« 映画『明日への遺言』(お薦め度★★★) | トップページ | 日本最大のションピングセンター、イオン レイクタウンに行った! »

2009.02.27

映画『デッド・サイレンス』(お薦め度★★)

監督、ジェームズ=ワン。脚本、リー=ワネル。2007年米。ホラー映画。出演、ライアン=クワンテン(ジェイミー=アーシェン)、アンバー=ヴァレッタ(エラ=アーシェン)、ドニー=ウォールバーグ(リプトン刑事)、ボブ=ガントン(エドワード=アーシェン)、マイケル=フェアマン(ヘンリー=ウォーカー)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用)主人公たちがいきなり切迫した極限状況に置かれるところから話が始まる驚愕の新感覚ホラー「ソウ」に比べると、同じ監督・脚本家コンビによる本作は、題材も語り口もきわめてオーソドックスで古典的。恐怖の惨殺劇の現場に残された、呪われた腹話術人形の謎を追う形で物語は展開していくが、ラストになって衝撃のどんでん返しが待ち構えているあたりは、やはり彼らならでは。主演は「マイ・フレンド・フリッカ」のR・クワンテン。

ソウ』の監督作ということは知らないで観ました。
ストーリーがしっかりしていて、アイデアも豊富です。ラストのどんでん返しもなるほどと感じました。しかし、全体的にそれほど怖くありませんでした。主人公の驚くばかりの行動力に気を取られました。送付元不明な贈り物を開けてしまうとか、深夜の墓地や不気味な館に行くとか恐怖心をあまり感じないキャラクターです。アドベンチャーもののような力強さが溢れていました。夫でなく奥さんを主人公にして組み立てると思いっきり怖い作品になったのではないでしょうか。

|

« 映画『明日への遺言』(お薦め度★★★) | トップページ | 日本最大のションピングセンター、イオン レイクタウンに行った! »

コメント

アンバー・ヴァレッタの役が印象深かったです。happy02

ホラー映画としてはそんなに怖くない映画でした。wine

投稿: 台湾人 | 2010.03.02 22:46

>台湾人さん、コメントありがとうございます。

>ホラー映画としてはそんなに怖くない映画でした。
恐怖を感じさせないホラーは中途半端なので、どうしても評価が下がりますね。

投稿: erabu | 2010.03.03 00:37

私はホラー映画は結構苦手な方ですが、この映画は平気で最後まで見ることができました。basketball

セットやロケはなかなか綺麗で、こういう素朴なアメリカの町でバカンスを過ごしたいなと思いました。yacht

投稿: 台湾人 | 2010.03.26 23:47

>私はホラー映画は結構苦手な方ですが、この映画は平気で最後まで見ることができました。
私もホラー映画は得意ではありません。そのため映画館で鑑賞する機会はほとんどありません。しかし、観たときは怖がらせてくれないと物足りなさを感じます(笑)。

>セットやロケはなかなか綺麗で、こういう素朴なアメリカの町でバカンスを過ごしたいなと思いました。
映像は良かったですよね。
旅心に訴えるものがありました。

投稿: erabu | 2010.03.28 04:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/44194513

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『デッド・サイレンス』(お薦め度★★):

» デッド・サイレンス [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「デッド・サイレンス」は、「ソウ」のオリジナル・クリエイターであるジェームズ・ワン&リー・ワネルの映画おたくコンビが久しぶりに純粋にクリエイターとして作り上げたドールズ・ホラーです。  何度でも繰り返しますが、あたしはホラー映画が苦手です。そ....... [続きを読む]

受信: 2009.02.27 23:01

» 「デッド・サイレンス」のオチに疑問 [NOHOHONブログ]
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ いきなりオチの話をしますが(ネタバレします) 父の後妻は何なんだったのかと疑問が残ったのです。 腹話術師の霊に操られていたのか、霊が乗り移っていたのか、 でも、それは納得出来ないのです。 それとも後妻は霊そのもので、存在はし....... [続きを読む]

