« 千葉ロッテ、3連敗で早くも最下位(第6戦/2勝4敗) | トップページ | 千葉ロッテ、4連敗(第7戦/2勝5敗) »

2009.04.10

映画『レッドクリフPartⅡ-未来への最終決戦-』(お薦め度★★★★)

090411_004401090411_003401

監督、ジョン=ウー。脚本、ジョン=ウー、チャン=カン、コー=ジェン、シン=ハーユ。アクション監督、コリー=ユン。2009年アメリカ・中国・日本・台湾・韓国。戦記映画。出演、トニー=レオン(周瑜・司令官)、金城武(諸葛孔明・軍師)、チャン=フォンイー(曹操・君主)、チャン=チェン(孫権・君主)、ヴィッキー=チャオ(尚香・孫権の妹)、フー=ジュン(趙雲・劉備の武将)、中村獅童(甘興・周瑜の部下)、リン=チーリン(小喬・周瑜の妻)、ユウ=ヨン (劉備・君主)、ホウ=ヨン(魯粛・孫権の重臣)、バーサンジャプ(関羽・劉備の武将)、ザン=ジンシェン(張飛・劉備の武将)、トン=ダーウェイ(孫叔材・曹操の兵士)、ソン=ジア(驪姫・踊り子)、チャン=サン(黄蓋・孫権の武将)。

気合いを入れて公開日本日4/10にレイトショーで鑑賞しました。
20:45開始にもかかわらず、PartⅠで魅せられ完結編を待ちかねた方が多かったようでほぼ満員でした。

ためて、ためて、ためて、ためて、最後に爆発しました。赤壁の戦い、堂々の完結です。天晴れ!
非ハリウッド映画のアジア映画として世界市場に金字塔を打ち立てる超大作となりました。ジョン=ウー監督は素晴らしいです。クライマックスはチャン=イーモウ監督『HERO』を彷彿とさせるシーンが観られました。中国のアクション映画の表現は近くなってしまうのでしょう。曹操軍80万人・2000隻VS連合軍5万人・200隻の戦いは予想以上に凄惨を極めます。単なるアクション活劇ではありませんでした。戦争の無常さが伝わってきます。
1作目は"動"、2作目の今作は"静と動"の構成です。今後前編と後編を繋げて一本で上映する計画があるのではないでしょうか。巧く作られています。

半券の次の写真ですが、入り口で半券を切り渡された後に、"レッドクリフ プレミアム カード"をもらいました。プラスチックのしっかりしたカードです。裏面に2つの特別優待が記載されていました。

①『レッドクリフPartⅡ』特別劇場優待 200円割引 一般・大学生(劇場窓口料金より)
②『レッドクリフ』協力各社での特別優待
 プレミアム会員のみの特典情報は、公式サイト、モバイルサイトにて随時発表致します。

「*このカードは、無料にて他人への譲渡や貸与が可能です。」とあり、面白いプロモーションツールです。絵柄が複数あるのでコレクター欲を刺激されます。
1作目は興収50億円で、本作で100億円を狙う2つの柱のマーケティング戦略を敷いているようです(日経エンタテインメント!5月号から引用)。

1)リマンイド・プロモーション
・3月11日にDVDリリース。
・3月27~29日、4月10~12日にTSUTAYAでレンタルDVD半額キャンペーン。
・4月10日(金)公開。
・4月12日にテレビ朝日系『日曜洋画劇場』でテレビ放映。

2)新規開拓
・「PartⅡだけ観ても面白い」とアピール。
・前説:冒頭に2分半のPartⅠの日本語によるあらすじを加えた。PartⅠ同様、日本独自の施策。

100億円行くのか興味があります。4月12日のテレビ放映でPartⅠをもう一度観ます。

|

« 千葉ロッテ、3連敗で早くも最下位(第6戦/2勝4敗) | トップページ | 千葉ロッテ、4連敗(第7戦/2勝5敗) »

コメント

おはようございますnote

この作品、パート1で圧倒的なアクションシーンを見せて掴み、パート2ではストーリー中心で見せる、そんな感じを受けました。
フィクションであったり、架空の人物が出てはいましたし、突っ込み所もあったですが、三国志の魅力「個々のキャラクターの魅力と壮大なスケール観」はしっかり描かれていて、これは正にジョン・ウーの“三国志”と言っていいんだろうなとhappy02

>"レッドクリフ プレミアム カード"

ぶっsign02
私は試写で観たんですが、「これは試写会いらっしゃった皆さんだけへの特典です。」とか言ってたんですね、んで、公式サイトのブログ登録みたいなのをしたら、前日にメールがきて、「登録してくださった方に心ばかりのお礼です。」って、要は全員に配ってるんじゃんsign01(笑)

さすがはエイベックスですな。(苦笑)

投稿: KLY | 2009.04.11 09:20

>KLYさん、コメントありがとうございます。

>この作品、パート1で圧倒的なアクションシーンを見せて掴み、パート2ではストーリー中心で見せる、そんな感じを受けました。
強弱をつける編集を行ったのだろうと思います。
前編・後編で1つの作品となるように作られていますよね。
大した作品になりました。

>要は全員に配ってるんじゃん(笑)
それはそれで凄いですね。
100億円の興行収入ということは、このカードだけでも何百万枚発行するということになります。単価は大量に作るので一枚当りの金額は安くなるでしょうが、数千万円の費用になることでしょう。恐るべしエイベックスです。

投稿: erabu | 2009.04.11 19:26

erabuさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
またお返しがうまくいかなくてコメントのみで失礼します。
ラストの無常観はよかったですね。
それにしても戦闘シーンはすごかった。
ちょっとしんどくなりました。
古典的な殺陣のアクションの方が私は好みなので
「Part1」に軍配です。

投稿: あさこ | 2009.04.11 21:18

>あさこさん、コメントありがとうございます。TBもOKでした。
ココログ同士なのに反映するまでタイムラグがあるようです。
ご心配お掛けしました。

>古典的な殺陣のアクションの方が私は好みなので
「Part1」に軍配です。
同感です。
確かにPart2のアクションはしんどさがあります。
どうしても大軍を席巻したスケールを出すために用いた表現なのでしかたありませんね。

投稿: erabu | 2009.04.11 21:42

こんばんは~♪
『ためて、ためて、ためて、ためて、最後に爆発しました。』
そうなんですよね~ためましたよね(笑)
私はセッカチなせいか、ための部分に時々イラっとしましたが、それでもPartⅠ、PartⅡ合わせて『非ハリウッド映画のアジア映画として世界市場に金字塔を打ち立てる超大作』だとは思いました!!
スゴク長時間になってもDVDで一気に観たいです!!

投稿: 由香 | 2009.04.12 00:21

初めまして、こんばんは。そして、TBありがとうございます。

>非ハリウッド映画のアジア映画として世界市場に金字塔を打ち立てる超大作となりました。ジョン=ウー監督は素晴らしいです
ですよね、ですよね!本当に‘いちアジア人’として?も誇りであり嬉しいですよね。
非常に良く作られているので、誰にでもお勧め出来る映画だと思います。
PⅡからでも~とCMでしていますが、やはりPⅠも観て欲しいところです。
上手い具合にDVDが出てますしねw
映画館で見てほしいと久し振りに思う映画でした~^^

投稿: 佐藤ゆき | 2009.04.12 00:36

>由香さん、コメントありがとうございます。

>私はセッカチなせいか、ための部分に時々イラっとしましたが
確かに"ため"過ぎかもしれませんね。
Part1の内容を忘れていると辛いかもしれません。

>スゴク長時間になってもDVDで一気に観たいです!!
同感です。
前後編を一気に観るとスッキリすると思います。

投稿: erabu | 2009.04.12 09:54

>佐藤ゆきさん、コメントありがとうございます。

>ですよね、ですよね!本当に‘いちアジア人’として?も誇りであり嬉しいですよね。
アジアのパワーを感じさせる作品になったのは間違いありませんね。
嬉しい限りです。

