« 映画『卑劣な街』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『007/慰めの報酬』(お薦め度★★★★★) »

2009.02.03

映画『魍魎の匣』(お薦め度★★)

監督・脚本、原田眞人。2007年日本。ホラー映画。出演、堤真一(中禅寺秋彦・京極堂)、阿部寛(榎木津礼二郎・探偵)、椎名桔平(関口巽・作家)、宮迫博之(木場修太郎・刑事)、田中麗奈(中禅寺敦子・記者)、黒木瞳(柚木陽子・元女優)、宮藤官九郎(久保竣公・作家)、柄本明(美馬坂幸四郎・医学教授)、谷村美月(楠本頼子・加菜子の同級生)、清水美砂(中禅寺千鶴子・京極堂の妻)、篠原涼子(関口雪絵・関口の妻)、マギー(鳥口守彦・編集者兼記者)、堀部圭亮(青木文蔵・刑事)、荒川良々(安和寅吉・榎木津の探偵助手)、笹野高史(今出川欣一・榎木津の叔父)、大森博史(寺田兵衛・教主)、大沢樹生(増岡則之・弁護士)、右近健一(雨宮典匡・陽子と加菜子の監視者)、寺島咲(柚木加菜子・陽子の娘)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用) 日本史や古典、怪談・妖怪などに造詣が深い京極の代表作の1つである《京極堂(百鬼夜行)》シリーズから、第49回日本推理作家協会賞に輝くシリーズ第2作を映画化したのが本作。連続美少女殺人事件、暗躍する謎の教団、警察が追う巨大なハコ型建物という3つのプロットが、最終的に1つの点で結ばれていく壮大な展開を、豪華キャストの競演、中国・上海での本格ロケ撮影など、ダイナミックな工夫をこらしてにぎやかに映像化している。監督は「クライマーズ・ハイ」の原田眞人。
ストーリー: 1952年(昭和27年)。探偵の榎木津は元映画女優の陽子から、失踪した彼女の娘、加菜子の捜索を依頼される。同じ頃、作家の関口は少女連続殺人事件を調査するうち、ある新興宗教団体を怪しがるが、同団体では信者が10人も失踪していた。少女連続殺人事件を担当する青木刑事はやがて、加菜子が電車に轢かれて瀕死の重傷を負った現場に遭遇する。そして古書店《京極堂》の主人である陰陽師、中禅寺は、これら3つの難事件の解決に挑む。

悪い冗談的な作品です。
舞台設定と登場人物は雰囲気が十分にあって申し分ないのですが、物語が噛み合っていません。サスペンスとしては軽過ぎますし、ホラーとしては中途半端です。コメディでもないようなのでどう評価すればいいのでしょう。結局美少女の手足をバラバラにした猟奇的な犯罪の映像を観客にみせたかったのでしょうか。製作の意図がわかりませんでした。原田真人監督はこんな作風でしたっけ!?清水美砂が観れたのはラッキーでした。

予告に騙されました。

|

« 映画『卑劣な街』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『007/慰めの報酬』(お薦め度★★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/43945853

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『魍魎の匣』(お薦め度★★):

» 魍魎の匣 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ハコの中には 何がある?』  コチラの「魍魎の匣」は、京極夏彦さんのベストセラー京極堂シリーズ映画化第2弾となる、12/22に公開されるすべての人の想像を超える超高速展開サスペンス!!なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪  2005年に公開された「姑獲....... [続きを読む]

受信: 2009.02.03 20:45

» 『魍魎の匣』(2007) [【徒然なるままに・・・】]
京極夏彦のベストセラー小説<百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズ)>の第2作だそうで、第1作『姑獲鳥の夏』に続いて映画化されました。 前作を観た際には何だか狐につままれたような印象が残りましたが、それでもシリーズ化されたら次も観に行きたいなぁ、などと記してますけれど、結局映画館へは行かずに自宅でのDVD鑑賞と相成りました。 監督は亡くなった実相寺昭雄に代わって原田眞人、スタッフもかなり入れ替わってるようですが、メイン・キャストは概ね前作からのスライド。 関口巽役が永瀬正敏から椎名桔平に交代した... [続きを読む]

受信: 2009.02.03 21:50

» 『魍魎の匣』'07・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方、作家の関口(椎名桔平)と記者の敦子(田中麗奈)は不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子ら...... [続きを読む]

受信: 2009.02.03 21:55

» 【映画】魍魎の匣…原作にとらわれない(?)作品 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
毎回記事の冒頭には近況だの雑談だの書く私ですが… 今回映画記事の内容が長すぎて、投稿限界イッパイイッパイなのです{/ase/} なので早速、本日{/hiyoko_cloud/}は映画鑑賞記録です{/ase/} 「魍魎の匣」 (監督:原田眞人、出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、2007年邦画) TSUTAYAさんで「ピアノの森」、「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」、「少林少女」と一緒にレンタル(一緒に「人志松本のすべらない話」も嫁さんが借りました)。 鑑賞日時をメモっていなかったの... [続きを読む]

受信: 2009.02.03 22:45

» 『魍魎の匣』 @丸の内TOEI [映画な日々。読書な日々。]
戦後間もなくの東京。元・女優、陽子の娘が行方不明になり、探偵・榎木津が捜査を担当していた。一方、作家・関口と記者・敦子は、不幸を匣(はこ)に封じ込める謎の教団の陰謀を掴むべく調査していた。更に巨大なはこ型の建物の謎を追う刑事・木場。全ての事件は、複雑に... [続きを読む]

