« 小林宏が力投!バーナムJr.が勝ち越しツーラン!!千葉ロッテ7連敗ストップ(第80戦/33勝44敗3分) | トップページ | 千葉ロッテ、終盤に怒涛の追い上げも実らず惜敗(第81戦/33勝45敗3分) »

2009.07.18

「恐竜2009 - 砂漠の奇跡」の記念シンポジウムに親子で参加した

2009年7月18日(土)~9月27日(日)の72日間、千葉・幕張メッセで博覧会「恐竜2009-砂漠の奇跡」が開催されます。開幕を記念して幕張メッセ国際会議場コンベンションホールで記念シンポジウムが行われました。7月7日締切でサイトから応募して当選したので、子供たちと行って来ました。このようなアカデミックな催しに親子で参加するのは初めてです。

P1000796

JR海浜幕張駅の階段を下りると案内の垂れ幕が目に入ります。

P1000797

今日は博覧会の会場には行かずに、記念シンポジウムだけ。後日博覧会に行きます。つまり博覧会をより楽しむための予習です。

P1000803

「日本初公開となる恐竜ミイラ化石「ダコタ」や、定説を覆す超大型羽毛恐竜「ギガントラプトル」、世界最大級の肉食恐竜「スピノサウルス」の復元プロジェクトなど、本博覧会の見どころを世界的に著名な恐竜研究者が直接解説」してくれます。研究者は外国の方なので同時通訳レシーバーが配られるハイソな講演会です。7分くらいの入りでした。子供連れの親子や初老の方が参加されていました。男女比は7:3くらい。

P1000806

-------------------------------------------------------------
【記念シンポジウム概要】
日時 7 月18 日(土) 開場12:30 /開演13:00( 15:30 終演予定)
会場 幕張メッセ コンベンションホール(定員500 名)
※参加無料・同時通訳つき(日・英)

■プログラム
①総合監修者ごあいさつ
 長谷川善和さん(群馬県立自然史博物館 館長)

②講演「恐竜ミイラ研究最前線」
 タイラー=ライソンさん(マーマス研究財団 代表)
 ジョン=ホーガンソンさん(ノースダコタ地質調査所 博士)

③講演「ギガントラプトルの研究成果」
 徐星さん(中国科学院古脊椎動物古人類研究所 教授)

④講演「アンキロサウルス類の進化の旅―アメリカとアジアを結ぶ」
 ケネス=カーペンターさん(デンバー自然科学博物館 博士)

⑤講演「サハラの幻―スピノサウルス骨格復元プロジェクト」
 マット=ラマンナさん(カーネギー自然史博物館 博士)

⑥質疑応答

⑦パネルディスカッション「『砂漠の奇跡』を求めてー砂漠を駆け巡る恐竜ハンターたち」
パネリスト
 長谷川善和さん(群馬県立自然史博物館 館長)
 徐星さん(中国科学院古脊椎動物古人類研究所 教授)
 ケネス=カーペンターさん(デンバー自然科学博物館 博士)
 マット=ラマンナさん(カーネギー自然史博物館 博士)
 進行役:真鍋真さん(国立科学博物館 地学研究部 生命進化史研究グループ 研究主幹)
-------------------------------------------------------------

2時間半でしたが、子供たちも興味深げに最後まで受講しました。飽きたら途中で退場しようかとも考えていたのですが杞憂に終わりました。子供は基本的に恐竜が好きのようです。プログラム⑥質疑応答は仕込みではなく、受講された方々の真摯な質問が出てほほえましいやり取りでした。

今回一番驚いたのは②で語られた恐竜がミイラで発見されていたことでした。恐竜は化石でしか発見されていないと思い込んでいました。これまでに世界で6例あり1例は海底に沈んでしまっているとのことで、今後も発見される可能性があるとのことです。タイラー=ライソンさんは1982年生まれの26歳で16歳の時に、恐竜のミイラ化石「ダコタ」を発見したそうです。マーマス研究財団代表で現在エール大学で古生物学の博士課程に在籍中との紹介がありました。若いのに立派な実績を持った方です。

帰りは、次回訪れる予習として博覧会場となる10・11ホールに寄りました。
今回気付いたのですが、10・11ホールへの歩道橋が出来ていました。今まで本部ホールとの行き来は道路を横断しなければならず不便だったのですが、非常に便利になりました。

P1000810

歩道橋の通路に恐竜の足跡でデザインされた開催案内がプリントされています。今回の目玉を事前学習したので博覧会が楽しみです。

P1000812

P1000813

|

« 小林宏が力投!バーナムJr.が勝ち越しツーラン!!千葉ロッテ7連敗ストップ(第80戦/33勝44敗3分) | トップページ | 千葉ロッテ、終盤に怒涛の追い上げも実らず惜敗(第81戦/33勝45敗3分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/45668137

この記事へのトラックバック一覧です: 「恐竜2009 - 砂漠の奇跡」の記念シンポジウムに親子で参加した:

« 小林宏が力投!バーナムJr.が勝ち越しツーラン!!千葉ロッテ7連敗ストップ(第80戦/33勝44敗3分) | トップページ | 千葉ロッテ、終盤に怒涛の追い上げも実らず惜敗(第81戦/33勝45敗3分) »