>映画館で見てほしいと久し振りに思う映画でした~^^
本当ですね。
TVで観たら勿体無いと後悔する映画です。
絶対に劇場鑑賞すべきですよね。

投稿: erabu | 2009.04.12 09:58

erabuさん、こんにちは。
TBどうもありがとうございました。
初めてのTBでしたので、うまく反映できたかどうか・・・
ご確認をお願いいたします。

お恥ずかしながら、三國無双というゲームで三国志にはまったのですが、
三国志を読むにつけ、感動しまくっております。

PART1では、小喬が少し浮いているような感じを受けてしまっていたのですが、
PART2で、払拭!(^^)
レッドクリフ仕様に軍配を上げたウリャでした。

PART1に、母をむりくり連れて行ったのですが、
PART2も一緒に見に行ってねと、頼まれてしまっています。
感動、迫力、申し分のない映画ですねw

投稿: ウリャ | 2009.04.12 11:36

>ウリャさん、コメントありがとうございます。
初TBだったのですね。反映は問題ありません。OKです。

>PART1に、母をむりくり連れて行ったのですが、
PART2も一緒に見に行ってねと、頼まれてしまっています。

お母様に喜ばれて良かったですね。

>感動、迫力、申し分のない映画ですねw
同感です。
映画館に早く行かなければと感じさせる作品は久しぶりでした。

投稿: erabu | 2009.04.12 19:11

TB有難うございました。
中盤からのアクションの見せ場の連続に、時間を
忘れて見入ってしまいました。
前半がもう少し締まってくると最高だったのですが。
しかし、勇気、愛、結束力、信じる心。
胸が熱くなる要素たっぷりの映画でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2009.04.12 21:26

>シムウナさん、コメントありがとうございます。

>前半がもう少し締まってくると最高だったのですが。
そうでしたね。
あまりに"ため"が多かったと感じました。
本当に良い映画でした。

>もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
は~い。了解しました。

投稿: erabu | 2009.04.12 22:13

erabuさん こんにちは♪

いいですねぇ~プレミアムカード!
そうですかぁ~こんな特典があったんですねぇ。
これは記念になります!

>1作目は"動"、2作目の今作は"静と動"の構成です。

まさしくその通りでしたね!
1作目で余りにも興奮してしまった私でしたが、昨夜のTV放映を少しだけ観ていて思い出したのが、あのずーっと鳴り響いていた太鼓の音でした。
ドンドンドンというあの音が更にワクワク感を伴いました(笑)

後半での前半は打って変わって嵐の前の静けさ的な趣きでしたよね。

そしてクライマックスで一気に爆発させたという切り替えが素晴らしかったです。
三国志に疎い私などにはこれで充分な気がしています。

投稿: なぎさ | 2009.04.13 08:55

TBありがとうございます。
私は"プレミアム カード"なるものはもらえませんでした。
12日に見たのでもう品切れだったのかな。

投稿: らしか | 2009.04.13 21:04

>なぎささん、コメントありがとうございます♪

プレミアムカードの試みは面白いです。
是非プロモーションの定番にしてもらいたいと思います。

>後半での前半は打って変わって嵐の前の静けさ的な趣きでしたよね。
太鼓の音が少ないのでワクワク感が弱かったのかもしれません。
Part2の静けさはOKでした。

>三国志に疎い私などにはこれで充分な気がしています。
三国志を今から読もうとすると大変ですよね。
今作のように映画で理解を深めるのがわかりやすくで良いと思います。

投稿: erabu | 2009.04.13 22:19

>らしかさん、コメントありがとうございます。

プレミアムカードはプロモーションの一貫として鑑賞された方全員に配布されたわけではないのですね。
てっきり、どこでももらえるものだと思っていました。東京の劇場限定だったのかもしれません。
今後プレミアムとして価値が上がるかもしれませんね。

投稿: erabu | 2009.04.13 22:23

初めまして、そしてTBありがとうございます。

『レッド・クリフ』は久々に、大スクリーンと音響の良い設備で観る映画、「映画館」で観るべき映画だなぁ、って思いました。

ところで、Webにて『レッド・クリフ』をご覧になられた三国志ファンの方々が書いたりしている感想など拝見しておりますと、『レッド・クリフ』の展開に難色を示される方もいらっしゃるようです。

きかてぃkも、昔、『赤壁の戦い』を漫画で読み、TV人形劇を観たりして、その物語が頭に残っており、難色を示される方々が『レッド・クリフ』を観た時に違和感を感じられるのは分かるような気もします。

しかし、『レッド・クリフ』の表現の方が良いかなぁ、なんて思うところもありまして(孫権軍が曹操軍に攻撃を仕掛ける時のくだりとか)一概に良し悪しは語れないかなぁ、ってきかてぃkは思います。

なので、きかてぃkとしてはジョン・ウー監督解釈の『赤壁の戦い』、という事でも良いかなぁ、と思ってます。

そんなお話なんかも踏まえて、この映画は是非、映画館でお楽しみ頂きたいかな、なんて思います。

投稿: きかてぃk | 2009.04.23 02:16

>きかてぃkさん、コメントありがとうございます。

本当に映画館でこそ観るべき映画だったと思います。

三国志をほとんど知らないので、幸いにも映画の世界だけで楽しむことができました。
きかてぃkさん、今後ともよろしくお願いします。

投稿: erabu | 2009.04.24 21:40

TB感謝。貴blogから刺激を受けて頑張りますます。ちょくちょく寄らせて貰います。宜しくお願いします(^.^)(-.-)(__)。

投稿: 処遊楽 | 2009.04.25 13:01

>処遊楽さん、コメントありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: erabu | 2009.04.25 22:30

またまた、早速のTBでありがとうございます。

確かにハリウッド映画に対抗する「アジアの金字塔」であると思います。
見所たっぷりで、たくさん楽しめますよね。
こんな映画にたくさん出会いたいです。

投稿: de-nory | 2009.04.30 20:57

>de-noryさん、コメントありがとうございます。

>こんな映画にたくさん出会いたいです。
本当にそうですね。
本作は数年に何本あるかという作品だと思います。
これだけのスケールと内容のものはあまり思い浮かびません。

投稿: erabu | 2009.05.01 03:34

トラックバックありがとうございました!
こちらのブログの、映画に、かける熱情が素晴らしいですね~ ヽ(´▽`)/

投稿: ら・ぼーん | 2009.05.05 18:43

>ら・ぼーんさん、コメントありがとうございます。

>映画に、かける熱情
恐れ入ります(汗)。

投稿: erabu | 2009.05.06 03:05

お久しぶりです。
トラックバックありがとうございました。本来であれば映画館で観るべき映画ですよね。

100億円の費用をかけるなんて、10年前の中国では考えられなかったこと。中国の経済力の向上を身にしみて感じました。

トニーレオンと金城武の俳優としての格の差でこの映画がつくられている気がして、実際には周瑜がこれほどまでの人物だったのかな?という気はしています。
でも小喬はきれいでしたね。曹操のところへ向かうのがちょっと不自然な感じはしましたが。。。。

また寄らせてください。

投稿: wangchai | 2010.01.03 05:34

>wangchaiさん、本年もよろしくお願いします。

TVで何回か放映されていたので、観ようとしたのですが、画面が小さくて迫力を感じることができないので、諦めました。いつか大型テレビに換えられたらそのときに再鑑賞したいと考えています。

>実際には周瑜がこれほどまでの人物だったのかな?
>という気はしています。
>でも小喬はきれいでしたね。曹操のところへ向かう
>のがちょっと不自然な感じはしましたが。。。。

確かにそう思います。PartⅡは創作の部分が多くなっていたので評価を下げました。大作であればあるほど、話ををまとめるのは難しいのかもしれませんね。


投稿: erabu | 2010.01.03 19:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/44632158

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『レッドクリフPartⅡ-未来への最終決戦-』(お薦め度★★★★):

» 映画 「レッドクリフ Part II 」 [ようこそMr.G]
映画 「レッドクリフ Part II 」 [続きを読む]

受信: 2009.04.11 05:13

» 劇場鑑賞「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」 [日々“是”精進!]
レッドクリフオリジナル・サウンドトラックコンプリート・アルバム「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」を鑑賞してきました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 05:35

» 「レッドクリフPartII-未来への最終決戦-」みた。 [たいむのひとりごと]
「PartⅠ」は試写会で10月半ばの鑑賞だったこともあり、数日前に復習上映会でおさらいしての鑑賞。よって冒頭のダイジェストはハッキリクッキリ。2夜連続とかのTVスペシャルドラマのような感覚で見ることが... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 07:33