受信: 2009.02.04 00:03

» ★「魍魎の匣」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週は平日連休が取れたので、シネコンはしごでもう2本。 その1本目。 ヤケに難しい漢字ばっかり使う京極夏彦原作の映画化第二弾。 第一弾の「姑獲鳥の夏」も劇場鑑賞したけど、記憶薄っ。 ... [続きを読む]

受信: 2009.02.04 00:55

» 『魍魎の匣』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「魍魎の匣」  □監督・脚本 原田眞人 □原作 京極夏彦「魍魎の匣」 □キャスト 堤 真一、阿部 寛、椎名桔平、宮迫博之、田中麗奈、黒木 瞳、柄本 明、宮藤官九郎 ■鑑賞日 1月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 累計500万部を超える京極夏彦原作のベストセラー原田眞人監督はどんな味付けにするのだろうか。 ま、大きな期待をしていなかったのだが、今までの原田監督の描き方とは異なる、変な小細工をしない部分と、演じる役者陣が思... [続きを読む]

受信: 2009.02.04 07:42

» 魍魎の匣 [ネタバレ映画館]
戦時中、日本軍はゾンビ兵計画を企てていた? [続きを読む]

受信: 2009.02.04 10:57

» 「魍魎の匣」 [日々のつぶやき]
監督:原田眞人 出演:堤真一、阿部寛、椎名桔平、黒木瞳、田中麗奈、宮迫博之 「戦後間もない東京で起きた事件。身体をバラバラにしたその事件に関わる“ハコ”に隠された恐るべき謎を解くために京極堂が挑む。」   原作未読です。 このシリーズは「姑獲鳥の夏... [続きを読む]

受信: 2009.02.04 11:38

» 魍魎の匣(感想105作目)&怨み屋本舗SP [別館ヒガシ日記]
魍魎の匣はWOWOWでして昨年に鑑賞して 結論は原作を未読&アニメはで放送が無くて 知識が無い状態で鑑賞して豪華メンバー出演だし 最後の方が微妙だけども内容には満足したよ 内容は陰陽師&探偵&作家&記者&の7人が 遺産相続の誘拐&連続殺人事件&宗教団... [続きを読む]

受信: 2009.02.04 13:49

» mini review 08324「魍魎の匣」★★★★★★☆☆☆☆ [サーカスな日々]
累計500万部を超えるベストセラー・シリーズの映画化第2弾。第49回日本推理作家協会賞に輝き、シリーズ最高傑作の呼び声も高い同名小説を原作に、古書店主の“京極堂”こと中禅寺秋彦と仲間たちが、3つの事件にかかわる恐るべき秘密を追う。監督は『突入せよ!「あさま山荘」事件』の原田眞人。主人公の京極堂を堤真一が演じる。原作者の京極夏彦に「びっくりした」と言わしめた大胆なアプローチと、独特のムードが漂う作品世界を堪能できる。[もっと詳しく] 世の中に不思議なことなど何もないのだよ、kimion200020... [続きを読む]

受信: 2009.02.05 23:36

» 魍魎の匣 [LOVE Cinemas 調布]
公式サイトにある「豪華オールスターキャスト夢の共演!」は伊達じゃないですね。堤真一・阿部寛・椎名桔平の3人のメインキャストのほかに、田中麗奈、黒木瞳、宮迫博之、宮藤官九郎、柄本明、そして最近個人的に結構気になっている谷村美月。脚本・監督は『クライマーズ・ハイ』の原田眞人と、期待感を煽る作品ではあります。これでもかと出てくる俳優陣に余計な事ながらギャラだけでいくらかかるんだと思ってしまったり・・・。... [続きを読む]

受信: 2009.02.06 02:08

» 魍魎の匣 [レンタルだけど映画好き]
ハコの中には何がある? 2007年 日本  公開日2007/12/22  レンタル開始日2008/06/25 監督 原田眞人 出演 堤真一/阿部寛/椎名桔平/宮迫博之/田中麗奈/黒木瞳/マギー/堀部圭亮/荒川良々/笹野高史/大森博史/大沢樹生/右近健一/寺島咲/谷村美月/清水美砂/篠原涼子/宮藤... [続きを読む]

受信: 2009.02.09 01:05

» 魍魎の匣 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
京極夏彦さんの本が大好きなので、原作は刊行当時に読んでいま〜すでも内容はうろ覚え(汗)・・・映画を楽しむには丁度いいよねっ【story】戦後間もない東京で、美少女連続殺人事件が発生。引退した元女優・陽子(黒木瞳)の娘も姿を消し、探偵の榎木津(阿部寛)が行方を追うことになる。一方作家の関口(椎名桔平)と記者の敦子(田中麗奈)は、不幸をハコに閉じ込める教団に遭遇。榎木津、関口、敦子らは、それぞれの謎を胸に京極堂(堤真一)のところに集まってくる―     監督 : 原田眞人 『伝染歌』【comment】前... [続きを読む]

受信: 2009.02.09 15:16

» 映画を観た〜魍魎の匣(もうりょうのはこ)〜 [垂直落下式どうでもいい話]
本文はこちら→ [続きを読む]

受信: 2009.02.10 19:38

» 荒川良々は結婚 [荒川良々は結婚]
荒川良々は結婚しているのだろうか。週刊誌でもデート写真が取り上げられているのでまだ結婚はしていない。同大人計画の平岩紙とデートしているところをスクープされていた。 [続きを読む]

受信: 2009.02.17 10:03

« 映画『卑劣な街』(お薦め度★★) | トップページ | 映画『007/慰めの報酬』(お薦め度★★★★★) »