« 千葉ロッテ、守乱で競り負け連敗(第114戦/45勝65敗4分) | トップページ | F1第12戦ベルギーGP »

2009.08.30

映画『ボルト<日本語吹替え版>』(お薦め度★★★)

監督、バイロン=ハワード、クリス=ウィリアムズ。脚本、ダン=フォーゲルマン、クリス=ウィリアムズ。2008年米。3Dアニメ映画。声の出演、佐々木蔵之介(ボルト)、白石涼子(ペニー)、江角マキコ(ミトンズ)、天野ひろゆき(ライノ)。ピクサーと合併したディズニーが、ジョン=ラセター製作総指揮で贈る新生ディズニー第1弾作品。

可も無く不可も無いといったところでしょうか。
残念ながらイマイチ作品の世界に入れませんでした。
悪くは無いのですが、従来からのピクサーとしてのテイストが若干抜けてしまって、より王道としてのファミリー向け作品を狙っています。ディズニーらしいといえばその通りなのですが、観ている側としては何か中途半端というか消化不良なところを感じました。
ボルトの声は少し若い声優で設定すべきだったように感じます。声の落ち着いた印象がキャラクターに合っていないように感じました。ミトンズとライノについては適任でした。

今回のCGで驚いたのは、キャラクターと人間の表現にギャップが無く一緒に描かれていても全く違和感がありませんでした。過去の作品はキャラクター同士の世界を中心に描いていて、時折登場する人間とは一体感が弱かったのですが、今作では調和していました。背景については実写と見間違うような映像で更にCGと実写の距離が狭まっており進化が著しいようです。

今年の夏休み映画は4本観ました。その中で順位をつけると次の通りです。

1位 『アイス・エイジ3/ティラノのおとしもの<デジタル3D/日本語吹替え版>』(お薦め度★★★★★)
2位 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(お薦め度★★★★)
3位 『ボルト<日本語吹替え版>』(お薦め度★★★)
4位 『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』(お薦め度★★★)

何んと言っても『アイス・エイジ3』がナンバーワンでした。絶品です。『ボルト』はほんの少しだけ期待外れでした。

|

« 千葉ロッテ、守乱で競り負け連敗(第114戦/45勝65敗4分) | トップページ | F1第12戦ベルギーGP »

コメント

erabuさん こんばんは♪
トラックバックありがとうございました
こちらからはエラーになってしまいましたので
コメントで失礼致します

なぜかボルトをみるたびに、アンディ・ラウさんを思い出してしまいました。なんでだろう…不思議!

やはりディズニーですので、ハッピーエンドのお約束は勿論、ファミリー・ムービーとして子供にもわかりやすく作られているのは好感がもてましたね
猫もハムスターもいいキャラだったのですが
個人的に気に入ったのは、鳩!
とくに最初の3羽が妙に渋くて(笑)

投稿: maki | 2009.12.20 23:26

> makiさん、コメントありがとうございます。TBではご迷惑をお掛けしました。

>なぜかボルトをみるたびに、アンディ・ラウさんを思い出してしまいました。なんでだろう…不思議!

不思議ですね。声と姿のギャップがあって感情移入できませんでした。

ご指摘の通り、わかりやすいキャラクターだったと思います。しかし、意外と残りませんね~。心に残らせるキャラクターデザインは一筋縄ではいかないのかもしれません。

投稿: erabu | 2009.12.21 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/46065294

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ボルト<日本語吹替え版>』(お薦め度★★★):

» 映画:ボルト [よしなしごと]
 ディズニーのCG映画ボルトを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009.08.30 00:57

» 09-217「ボルト」(アメリカ) [CINECHANの映画感想]
大事な僕の人間  白い犬のボルトはハリウッドのスタジオで育ったスター犬。TVドラマの中で、飼い主の少女ペニーを守るために改造されたスーパードッグとして無敵のスーパーパワーを発揮し、悪党たちを次々と退治していた。人間たちは、ボルトからリアルな演技を引き出すため、ドラマの中の出来事を現実と思い込ませていた。  そんなある日、ひょんなことからボルトはハリウッドから遠く離れたニューヨークへと運ばれてしまう。そこで初めて遭遇した外の世界。ボルトはここにきてようやく、全てはドラマの中のことだったと...... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 01:18

» 「ボルト」 [元・副会長のCinema Days]
 (原題:Bolt)発想が秀逸だ。そして、それをただの“思い付き”には終わらせない作劇の深さがある。連続テレビドラマの“主役”である犬のボルトは飼い主の少女ペニーを悪の組織から守るため、番組の中では毎回超能力を駆使して活躍する。ところがボルト自身はそれらを“現実”として認識している。つまり彼は自分をスーパードッグだと思い込んでいるのだ。  彼が住むのはハリウッドのスタジオの中で、子犬の時に連れて来られて以来、そこから出たことはない。ところがニューヨークでの撮影中にロケバスから出て行ったペニーを“敵... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 06:44