» レッドクリフ Part?―未来への最終決戦― [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『レッドクリフ Part?』にボーボー燃えたので超ベリベリ楽しみにしていました〜【story】西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操(チャン・フォンイー)軍を撤退させた孫権(チャン・チェン)・劉備(ユウ・ヨン)連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る―     監督 : ジョン・ウー【... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 07:35

» 『レッドクリフPartII−未来への最終決戦−』 (2009)/アメリカ・... [NiceOne!!]
原題:REDCLIFF:PARTII/赤壁監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン試写会場 : 中野サンプラザ公式サイトはこちら。<Story>曹操(チャン・フォンイ...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 08:01

» ■『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−』■ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国合作映画、トニー・レオン、金城武主演。 [続きを読む]

受信: 2009.04.11 09:23

» 「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」孔明の経験と周瑜の用意周到の策略で曹操軍を切り崩した赤壁の戦いの勝利 [オールマイティにコメンテート]
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」は昨年11月に公開された「レッドクリフ PartI」の続編で赤壁へ攻め込んできた曹操軍を迎え撃つ孫権・劉備軍が内部分裂の危機を回避し、欺きながら孔明と周瑜の策略で曹操軍を追い込み赤壁の戦いで激突するストーリーである。歴...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 09:32

» *レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−* [Cartouche]
{{{   ***STORY***         2009年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司令官・周瑜と孔明はお互いの首をかけての謀略を展開、周瑜は曹操軍2武将の謀殺、孔明は3日で10万本の矢の収集に成功する。やがて曹操軍に潜伏していた孫尚香が帰還、決戦へ向けて本格的な準備が始まり……。..... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 09:36

» レッドクリフ Part ? / RED CLIFF 2 / 赤壁・決戦天下 [我想一個人映画美的女人blog]
前作は最速マスコミ試写というもので観たのは去年の8月初旬! その時は「part 1」なんてタイトルにも全くなくて え?!これで終わり!?いいとこで続くなの{/eq_1/}前後編だなんて聞いてないよ!状態。 そのせいもあるし、そもそも三国志を良く知らないっていうのもあって 前編の評価はフツウ。。。 {/round_o/}レッドクリフ Part1 migレビュー{/round_o/} この度、ついに後編公開。 もう前回の忘れてきちゃったしどうでもいいかも、、、、、。 なんて思ってたんだけど ヴィ... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 10:10

» レッドクリフ part2 [Akira's VOICE]
なが〜〜〜い前フリに耐えた先に,見応えが待つ!   [続きを読む]

受信: 2009.04.11 10:21

» RED CLIFF PartII [カメリア・シネンシスのココロ]
今日は封切り初日のRED CLIFF IIを見てきました。 土日だとすごい人なん [続きを読む]

受信: 2009.04.11 11:05

» レッドクリフPartⅡ [めでぃあみっくす]
やっぱり「三国志」は面白いです。歴史としてよりも映画として個人的にはあれこれ不満が残るところはありましたが、それでも最後まで楽しめる映画だったと思います。そして改めてジョン・ウー監督は英雄が大好きなんだと思いました。英雄大集合のラストも『男たちの挽歌』の....... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 13:15

» 映画「レッドクリフPart2−未来への最終決戦−」試写会@東... [masalaの辛口映画館]
 今回はいつもお世話になっているYahoo!映画さんの「ムービーレビュアー」として招待された。客入りはイマイチで7割ほど。 映画の話 2000隻の軍船を率いて信仰してきた曹操軍に、孫権の妹・尚香が潜入。そこで得られた情報をもとに、周瑜、孔明は秘策を練る。そ...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 13:18

» レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- [映画君の毎日]
//ストーリー//西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 15:45

» 『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
Yahoo!映画のレビュアー試写に当たって、東京厚生年金会館に『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』を観てきました。 開場10分過ぎくらいに行ったのに、まだ外に行列が出来ていたから結構混んでるのかなと思って入ってみたら、思ったほどには混んでない。。。 でも、... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 17:04

» 『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−』 [Sweet*Days**]
監督:ジョン・ウー  CAST:トニー・レオン、金城武、 他 西暦208年、中国三国時代。大群を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍に対... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 17:45

» レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦― [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『戦いは赤壁<レッドクリフ>へ。 連合軍は、絶対絶命・・・激戦は続く。』  コチラの「レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―」は、昨年11月に公開されて日本でも大ヒットした「レッドクリフ Part I」の続編、前後編の後編なので残念ながらこれで完結となる4/10...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 18:47

» 「レッドクリフ Part Ⅱ -未来への最終決戦-」 歴史に残るスペクタクル [はらやんの映画徒然草]
「レッドクリフ partⅠ」は昨年10月に試写会で観たので、半年間も待ちました。 [続きを読む]

受信: 2009.04.11 19:30

» レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦― [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。ジョン・ウー監督、トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリン。昨秋の「レッドクリフ PartI」 の続編。冒頭「世界的金融危機の今、この映画観て頑張ろう」といった趣旨のメッセ...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 19:46

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― [to Heart]
製作年度 2009年 原題 RED CLIFF: PART II/赤壁 上映時間 144分 製作国・地域 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監督 ジョン・ウー 音楽 岩代太郎 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォン/イーチャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チーリン/ユウ・ヨン/ホウ・ヨン/トン・ダーウェイ/バーサンジャプ/ザン・ジンシェン {/book_mov/}西暦208年、魏呉蜀が争う中国・三国時代。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 20:48

» レッド・クリフ Part2 [とっさの絵日記]
初日の朝イチに行ってきました!そのシネコンでは金曜の朝イチは1000円なのでまず [続きを読む]

受信: 2009.04.11 21:11

» レッドクリフ PartII 未来への最終決戦(試写会) 赤壁 決... [まてぃの徒然映画+雑記]
いやあ〜、戦闘場面は大迫力!!もうね、後半のドゴォーン!バカァーン!そして梁朝偉(トニー・レオン)演じる周瑜と張震(チャン・チェン)演じる孫権、胡軍(フー・ジュン)演じる趙雲を中心とした大立ちまわり、やっぱり呉森林(ジョン・ウー)凄いです。これでもか、...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 22:37

» [レッドクリフPartII -未来への最終決戦-] 映画 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:RED CLIFF: PART II/赤壁公開:2009/04/10製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国上映時間:144分鑑賞日:2009/04/11監督:ジョン・ウー出演: トニー・レオン/周瑜 金城武/孔明 チャン・フォンイー/曹操 チャン・チェン/孫権 ヴィッキー・チャオ/尚香 ...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 23:03

» 映画レビュー「レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
レッドクリフPartII -未来への最終決戦-フォトamp;ストーリーガイド (TVTaro特別編集) (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)◆プチレビュー◆またもジョン・ウーの悪い癖が出た。それでも、待ちに待った赤壁の戦いに興奮必至である。 【60点】 西暦208年。撤退した曹...... [続きを読む]

受信: 2009.04.11 23:40

» レッドクリフ/赤壁 Part II −未来への最終決戦− [そーれりぽーと]
というわけで、どうもしっくり来なかったPart Iに続いて『レッドクリフ/赤壁 Part II −未来への最終決戦−』を観てきました。 ★★★★★ 前半のドラマパートは前回と同じく変わりまくるカメラアングルに目がチカチカして時々イラっとしますが、前回は総集編のような早足の描き方だったのに対して今回は赤壁に腰を据えての知略戦が中心なのでドラマとしては魅力的。 そして、後半に壮大なスケールの合戦を持ってきてスカっとさせる作り。 この辺の構成が前作とは全然違って、じっくりひとりひとりを観察して感情移入し... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 00:07

» レッドクリフ part II を観たゾ [ヤジャの奇妙な独り言]
三国鼎立の契機が描かれている レッドクリフ part IIー未来への最終決戦ー を観ました [続きを読む]

受信: 2009.04.12 00:52

» 映画「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」 [FREE TIME]
注目の映画「レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2009.04.12 00:53

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―   試写会鑑賞  [レンタルだけど映画好き]
赤壁で、激突。-信じる心が、未来を変える。 風は未来へ。-男たちの結束が揺らぐ時、女たちの勇気が動き出す。 2009年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  日本公開日2009/04/10  監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェ... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 00:56