受信: 2009.02.27 23:03

» デッド・サイレンス [ともやの映画大好きっ!]
(原題:DEAD SILENCE) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 「SAW ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督と脚本家のリー・ワネルが新たに仕掛ける、腹話術人形を巡る恐怖の物語。 ある雨の日。リサ・アーシェン(ローラ・リーガン)の元に差出人不明の小包が届けられる。中に入っていたのは、一体の腹話術人形だった。夫のジェイミー・アーシェン(ライアン・クワンテン)は買い物に出かけ、帰ってくるとリサは無惨な死体となっっていた。この捜査を担当するリプトン刑事(ドニー・ウォールバーグ)... [続きを読む]

受信: 2009.02.27 23:17

» デッド・サイレンス [そーれりぽーと]
『ソウ』シリーズで、ホラー映画の新ジャンル、ソリッド・シチュエーション・ホラーという言葉(※)を生み出したジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビ。 ずっとシリーズに携わっていたけれど、1作目より後は製作総指揮という立場で、ジェームズ・ワン自身のメジャー映画監督作は今回まだ2本目。 リー・ワネルにしても、『ソウ』『ソウ2』『ソウ3』と広がり続けるシリーズの脚本だけが評価されてきて、今回ようやく全くゼロから構想を立ち上げての脚本。 と考えると、シリーズのファンとしてはどうなるのか期待と不安の両方が膨らみ... [続きを読む]

受信: 2009.02.28 00:04

» 『デッド・サイレンス』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『デッド・サイレンス』を観ました斬新なスリラー『ソウ』を生んだ監督ジェームズ・ワンと脚本家リー・ワネルが再び組んだ、謎の腹話術人形に翻弄(ほんろう)される一家の宿命を描いた人形サスペンス・ホラーです>>『デッド・サイレンス』関連原題: DEADSILENCEジャン...... [続きを読む]

受信: 2009.02.28 00:27

» 『デッド・サイレンス』 [ラムの大通り]
(原題:Dead Silence) -----これって、腹話術をモチーフにした映画だよね? 「うん。ぼくなんかは 腹話術と聞いてリチャード・アッテンボローが監督した 『マジック』を思い出したな。 あれは若き日のアンソニー・ホプキンスが主演。 とてもよくできたサイコ・スリラーだった」 -----これもそんな感じがするけど? 「う〜ん。『ソウ』シリーズの スタッフが手がけただけに、 どちらかというとホラ−だね。 終わった後、宣伝の人は『楽しかったでしょ?』 なんて言っていたけど、 どうしてどうして。 ... [続きを読む]

受信: 2009.02.28 12:13

» デッド・サイレンス(DVD) [ひるめし。]
叫んだら、死ぬ!? [続きを読む]

受信: 2009.02.28 12:31

» 腹話術で怪談 [Akira's VOICE]
「デッド・サイレンス」 「怪談」  [続きを読む]

受信: 2009.02.28 17:22

» デッド・サイレンス 66点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
震える舌 公式サイト 『SAW』の監督ジェームズ・ワンと脚本リー・ワネルが再びコンビを組んで送る、腹話術人形に込められた呪いを追うホラー映画。ジェフリー・ディーバーの小説『静寂の叫び』を原作とした、96年の同題映画とは無関係だ。 両人の出世作である『SAW』....... [続きを読む]

受信: 2009.02.28 22:17

» 76「デッド・サイレンス」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
完全なる人形  ある雨の夜、ジェイミーとリサの夫妻の元に送り主不明のトランクが届く。中にはビリーという名の腹話術人形が入っていた。その後ジェイミーが外出、帰宅するとリサが舌を切られて死んでいた。リプトン刑事から容疑をかけられたジェイミーは、妻が死の直前に語った詩が関係あると考え、生まれ故郷のレイブンズ・フェアに戻る。  詩のことには父、エドワードも他の住人も口を固く閉ざす。語り継がれるその詩。  「メアリー・ショウにご用心。子のない彼女は人形が好き。夢で彼女に会っても、叫んじゃダメだ...... [続きを読む]

受信: 2009.03.02 01:09

» 50●デッド・サイレンス [レザボアCATs]
うん、これは!なかなか楽しめるエンタメ系ホラー。優にホラーの及第点に達する、って人も多いのではないかな? [続きを読む]

受信: 2009.03.24 14:39

« 映画『明日への遺言』(お薦め度★★★) | トップページ | 日本最大のションピングセンター、イオン レイクタウンに行った! »