« 映画『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『となり町戦争』(お薦め度★★) »

2009.02.06

映画『恋の罠』(お薦め度★★★★)

監督・脚本、キム=デウ。原題『淫乱書生』。英題『Forbidden Quest』。2006年韓国。官能歴史劇映画。R-15指定。出演、ハン=ソッキュ(キム=ユンソ・貴族官吏)、キム=ミンジョン(チョンビン・王の側室)、イ=ボムス(イ=グァンホン・議禁府の役人)、オ=ダルス(フォンガ)、アン=ネサン(王)、キム=ビョンオク(左議政)、キム=レハ(チョ内侍)、キム=ギヒョン(筆写屋)、ウ=ヒョン(模写屋)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用)李朝後期の韓国を舞台にした官能歴史劇。本国韓国では、わずか15日で観客動員250万人を達成するという大ヒットを記録した。主演は「シュリ」「ユゴ 大統領有故」など、韓国の国民的俳優といわれるハン・ソッキュ。ヒロインの王妃役には「僕らのバレエ教室」のキム・ミンジョン。主人公の貴族が思わぬことから官能小説作家になってしまう様子と、王妃との禁断の愛という2つの物語が、時にコミカルに、時にエロティックに綴られる。各映画賞を総なめにしたという美術や衣装も見どころだ。監督は「スキャンダル」の脚本家キム・デウ。

意外性のある作品です。
愛と欲望の究極が描かれていました。非常に重たいテーマを官能とコメディのテイストで大胆かつ繊細に表現され、巧みに着地させています。見事です。韓国で大ヒットしたのは頷けます。日本で話題にならなかったのは勿体無いですね。韓流ブームが去って、ハン=ソッキュの日本におけるネームバリューでは浸透しにくかったのでしょう。また、非常にエロティックな官能映画ですが誰かが脱いでいるわけではないので訴求力がなかったのだと思います。
雰囲気が『スキャンダル』に似ていると感じましたが、監督のキム=デウは脚本を担当していたことがわかりました。本作が監督デビューとのことで相当な才能の持ち主です。

本編は予告編ほどコメディ調ではありません。

http://www.youtube.com/watch?v=rnnfRWmnJCQ

|

« 映画『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『となり町戦争』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/43980368

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『恋の罠』(お薦め度★★★★):

» 恋の罠 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『禁断の愛、開花』  コチラの「恋の罠」は、李朝後期を舞台に小説家が仕掛けた一世一代の「恋の罠」を描いたR-15指定のヒストリカル・ロマンスで、4/5に公開されるのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ〜♪  主演は、「スカーレットレター」のハン・ソッキュ。「...... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 11:27

» 恋の罠 [迷宮映画館]
もし、原題のままの『淫乱書生』だったとしたら、・・・券買うときちょっと・・・。 [続きを読む]

受信: 2009.02.07 11:56

» 恋の罠 [韓国映画好き]
司憲府の実直な官吏である貴族のキム・ユンソ(ハン・ソッキュ)。王の側室チョンビン(キム・ミンジョン)が大切にしていた名画がすり替えられ、捜査を命ぜられたユンソは、義禁府都事で一族の宿敵であるイ家のグァンホン(イ・ボムス)とともに市場の食器屋に踏...... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 12:27

» 恋の罠 [しぇんて的風来坊ブログ]
原題は「淫乱書生」。まあエロ作家てなところである。「恋の罠」と禁断の愛という触れ込みに惹かれていくと、そうだね、と思うヒトと、期待した内容とギャップが出てくるヒトが出てくるかもしれない罠(笑)。 物語の特に後半の展開に白けるヒトと、とぼけた映画だなあーとニヤリとするヒトと分かれるかもしれない。 李朝時代が舞台なので時代劇ですね。 王妃(正妃でなく側室)役のキム・ミンジョンが好奇心・冒険心を動かしてしまった無防備でありながら表情・容姿のエロスと高貴を併せ持つ姫を演じている。ハン・ソッキュ... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 16:39

» 恋の罠 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
王妃は信じた__秘密は“愛の証”、貴族作家は信じた__秘密は“欲望” 李朝最大のスキャンダル、暴露!・・・その恋は「愛」なのか?「罠」なのか? 李朝時代の貴族で実直な官吏キム・ユンソは名文家を自負していたが、巷で大流行の淫らな本の存在を知り衝撃を受け、...... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 23:12

» 恋の罠 [映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評]
恋の罠―淫乱書生― 特別版 [DVD]原題“淫乱書生”と漢字で見るとモノ凄いものを想像するが、さほどエロい場面はないので念のため。官能小説の作者、版元、挿絵画家の男3人のちょっとコミカルな友情が軸の歴史絵巻だ。愛情、友情、ギャグ、残酷描写、時代考証より華麗さ重視...... [続きを読む]

受信: 2009.02.07 23:25

» 「恋の罠」(2006・韓) [ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー]
ハン・ソッキュ主演の非恋愛映画「恋の罠」を見てきました。 普段韓国映画ってあまり観に行かないんですが、 これは別の映画を観に行った時にもらったチラシに載っていた ナビゲーション漫画が実に秀逸でして。 実際に見てみたら、序盤の展開は漫画そのものでしたね~。 今読み直すと、キャラクターの顔がかなり似ていて笑えます(笑) ↑これがナビゲーション漫画扉絵。描いているのは加西涼さんです。 さて、お話はこんな感じ。 「李朝の青年貴族、キム・ユンソ(ハン・ソッキュ)は  ... [続きを読む]

受信: 2009.02.08 09:52

» 「恋の罠」 [てんびんthe LIFE]
「恋の罠」シネマート六本木で鑑賞 原題は「음란서생」淫乱書生。(書生=作家を意味していると思われます) さすがにこれでは邦題にはなりません。 なったとしてもまるでポルノ映画だから普通にお客さんはいらなくなっちゃうわねえ。 しかし、「恋の罠」というこの邦題なかなかオシャレな雰囲気もあったし、予告が神田山陽を使っていたのでそれがなかなか興味をそそったということもあり、宣伝効果はなかなかのもの。 過激な原題ながら、取り上げているのは「ポルノ小説を書く」ということですから、そんな場面の実写はほ... [続きを読む]

受信: 2009.02.08 23:09

» 恋の罠〜淫乱書生〜 [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
恋の罠〜淫乱書生〜’06:韓国 ◆原題:淫乱書生◆監督・脚本: キム・デウ「スキャンダル」 (脚本) ◆出演: ハン・ソッキュ、キム・ミンジョン、イ・ボムス、オ・ダルス ◆STORY◆李朝時代の貴族で実直な官吏キム・ユンソは名文家を自負していたが、巷で大流行の淫らな本...... [続きを読む]

受信: 2009.02.09 23:27

« 映画『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『となり町戦争』(お薦め度★★) »