» 『レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦―』 [唐揚げ大好き!]
赤壁で、激突。 ――信じる心が、未来を変える。   ■2000隻の船と80万の大軍の圧倒的兵力で[赤壁]の対岸に大陣営を構えた曹操。対する連合軍は前戦により兵も村人も傷つき、食料も不足。ある事件を機に民を想う劉備は撤退を決意。崩壊寸前の連合軍だが智略と信頼... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 05:49

» 「レッドクリフPART?〜未来への最終決戦〜」:赤坂高校前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}お墓の隣にある高校ってどうなのよ。 {/kaeru_en4/}死者を敬え、死人に学べってことだろ。 {/hiyo_en2/}まあね、学問、とりわけ歴史っていうのは、先人たちの行いを知るっていうことだからね。 {/kaeru_en4/}死屍累々の歴史と言えば、まず思い浮かぶのは三国志だろう。 {/hiyo_en2/}たしかに。中国的なスケールだから何人死んだかわからない。 {/kaeru_en4/}映画の「レッドクリフ」とか観ても、その数は想像のしようがない。 {/hiyo_... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 10:19

» 「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 [みんなシネマいいのに!]
 実は世間で言うほど前編が面白いとは思えなくて、後編もあまり食指が動かなかったが [続きを読む]

受信: 2009.04.12 10:28

» レッドクリフPart?-未来への最終決戦- [★ Shaberiba ★]
三国志「赤壁の戦い」の全貌が今明らかになる!! [続きを読む]

受信: 2009.04.12 10:57

» レッドクリフ PART2 見ました♪ [今日と違う明日に・・・]
少々ネタバレ注意報発令中 レッドクリフPART2 を見に行ってきました。 少々ネ [続きを読む]

受信: 2009.04.12 11:26

» 「 レッドクリフ PartⅡ -未来への最終決戦-」プチレビュー [気ままな映画生活]
レッドクリフ2部作の完結編、PartⅡを鑑賞してきました。 本日、地上波にてPartⅠが放送されます。 ある記事で、PartⅠは50億の興行収入、PartⅡは100億を 狙っていると書いていました。 [続きを読む]

受信: 2009.04.12 12:36

» 『レッドクリフ Part II 』 ('09初鑑賞43・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 4月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009.04.12 14:25

» 「レッドクリフ・PartⅡ」&「心臓病」の本 [逃げないほうが楽なんだよ]
今日は、体はだるかったのですが、思い切って、映画「レッドクリフ・PartⅡ」を見 [続きを読む]

受信: 2009.04.12 16:25

» 「レッドクリフ PartⅡ ~未来への最終決戦~」 [利用価値のない日々の雑学]
昨年のカンヌ映画祭上映以来、まさかの作品二分割。そして、「レッドクリフ PartⅠ」に至ってはレビューにも既に書いたが、これまでの「三国志演義」に於ける、無論歴史的事実からみれば可也脚色された「通説」があったにも関わらず、新たにジョン・ウーとしての新解釈を随所に加えた「赤壁の戦い」ならぬ「レッドクリフ」は、自他共に認める「三国志フリーク」の筆者は困惑のどん底に突き落とされ、しかし前作においては、この作品は「赤壁」では無いという自分自身の勝手気儘な納得の上に、何とか、この日の上映に併せ這い上がって... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 18:20

» [Review] レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [Diary of Cyber]
赤壁の戦いも、いよいよ架橋へ。様々な将校、様々な参謀、様々な豪傑、それを支える様々な人物が、それぞれの思惑、それぞれの覚悟を背負い、赤壁の地に集う。 圧倒的な軍勢を率いる曹操軍と、英知と策略に長けた周瑜と諸葛亮。赤壁の戦いを制することは、武力や人数だけでは成しえない。誰が誰を欺き、利用し、そして『赤壁』という地の特長を熟知しそれを活かすか。三国志の中で最も過酷と言われた戦いの火蓋が、切って落とされる! その『過酷』な戦いという伝説の通り、赤壁の戦いは、もはや凄惨の一言。武侠映画にある... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 21:24

» レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-/Red Cliff Part2 [いい加減社長の映画日記]
公開初日の金曜日に観ていたんですが、書くのがちょっと遅くなってしまいました^^; 「Part I」では、肝心の戦いになる前に終わってしまい、ちょっと肩透かし気味でしたが。 今回は、たっぷりと見せていただきましょう。 「UCとしまえん」は、平日の夕方にしては、ちょっと多めかな。 「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」は、大きめのスクリーンで、3割程度。 【ストーリー】 西暦208年、80万の大軍で天下統一を目指す帝国の支配者・曹操。 標的となった孫権軍と劉備軍は、敵同士ながら連合軍... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 22:13

» 『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』を観ました三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編です>>『レッドクリフPartII―未来への最終決戦―』関連原題: REDCLI...... [続きを読む]

受信: 2009.04.12 23:03

» レッドクリフPart2/未来への最終決戦 [ぷち てんてん]
☆レッドクリフPart2/未来への最終決戦☆(2009)ジョン・ウー監督トニー・レオン金城武チャン・フォンイーリン・チーリンヴァッキー・チャオフー・ジュン中村獅童ストーリー 80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ劉備・孫権連合軍は、軍師・孔明の知略と指揮官・周瑜の活...... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 07:34

» レッドクリフPart?-未来への最終決戦- [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2009年4月10日(金) 公開 ★★★★★ これでスッキリ 星5つ! あらら、みんなダンゴをありがとう♪ダンゴで乾杯! 私は結構Part?が好きでして。 とにかく興奮しまくりました! で、後半はどちらかと言えば落ち着いて最後まで観れましたね。 前半に引き続き導入部分での簡単なCGでの説明や、あらすじ的な所もおさらいになっていて分かりやすかったです。 昨晩、TBSの「世界、ふしぎ発見!」を途中から見てしまいまして。 だ... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 08:49

» レッドクリフ Part II [花ごよみ]
監督はもちろんジョン・ウー。 前回に続き、今回も最初に、 人物に関しての、説明が成されていて、 サービス精神たっぷり、 理解しやすくなっています。 中国・長江での戦いのクライマックス、 三国志の中のレッドクリフ 赤壁の戦い! 両軍の戦いの心理作戦の面白さ。 戦いのシーンのすごさ!! 後々まで印象に残るのは燃える火の色。 疫病に戦争、 多くの人の命を奪ってしまう残酷さ。 戦争のむなしさ、むごさを感じます。 尚香(ヴィッキー・チャオ)の友情は ほほえましくも悲しくて この映画で唯一、泣ける... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 09:22

» ■赤壁の闘い〜レッドクリフ・パーツ?-未来への最終決戦 [AKATUKI DESIGN]
TVでしきりにプロモーション活動をしているレッドクリフ。 パ−ト?を見損なっていたので我が家の5.1ch初のDVD鑑賞を。 臨場感たっぷりで金城武の魅力が存分に伝わってきます。 周愉役のトニーレオンもかっこ良かったですが、甘興役の中村獅童もグッド。 う〜ん細マッチョ。 というわけで? すっかりレッドクリフの世界に惹きこまれてしまい・・・ これは早く続編を見なきゃということでパート?を見に行ってきました。 --- パート?では見所が二つあって、赤壁での本戦と孔明と周愉の策略が見事でした。 敵... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 09:30

» レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦- [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[レッドクリフ] ブログ村キーワード 評価:8.0/10点満点 2009年33本目(31作品)です。 前作ではスケールの大きな戦闘シーンにインパクトを与え、今回の場合は、ストーリー中心の内容になっています。 ジョン・ウー監督が「アジアのスタッフ中心でハリウッドに負けない..... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 10:29

» レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- [映画どうでしょう]
映画レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-の感想 ストーリーはわかっ... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 12:21

» 世界に平和を、あなたに「決断」を。~「レッドクリフPart2」~ [ペパーミントの魔術師]
やっぱり孔ピーが好きっ♪ ということで、この画像。(壊れてる壊れてる・・・) さあこれからって時に 続くってなんだよぉ~~~だったパート1. ある意味、フィクションをノンフィクションに近づけ、 ないもんを膨らませて完結したパート2.(わわわわわ) それはホ..... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 14:47

» 映画 『レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−』 [きららのきらきら生活]
『戦いは赤壁へ。連合軍は絶体絶命・・・激戦は続く。』 [続きを読む]

