここで竹山の怒り芸を見せても仕方ない... [続きを読む]

受信: 2009.02.26 09:32

» ★「感染列島」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 NHKの大河ドラマも主演してるし、今年が頑張りドキな妻夫木聡の主演作・・・ この人・・・実は「泣きの演技」系が多い気がするんだけど・・・。... [続きを読む]

受信: 2009.03.12 22:51

» 「感染列島」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
新型インフルエンザの感染者が国内で5000人を越えてからしばらく経ちますが、今後はどうなるのか・・ [続きを読む]

受信: 2009.08.09 21:53

» 感染列島 [mama]
2009年:日本 監督:瀬々敬久 出演:妻夫木聡、池脇千鶴、田中裕二、檀れい、カンニング竹山、佐藤浩市、国仲涼子、藤竜也、小松彩夏 いずみ野市立病院の救命救急医・松岡剛のもとに、一人の急患が運び込まれてくる。その患者は高熱に痙攣、吐血を催し、全身感染とも....... [続きを読む]

受信: 2009.08.23 14:30

» No.194 感染列島 [気ままな映画生活]
鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ… 現在、社会に蔓延している状況をこの映画を見ていると 思わず連想してしまう。 [続きを読む]

受信: 2009.09.27 20:47

» 感染列島 [映画君の毎日]
感染列島 スタンダード・エディション ¥3,591 妻夫木聡主演のパニック・エンタテインメント!救命救急医・松岡剛のもとに運び込まれてきた一人の患者。ところが有効なワクチンや治療法がなく、患者は死亡してしまう。さらに院内感染によって病院はたちまちパニック状態に陥り... [続きを読む]

受信: 2009.10.02 22:46

» 『感染列島』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ正月明け、市立病院に務める松岡剛の元に1人の急患が運ばれてきた。新型インフルエンザに類似する症状だがワクチンが通用せず、患者は死亡。やがて同僚の安藤医師や他の患者に感染が広がり病院はパニックになってしまう。WHOのメディカルオフィサーで松岡の元...... [続きを読む]

受信: 2009.12.11 23:12

» 感染列島 [アスカ・スタジオ]
 新型インフルエンザが未だに不気味な存在である現在、機を掴んだ題材と言える。その出来映えに関心があった。 小林先生のヒロイズムを否定はしない。が、彼女一人だけ着用している宇宙服のような防護マスクは、隊長の目印だろうか?。 また、このWHO派遣隊長員に叱咤激励される医師達は、戦時の特攻隊員に映った。 そんな小林先生も松岡医師の前では、噎び泣く女性に変身する。後半は感傷的な恋愛映画。 大袈裟な咳に噎ぶ前半の大パニックも、「渚にて」を思わすCG街と数字の羅列のみに留まる。 鳥インフル騒動の犠牲となって首を... [続きを読む]

受信: 2009.12.21 09:30

» 『感染列島』 ('09初鑑賞189・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆--- (5段階評価で 2) 12月25日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009.12.29 10:12

» 感染列島 [SSKS*]
オフィシャルサイト 2009 日本 監督:瀬々敬久 出演:妻夫木聡/檀れい/国仲涼子/田中裕二/池脇千鶴 ストーリー:正月明け、市立病院に務める松岡剛の元に1人の急患が運ばれてきた。新型インフルエンザに類似する症状だがワクチンが通用せず、患者は死亡。やがて同僚の安藤医師や他の患者に感染が広がり、病院はパニックになってしまう。WHOのメディカルオフィサーで松岡の元恋人・小林栄子が事態の収拾と調査に乗り出し、松岡も彼女と共に戦うことを決意するが、感染は日本全国に広がってしまい… 感染は... [続きを読む]

受信: 2010.02.27 22:29

» 『感染列島』'09・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ正月明け、市立病院に務める松岡剛の元に1人の急患が運ばれてきた。新型インフルエンザに類似する症状だがワクチンが通用せず、患者は死亡。やがて同僚の安藤医師や他の患... [続きを読む]

受信: 2010.05.12 20:19

» 映画『感染列島』を観て [KINTYRE’SDIARY]
9-5.感染列島■製作:東宝■製作年・国:2009年、日本■上映時間:118分■鑑賞日:1月17日、新宿アカデミー劇場(歌舞伎町)スタッフ・キャスト(役名)□監督・脚本:瀬... [続きを読む]

受信: 2011.03.08 22:31

» 映画 感染列島 [VAIOちゃんのよもやまブログ]
2013年の年初に地上波で放送されていた映画「感染列島」。2009年の映画で既にタイトル位しか聞き覚えがないんですが、AT950Wで録画してPSPに転送して鑑賞しました。あらすじ的には・・ ... [続きを読む]

受信: 2013.12.04 23:42

« 映画『潜水服と蝶-20万回の瞬きで綴られた真実』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『バイオハザードⅢ』(お薦め度★★★) »