受信: 2009.04.13 19:13

» レッドクリフって… [美容師は見た…]
  「赤壁」なんですね。  しかも「赤い壁」でもなく(笑)  現在は赤壁市だそうです。  何も知らずに観た私σ(^_^;  金城君は気になってたんですが、  観ることになるとは…  『レッドクリフ2』面白かったです♪昨日テレビで放映された『レッドクリフ partⅠ』を観ま... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 22:43

» 2009-46『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2009-46『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』(更新:2009/04/13) * 評価:★★★★☆ 仕事帰りですの観賞でした。 土曜日も仕事なので初日の最終で観ちゃいますね。 土日は最後に花見出来そう..... [続きを読む]

受信: 2009.04.13 23:35

» レッド・クリフ 2 [迷宮映画館]
やっぱ・・・趙雲でしたねええ。 [続きを読む]

受信: 2009.04.14 08:07

» レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- [マー坊君の映画ぶろぐ]
「レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-」監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン配給:東宝東和、エイベックス・エンタテインメント概要:大軍を率いて...... [続きを読む]

受信: 2009.04.14 08:40

» 「レッド・クリフ Prat2」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画 nbsp;昨年観たPart1が想像以上に良かったので、期待していた本作。大満足の2時間半でした。Part1では金城武が思いのほか大活躍で驚きましたが、1〜2を通しての主役はやはりトニー・レオン演じる周瑜でした。もちろん金城武演じる孔明も大きな見せ場もあり、十分な存在感でした。それぞれのキャラクターの描き方が明確で、ファンを楽しませる分かりやすい演出と、王道を行くようなアクションシーンの構図に、すっかり魅了されました。中村獅童も大健闘でした。登場シーンはそれほど多くあ... [続きを読む]

受信: 2009.04.14 11:07

» ★レッドクリフPartII―未来への最終決戦―(2009)★ [CinemaCollection]
REDCLIFF:PARTII赤壁上映時間144分製作国アメリカ/中国/日本/台湾/韓国公開情報劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2009/04/10ジャンル歴史劇/アクション/ドラマ【解説】三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒ...... [続きを読む]

受信: 2009.04.14 11:43

» レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ... [続きを読む]

受信: 2009.04.14 12:05

» 「レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−」試写会観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「レッドクリフ Part II −未来への最終決戦−」 (原題:RED CLIFF: PART II 赤壁) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、チャン・サン 勇気と結束を武器を武器に、激戦の末、曹操軍を撃破した孫権・劉備の連合軍。 思わぬ敗戦に怒る曹操は2000隻の戦艦と80万の軍勢を率いて、今... [続きを読む]

受信: 2009.04.14 16:24

» 勝者はいない。『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』 [水曜日のシネマ日記]
昨年11月に劇場公開された『レッドクリフ Part I』の続編です。 [続きを読む]

受信: 2009.04.16 06:39

» 映画 「レッドクリフ PartⅡ 字幕版」感想 [くまっこの部屋]
レッドクリフ早く見たかったのですけど、少し我慢してTOHOシネマズデイの今日まで [続きを読む]

受信: 2009.04.16 23:27

» レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- [ダイターンクラッシュ!!]
4月12日(日) 20:20~ TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-』公式サイト 完結編は、アクション満載の人海戦術戦闘映画だ。 劉備と三武将が、すぐに居なくなりやがって、関羽マニアの俺には不服。最後決戦には、当然かけつけるのだが、あまり活躍しない。張飛もしかり。趙雲はそれなりに活躍する。 あ、前も書いたけど、三国志読んだことないから、関羽マニアというのは、あく... [続きを読む]

受信: 2009.04.17 14:37

» レッドクリフ PartⅡ 未来への最終決戦 [CINEMA見聞録 ]
 西暦208年、魏・呉・蜀が争う三国時代。天下統一に動く曹操軍は敵の砦・赤壁を前 [続きを読む]

受信: 2009.04.17 21:42

» レッドクリフ Part II 未来への最終決戦 [だらだら無気力ブログ]
曹操の荊州侵攻から赤壁の戦い前までを描いたジョン・ウー監督の 『レッドクリフ PartⅠ』の続編。今作ではクライマックスの赤壁の戦いを 描く。西暦208年、曹操は同盟を組んだ劉備・孫権連合軍5万を討つために連合軍が 駐屯する赤壁の対岸に80万の軍勢と2000隻の戦艦を配..... [続きを読む]

受信: 2009.04.17 22:30

» レッド・クリフPart?未来への最終決戦:勝者は?(映画) [漢方薬剤師の日々&映画]
燃え盛る炎の中、敵味方入り混じっての大混戦。 ブレインがどんなに素敵な兵法をあみ出しても、 戦場はもう、どろどろのずたずた、残酷極まりない。{/m_0252/} おまけに、疫病も流行って多くの人が命を落とす・・・ この壮絶な戦争シーンには、監督の意思を感じました。 「勝者はいない」 と、言い捨てる周瑜のセリフがチクッと心に刺さります。 いったい「未来への最終決戦」という希望的な言葉の意味は何だったんでしょうか。 ジョン・ウー監督の描く戦いは、破壊と犠牲{/m_0163/}でした。 (ちょっ... [続きを読む]

受信: 2009.04.18 18:25

» 映画を観た〜レッドクリフPartII −未来への最終決戦−〜 [垂直落下式どうでもいい話]
本文はこちら→ [続きを読む]

受信: 2009.04.19 00:11

» ★「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、14日という事で1本1000円で見られる「TOHOシネマズ」で3本まとめ観っ。 中国もの・イギリスもの・フランスものの3本立てでしたよーーー。 [続きを読む]

受信: 2009.04.19 02:12

» レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− [Yuhiの読書日記+α]
ジョン・ウー監督の「レッドクリフ Part?」に続く、赤壁の戦い2部作の後編。キャストは前作と変わらず、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン他。 <あらすじ> 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司令官・周瑜と孔明はお互いの首をかけての謀略を展開、周瑜は曹操軍2武... [続きを読む]

受信: 2009.04.19 11:30

» レッドクリフPart?−未来への最終決戦− [今日の出来事]
レッドクリフPart?−未来への最終決戦−を見に行ってきました! 前回よりも迫力のあるシーンばかりで圧倒されまくりでした^^ そして今回は字幕で見たので俳優さんたちの声を聞いて ますます三国志の世界へとハマっていきました。 日本語じゃなかなかでない雰囲気をかもしだしてます。 もちろん吹き替えでもすごく面白いです! 最近DVDを借りてPart?を改めて見た時に 父や弟が「何か違うなあ」とブツブツ文句を言いながら でもそれでも全部見てました笑 なんだかんだ言いながらも最後まで見させてし... [続きを読む]

受信: 2009.04.20 15:01

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― (2009・アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) [白ブタさん]
待ちに待った後編。1週遅れましたが見てきました☆ やっぱり満員でしたね~ [続きを読む]

受信: 2009.04.20 19:21

» 【映画】レッドクリフ PartII [新!やさぐれ日記]
▼動機 Part1を見てしまったため ▼感想 創作三国志としては中々面白いんじゃないだろうか? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 西暦208年、中国。孔明(金城武)の奇策で曹操軍を撤退させた孫権・劉備連合軍だったが、食料不足と疫病のために戦意も尽きようとしていた。そこに曹操軍の2000隻の戦艦と80万の兵士が逆襲。司令官の周瑜(トニー・レオン)と孔明が作戦を仕掛けようとする中、周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)がある行動に出る。 ▼コメント 前作の次回予告で「レッド... [続きを読む]

受信: 2009.04.22 00:00

» レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦― [ジャスの部屋 -映画とゲーム-]
映画「レッドクリフ PartⅡ ―未来への最終決戦―」の感想です [続きを読む]

受信: 2009.04.22 10:47

» レッドクリフⅡ未来への最終決戦 ▲60 [レザボアCATs]
去年萌えた『レッドクリフ Part.Ⅰ』。公開間際まで、PartⅠとすら知らされずにいたのに、気付けば「あれって、今回で終わりなの?3部作じゃないの?」なんて声もチラホラ聞こえるこの作品。... [続きを読む]

受信: 2009.04.22 13:50

» 映画 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 [ちょっとひとことええでっかぁ―♪]
絶対公開日の前日辺りにPart?をテレビ放映すると思ったのに… 復習することなく公開初日に観に行って来ました。 テレビ放送は明日だった... [続きを読む]

受信: 2009.04.22 13:53

» レッドクリフPART? [放浪映画人]
監督:ジョン・ウー 2009年公開(USA/中国/日本/台湾/韓国) 当初、三部作で公開される予定だった当作品ですが、何故か、このPART?で完結になっていました。 まあ、面白い作品である事は間違いありません。 戦いの駆け引きとか、友情、愛情などもしっかりと描かれていて、最後まで飽きる事無く観賞出来ました。 戦闘シーンも迫力があり、緊張感が漂っていました。 ただ、残念なのは、ラストあたりのストーリーが、どうもスッキリしない。 何故に敵の大将を生かしたままにしたのか?何故そこでええカッコをするのか?... [続きを読む]

受信: 2009.04.22 19:49

» 「レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-」誰?こんな長いサブタイ付けたの! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[レッドクリフ] ブログ村キーワード  大ヒットした「Part Ⅰ」に続いて、いよいよ完結編の公開。「レッドクリフ PartⅡ-未来への最終決戦-」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。しっかし、チラシのどこにもこんなサブタイ書いてなかったけどな~。  2000隻の船と80万の兵力を誇る、曹操(チャン・フォンイー)率いる“魏”の大軍と、劉備(ユウ・ヨン)、孫権(チャン・チェン)率いる5万の連合軍は、決戦の地“赤壁”で長江を挟んで対峙する。劉備に仕える軍師・孔明(金城武)の卓越... [続きを読む]

受信: 2009.04.22 22:31

» 「レッド・クリフ PartⅡ-未来への最終決戦-」(赤壁下:決戰天下、RED CLIFF II)を観た [The徒然★Re-Mix]
 えーっと、映画『レッド・クリフ PartII-未来への最終決戦-』(赤壁下:決 [続きを読む]

受信: 2009.04.23 01:48

» 『レッドクリフ Part Ⅱ-未来への最終決戦-』 その迫力と美しさに、息をするのも忘れそう [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
『レッドクリフ Part Ⅱ-未来への最終決戦-』  監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン・ウー 製作: テレンス・チャン 音楽: 岩代太郎 脚本: カン・チャン / コー・ジェン / シン・ハーユ 美術・衣装デザイン: ティム・イップ アクション監督: コリー・ユン... [続きを読む]

受信: 2009.04.23 05:57

» レッドクリフPartⅡ−未来への最終決戦− [悠雅的生活]
案山子の舟。冬至の団子。東風吹かば。 [続きを読む]

受信: 2009.04.23 08:27

» レッドクリフPartⅡ −未来への最終決戦− [5125年映画の旅]
天下統一の野望に燃える曹操は、敵対する劉備・孫権の連合軍を撃つため、連合軍の拠点・赤壁の対岸に陣を構えた。連合軍の司令官・周瑜と天才軍師・孔明は曹操軍を迎え撃つ構えだったが、圧倒的な戦力差に加え、疫病の蔓延や矢の不足によって危機に瀕していた。一方、孫権...... [続きを読む]

受信: 2009.04.25 21:43

» 「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 [クマの巣]
「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」、観ました。 いよいよ曹操率いる魏軍が、赤壁に押し寄せる。義勇軍の劉備軍の協力体制も芳... [続きを読む]

受信: 2009.04.26 20:32

» レッドクリフ (トニー・レオンさん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆周瑜 役のトニー・レオンさん(のつもり)映画『レッドクリフ Part Ⅱ -未来への最終決戦-』を先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009.04.27 13:03

» 「レッドクリフPart? ―未来への最終決戦―」 [或る日の出来事]
おもしろくは、なかったなー。(つまらない、とは言っていないことに注意。) [続きを読む]

受信: 2009.04.27 23:12

» 『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』 [kuemama。の<ウェブリブログのへや>]
【RED CLIFF: PART II/赤壁 決戦天下】 2009年/米・中国・日本・台湾・韓国/東宝東和=エイベックス/144分 【オフィシャルサイト】 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリン... [続きを読む]

受信: 2009.04.28 13:14

» レッドクリフ Part II/未来への最終決戦 [墨映画(BOKUEIGA)]
「風、変わる時。」 今年のゴールデンウィーク映画は、楽しみな作品めじろ押し。 アカデミー賞作品も数多く公開になるし。 その中のひとつがこの「レッドクリフPART?」。 景気悪いから、休みが長い方多いのではないでしょか? かく言う私もその一人。 がんばって、早めのUPをしてゆきますから、ぜひ映画館へ。 孔明が予測した風向きの変わる時。 その時が訪れ、その風になびきながら向戦の羽根を振る。 その姿が非常に印象的で、絵的だった。 映画の題材的には、墨画にぴったり。少し気合をいれて描いたのですが。 下か... [続きを読む]

受信: 2009.04.30 20:58

» レッドクリフ PartII 未来への最終決戦 [メルブロ]
レッドクリフ PartII 未来への最終決戦 256本目 2009-17 上映時間 2時間24分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン  金城武  チャン・フォンイー  チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン  中村獅童 リン・チーリン 会場 新宿ピカデリー ....... [続きを読む]

受信: 2009.05.02 22:33

» 映画 「レッドクリフ Part?」 [After the Pleistocene]
 赤壁の戦いは西暦208年。まだ日本は大和朝廷が成立したかどうかもわからぬ時代。映画の時代考証としては、いろいろ研究するところが多かったと思う。あの三国志の時代にようやくお茶が上流階級に普及し始めたようだ。蹴鞠が映画のようなサッカーまがいのスポーツとして多数の観客を楽しませたかどうかは怪しい。また大勢の兵士に手紙を書かせるほど、紙もまた教育も広がっていたか誠に疑問だ。  文官、武官、兵士の服装や武器については始皇帝の兵馬俑が大いに参考になろう。しかし火薬を詰めた炮烙がかくまで破裂するに至っただろう... [続きを読む]

受信: 2009.05.03 10:21

» ★ 『レッドクリフ PartⅡ - 未来への最終決戦 -』 [映画の感想文日記]
2009年。中国/日本/台湾/韓国/アメリカ。Red Cliff: Part Ⅱ.   ジョン・ウー監督。  第1作目を見たときには、物語が「赤壁の戦い」の手前で終わっていたこともあり、すぐに続きを見てみたい、出来れば2つに分けずに1本で見たかった、と思... [続きを読む]

受信: 2009.05.03 12:42

» 映画:レッドクリフ PartII -未来への最終決戦- [よしなしごと]
 三国志には興味がなかったのですが、ジョン・ウー監督の超大作、その美しさと迫力に圧倒されてしまったPart Iの続編、レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009.05.03 18:25

» 『レッドクリフ Part II/未来への最終決戦』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
ジョン・ウー監督の「赤壁」二部作の後編を、ようやっと観てきました。前編はいよいよ赤壁の戦いが始まるというところで終ってしまったので、観た人は誰しもフラストレーションがたまったのではないかと思いますが、待たされただけのものはあったと思います。 それにしてもこのサブタイトル、かなり大げさですね。 ”苦肉の策”は否定してしまう辺りが新解釈なのかも知れませんが、奇門遁甲の法術こそ使わないものの、孔明が天文から風向きが変わることを読んだり、策を用いて十万本の矢を得るエピソードも取り入れられて、「三国志... [続きを読む]

受信: 2009.05.04 22:01

» 『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』@新宿ピカデリー [映画な日々。読書な日々。]
ブログネタ:最近映画館で観た作品 参加中 大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍に疫病を蔓延させる。これが原因で劉備軍は撤退、だが諸葛孔明だけは赤壁に残った。そんな中、孫権軍司令... [続きを読む]

受信: 2009.05.04 22:43

» レッドクリフ Part? [ふぴことママのたわ言]
Part?を観終えたときから楽しみにいていた後編。 やっと観に行くことが出来ました。 ネットで軽く復習しているうちに気分が盛り上がってきました。 本編の前にも前回の説明があり、相変わらず至れりつくせりです。 慣れない土地で疫病が蔓延してしまった曹操軍。 しかし、死者達を弔わずに卑劣にも道具にしてしまう曹操。 それが原因で疫病に侵される連合軍。 まさに頭脳戦開始です。 予告にも出てくる矢の嵐、戦いは確認や冷静さを失った方が負け。 熱くならないようにと扇子を手放さない孔明、彼の気象を読む才能は素晴... [続きを読む]

受信: 2009.05.05 08:20

» 映画『レッドクリフPartⅡ』を見た感想と蒼天航路記事について。 [休羽捫虱帳]
三国志はかっこよく描くのが一番です!!!  映画ネタバレ大いにあり。。。最後は蒼天航路の記事に [続きを読む]

受信: 2009.05.05 16:08

» レッドクリフPartⅡ -未来への最終決戦- [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
三国志の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を映画化した作品。「レッド・クリフPartⅠ 」の続編で、本作が完結編となります。 大軍を率いて赤壁に進攻してきた曹操軍。曹操は、疫病で死んだ自軍兵士の遺体を対岸の孫権・劉備連合軍の元へ船で流し、連合軍にも疫病を... [続きを読む]

受信: 2009.05.06 09:58

» レッドクリフ Part 2 愛のローリング・キャッチ [監督:ジョン・ウー] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
「未来への最終決戦」というサブタイトルが信じられないダサさで、かつ五丈原までのこと考えたら「最終」なわけねーだろ、と思ったので自分なりに作品にあったサブタイトルを考えてみました。... [続きを読む]

受信: 2009.05.06 22:03

» レッドクリフ PartⅡ [【Blue Station!】]
今年15本目 映画館 評価:1-2-3-4-5-6-7-8-(9)-10 赤壁の決戦 業火は凄かった  PartⅡも映画館で鑑賞しました。 赤壁の戦い活躍したのは、孫権軍ですかね。劉備軍の活躍はあまり目立たなかった。 孔明の活躍は、10万の矢を取得する所のみでしたね。風を吹かせるのではなく、雲の流れを読み風が吹くのを予測しただけで、祭壇作ってお祈りをしないのかーと。 今回は、 曹操軍敵陣への突進は、周瑜と孫権が目立ったねー。関羽と張飛も出てきたか。 前回の九官八... [続きを読む]

受信: 2009.05.07 00:12

» ●レッドクリフ Part?−未来への最終決戦(19) [映画とワンピースのこでまり日記]
原作読まなきゃ良かったよ。 [続きを読む]

受信: 2009.05.07 17:25

» レッドクリフpart?(ネタバレ) [ぐらのにっき]
part1に引き続き観て来ました。 part1では色々と文句言いましたが、アンディ・ラウ主演の「三国志」を観たら「レッドクリフはなんだかんだよく出来てたよな・・・」という感想に(汗) part2もツッコミどころ満載でしたが、免疫ができたのか、part1よりは楽しんで観られました。 トニー周ゆにも金城孔明にも大分慣れました(笑)孔明は、飄々として何考えてるんだかわからない感じがちょっと孔明らしくなって来たかなーとも思ったし。 周ゆも、騙しあいの場面なんかは良かったんだけど・・・ そもそも周ゆって悲劇の... [続きを読む]

受信: 2009.05.07 21:01

» 『レッドクリフ Part? 未来への最終決戦』  [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part? 未来への最終決戦」 □監督・脚本 ジョン・ウー □脚本 カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ□キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー■鑑賞日 4月25日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々エイベックスが仕掛けたこの作品。 業界のルールを無視し、レンタルにおいても、TVにおいても従来の殻を破ってしまった... [続きを読む]

受信: 2009.05.09 09:38

» 映画 レッドクリフ PartII [VAIOちゃんのよもやまブログ]
Blu-rayで鑑賞したPartIが赤壁の本戦に入る前に終わってしまった事もあり、続きが気になっていたPartIIを劇場で鑑賞しました。 映画館は渋東シネタワー。‘み’の通勤経路である田園都市線&半蔵門線の渋谷駅に直結しているので便利なんですよね〜 封切りから3週間程度経...... [続きを読む]

受信: 2009.05.12 23:42

» 【レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―】 [+++ Candy Cinema +++]
【赤壁 決戦天下】監督:    ジョン・ウー 脚本:    ジョン・ウー、チャン・カン、コー・ジェン、シン・ハーユ 音楽:    岩... [続きを読む]

受信: 2009.05.17 10:51

» 09-131「レッドクリフPartⅡ -未来への最終決戦-」(アメリカ・中国・日本・台湾・韓国) [CINECHANの映画感想]
茶の溢れた器  80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ劉備・孫権連合軍は、軍師・孔明の知略と指揮官・周瑜の活躍でどうにか撃退に成功する。思わぬ大敗にも依然圧倒的な勢力を誇る曹操は、2000隻の戦艦を率いて赤壁へと進軍する。  そんな中、曹操軍には疫病が蔓延してしまうが、非情な曹操は死体を船に積み、連合軍のいる対岸へと流す。これにより連合軍にも疫病が拡がり、ついに劉備は自軍の兵と民のため撤退を決断する。  ただひとり戦地に残り、周瑜とともに戦う道を選んだ孔明だったが、劉備軍が持ち帰ったこ...... [続きを読む]

受信: 2009.05.25 00:55

» 「レッドクリフ PartII」 [prisoner's BLOG]
圧倒的な戦力の差を埋めるのに必要な十万本の矢をどう確保するか、そして火責めを行うにあたって重要な風向きの変わり目までにどう時間を稼ぐかといった具合に、こうするためにはこうしなくてはいけないという具合にひとつひとつ戦略を積み重ねていくプロセスがわかりやすく、クライマックスまであまり見せ場がなくても飽きさせない。 いざ戦闘が始まったらもう圧倒的なスケールと徹底した物量で圧倒される。炎の効果など、どうやって作り出したのかメイキングが見たくなった。 香港ノワール時代のジョン・ウーのトレードマークである互い... [続きを読む]

受信: 2009.05.26 04:34

» 【 レッドクリフ Part II -未来への最終決戦- 】 [もじゃ映画メモメモ]
孫権軍と劉備軍が曹操の大軍に立ち向かう様を描いた歴史スペクタクル。 今回も本編が始まる前に説明がある親切設計、これは助かる。 はっきり言って、終盤の迫力ある戦闘シーンに来るまでは、ひたすら我慢しろ。前半はダラダラし過ぎだよ。ヴィッキー・チャオがスパイしに敵軍へ。どうみても男に見えないよ。しかも「デブ助」ってアダ名だよ。なんか恋愛っぽくなっちゃうし。相手の行く末は速攻想像出来ちゃうし。 でも、ヴィッキーはカワユス。 [ 公式サイト ] ... [続きを読む]

受信: 2009.05.28 15:53

» 映画「レッドクリフPart2」-未来への最終決戦- [JAZZと映画・本]
Part1を見ていたので「レッドクリフPart2」を もうそろそろ上映が終わって [続きを読む]

受信: 2009.06.02 08:41

» 『レッド・クリフ Part?』(Theater) [私の研究日記(映画編)]
監督 呉宇森(ジョン・ウー) 脚本 芦葦(ルー・ウェイ)     鄒静之(ヅォウ・ジンジー) 出演者 梁朝偉(トニー・レオン)、金城武、林志玲(リン・チーリン)、張豊毅(チャン・フォンイー)、     張震(チャン・チェン)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、胡軍(フー・ジュン)、中村獅童 公開 2009年4月 製作国 中国 香港 日本 韓国 台湾  シネプレックス幕張にて鑑賞(2009年4月10日)。  あらすじ。「大軍を率いて赤壁へ進行してきた曹操軍。曹操は疫病で死んだ自軍兵を対岸の孫権・劉備連... [続きを読む]

受信: 2009.06.07 23:42

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦・思い出してレビュー [饒舌な寝言]
嫁と観に行ったのは、もう二ヶ月近く前?ミッドランドシネマ名古屋空港 駐車場の広さに驚き、100円じゃない鮨に感動し、本革の客席に満足し エアポートということもあり、空港通路を思わせる映画館の入口にそれぞれ立っている 客室乗務員のようなコスプレお嬢さんに妄想し、肝心のレビューを忘れてた。(笑)... [続きを読む]

受信: 2009.06.08 18:59

» レッドクリフPart2〜未来への最終決戦〜 <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
昨日Part1を観て しっかり復習してから観に行ったよPart1も迫力はあったけど やっぱしPart2の方が断然、迫力があって映画館の大きなスクリーンで観るのが絶対、お勧めついに 赤壁の戦いですわ 水上戦ですわ 2000隻の戦艦と80万の兵士だとって ...... [続きを読む]

受信: 2009.06.15 05:21

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― [銀幕大帝α]
RED CLIFF: PART II/09年/米・中国・日本・台湾・韓国/144分/劇場公開 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン <ストーリー> 疫病が発生し、孔明を残して劉備軍が撤退。窮地に立たされた周瑜と孔明は曹操軍に心理戦を仕掛ける。 <感想> 小喬を演じたリン・チーリンの美しさは言葉では言い表せない。 彼女が出ているって事だけで★4つあげちゃう♪ 三国志というものを全く知らなくて... [続きを読む]

受信: 2009.08.12 23:03

» レッドクリフ [シネマ日記]
週末、雨でどこへも行けなかったので「レッドクリフPartI,II」を借りてきて一気に鑑賞しました。少し前に横山光輝の漫画「三国志」を読破したばかりの我が家では、密かな三国志ブームを迎えておりました。そんな我が家の一番人気はなんといっても関羽。冷静沈着で義理堅く、武道の達人でもあり、中国では神様とまで言われる関羽が我が家のナンバーワン。そこへ「レッドクリフ」いやがおうにも盛り上がる期待。そして、、、NOOOOOOOOO!!!!「レッドクリフ」の関羽バーサンジャプってば、笑い飯・西田、はたまた「もやしも... [続きを読む]

受信: 2009.08.17 13:41

» 「レッドクリフ Part I & PartII 」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
「チェ・・」の2本を続けて見たのと同じ理由で、2本続けての鑑賞だったので、2本一緒に^^ [続きを読む]

受信: 2009.08.20 08:42

» 映画 『レッドクリフ 』 [タッちゃんのBGブログ!]
ジョン・ウー監督の映画『レッドクリフ』のPart?とPart?を一気に観ちゃいました。 迫力のある映像でとても見ごたえがある映画でした。さすがジョン・ウー作品って感じ。 金城武が演じる“諸葛孔明”が実にカッコ良く、はまり役でした。 あと、“尚香”役のヴィッキー・チャオがとてもチャーミングでかわいかったです。 孔明が3日で10万本の矢を調達しなければならないシーンは、三国志を知る人ならば どういう手段を講じるかは知っていたと思うが、その場面を映像で見て、あらためて 孔明の頭の良さに感服させられた。... [続きを読む]

受信: 2009.09.06 11:16

» レッドクリフ パート? [お散歩日記]
三国志は昔アニメでみた程度。ちょっと脱落気味になりながらみてたかな?諸葛孔明様が風向きにあわせて扇をふるシーン、格好良かったです。でも、あれアニメでもあったようなデジャブがー。 リン・チーリンも傾国の美女で素敵でした。画像あさってみたら普段は茶髪? レッドクリフの時のほうが絶対キレイ。 家でDVDでみたのでいろいろとつっこみながら、楽しかったです。... [続きを読む]

受信: 2009.09.06 11:22

» レッドクリフ part2 [本と猫と映画と]
レッドクリフ PartII −未来への最終決戦− - goo 映画 すっかりご無沙汰してしまいました。 気になってたんですけど、なかなかアップする気力がなく(^^; 見た映画をすでに忘れてしまいそうです(苦笑) さてさて、「レッドクリフ2」です。 テレビ放送で「パート1」をやったせいか、 私が観に行った時はすごい人で、ビックリしました。 今作は、「赤壁の戦い」の直前までを描いた前作の続き。 曹操軍の間で、疫病が蔓延し始めるところから始まります。 「1」でも、本編が始まる前に、三国志の解説がつ... [続きを読む]

受信: 2009.11.18 18:09

» 『レッドクリフ PART2 未来への最終決戦』'09・米・中・... [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ曹操の非情な作戦の前に、男たちの結束は崩壊。連合軍は絶体絶命の窮地に追い込まれる・・・。感想ジョン・ウー監督流赤壁の戦い完結編PART2の感想としては、アクションはPART1の方が良かったかな爆破好きなら気に入りそうやけど少し単調な感じがしたな...... [続きを読む]

受信: 2010.01.06 21:54

» レッドクリフ Part?未来への最終決戦 [アスカ・スタジオ]
 昨日は世界遺産春日大社に初詣。早や三か日は過ぎたというのに、予想外の参拝客だった。 帰宅後、録画しておいた本作品を観る。Part?を観た際には複雑だった人物関係は、ほぼ理解出来ていたので今回は見易かった。 が、内容は…娯楽作に徹しきっていた。そもそも今を去る1800年の昔にサッカーゲームとは!。あのような近代的なボールを造る生産技術があったとは到底考えられないけどなぁ?。 最大の見もの赤壁の戦いの一大スペクタルは確かに壮観である。ただ、ちょっと残酷すぎる嫌いもあるが、ま、いいとしよう。 だけど、あ... [続きを読む]

受信: 2010.01.07 07:13

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― [のほほん便り]
私にとっては「恋する惑星」コンビ、(トニー・レオン、金城武)合戦シリーズの完結編 諸葛孔明は、やはり、ひらひら… (^^;) とにかくバトルシーンが大迫力。特に火攻めが凄かったです。日本の見慣れた合戦とは微妙に似て非なり。「武具が違う、旗が違う」と感心しつつも、火や石に矢を使うあたり、万国共通なんですね。 「ああ、なるほどね」と感心する戦略あり。激しい戦闘の中、美学と哀愁があって、三国志を知らずとも「をを!」と感心しつつ楽しめました。 何気ない場面ですが、合戦の途中。幼馴染みに再... [続きを読む]

受信: 2010.01.13 07:39

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― [ぶっちゃけ…独り言?]
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) レッドクリフと言いながら、ちっとも赤壁の戦いを描いていなかった前作から一転、今回はバッチリ 赤壁の戦いを描いた作品に・・・ て、う〜ん・・そーゆー意味ではちと微妙・・・ がっ! 多少(?)ズレてはいたものの、三国志をモチーフにした映画としては、ぶっちゃけ予想外に良い 出来だったかと。 ジョン・ウー監督が好きなのか若干謎な尚香のスパイ大作戦とか、多少変な方向でのやり過ぎ 感は置いといて、前作みたいなチグハグ感・グダグダ感もな... [続きを読む]

受信: 2010.01.23 03:35

» レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦― [こんな映画見ました〜]
『レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―』 ---RED CLIFF: PART II 赤壁--- 2009年(アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 監督:ジョン・ウー 出演: トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、中村獅童 、リン・チーリン、ユウ・ヨン 三国志の有名なエピソードを基に、日本をはじめアジア各国で大ヒットを記録したジョン・ウー監督によるスペクタクル巨編「レッドクリフ」の後編。 80万の曹操軍をわずか5万で迎え撃つ... [続きを読む]

受信: 2010.05.04 23:23

» 「レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―」 DVD [しぇんて的風来坊ブログ]
迫力はある。 当時の武器にあそこまでの威力があるかというのは気にせずに活劇映画なのでそれはいいとして減点でない。三国志のネタにプラスアルファしているが、細かいネタ満載と云うより、一つ一つじっくり描いているのでスピード感は削られても分かりやすい。主要人物もスターが多いので安心して見られる。(もっとも俳優目当てなら各々の主演の別の作品観た方がいいでしょうけれど)。この物語自体がココロにずしんとくるかというと、そうでもなく、戦国時代的な戦争ゲーム感覚にしか見難いのが、個人的にはやはり厳しく、この作中では特... [続きを読む]

受信: 2010.05.06 21:52

» ジョン・ウーとは何だったのか [RISING STEEL]
この作品が好きな人、ジョン・ウー監督のファンである人は気分を害されるかもしれません 言いたい放題の辛口です レッドクリフ / 赤壁 2008年 中国/日本/アメリカ/台湾/韓国合作映画 監督:ジ...... [続きを読む]

受信: 2011.08.18 17:45

« 千葉ロッテ、3連敗で早くも最下位(第6戦/2勝4敗) | トップページ | 千葉ロッテ、4連敗(第7戦/2勝5敗) »