» ボルト [あーうぃ だにぇっと]
監督・脚本: クリス・ウィリアムズ キャスト (声の出演) ボルト☆ジョン・トラヴォルタ ペニー☆マイリー・サイラス ミトンズ☆スージー・エスマン ライノ☆マーク・ウォルトン Dr.キャリコ☆マルコム・マクダウェル 監督☆ジェームズ・リプトン エージェント☆グレッグ・ジャーマン 他 【ストーリー】 アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。 ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに運ばれる途中、迷子になってしまった彼は、アメリカ...... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 07:55

» 「ボルト」 幸せな結婚 [はらやんの映画徒然草]
一時期、不調和となっていたディズニーとピクサーの関係は、2006年ディズニーがピ [続きを読む]

受信: 2009.08.30 08:31

» ボルト [萬歳楽の酒飲み日記]
公式サイト  http://www.disney.co.jp/movies/bolt/index.html 悪く言えば、ジム・キャリー主演のトゥルーマン・ショーのパクリ。 全体の流れが有りがちで凡庸という観かたもあるかもしれないが、ラストでペニーにとってのスーパードッグになる展開など、 ヒーロー→ただの犬→ヒーロー という流れは王道だし、ディズニーらしくて良い^^ それと、CG技術には驚嘆するほかない。 モンスターvsエイリアンも凄いと思ったが、本作はそれ以上の出来。 ボルトなどの出演者(w)... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 11:42

» 「ボルト」は~とうぉ~みんぐ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ボルト] ブログ村キーワード  この夏休みも“我が娘・かぁたん(仮名・7歳)”と行きました、“娘と映画・第9弾!”今回は「ボルト」(ウォルト ディズニー スタジオ モーションピクチャーズ ジャパン)。もちろん、“日本語吹替え版”そしてお楽しみの“デジタル3-D”を観に行きました!  ボルトは、悪の組織と戦うために改造手術を施された“スーパードッグ”。スーパーパワーを駆使して、飼い主の少女・ペニーと共に、日夜悪の軍団と戦っていた…と、いうのは人気TVドラマの設定のお話。しか... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 13:11

» 映画「ボルト」@ウォルト・ディズニー・スタジオ試写室 [masalaの辛口映画館]
   同時上映「メーターの東京レース」の話 まず本編上映前にピクサー作品「カーズ」のスピンオフ短編作品「メーターの東京レース」が上映された。監督はピクサーの生みの親ジョン・ラセターだ。 映画の主人公は整備車のメーターだ。舞台はメーターの妄想世界で東京の...... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 13:36

» ボルト [★YUKAの気ままな有閑日記★]
吹き替え版で鑑賞【story】アメリカで人気のテレビショーに出演中のスター犬、ボルト。ある日、ハリウッドのスタジオからニューヨークに間違いで運ばれてしまい、迷子になってしまった彼は、アメリカ横断の旅を余儀なくされる。しかしテレビショーの中で発揮する、数々のスーパーパワーを自分のものだと信じて疑わないボルトは―     監督 : バイロン・ハワード クリス・ウィリアムズ【comment】       とっても面白かったで〜す犬好きのせいかなぁ〜ボルトちゃんの全ての行動が愛おしくって、最初っから最後まで... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 15:59

» ボルト [5125年映画の旅]
様々なスーパーパワーで悪と戦うヒーロー犬が主人公の大人気TVドラマ。その主人公を演じている俳優犬のボルトは、ドラマの話を現実だと信じ込んでいた。ある時、ドラマは急展開を向かえ、飼い主のペニーが悪人にさらわれてしまう。ボルトはペニーを救うためにスタジオを...... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 21:15

» ボルト [だらだら無気力ブログ]
人気TVドラマでスーパードッグとして活躍するタレント犬のボルトが、 ひょんなことからスタジオの外の世界に飛び出し、初めて体験する現実 世界でいろいろな体験を経て、共演する女の子のもとへ帰る道中を描いた ディズニーの3Dアドベンチャーアニメ。アメリカで人気テ..... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 21:50

» ボルト(試写会) BOLT [まてぃの徒然映画+雑記]
ウォルト・ディズニー&ビクサーが贈る、ハートウォーミングでアクション満載のエンターテインメント作!大人でも充分楽しめます。ボルトはペニーの父の研究の結果、特別な能力を身につけた超能力犬。常にペニーを助けて悪い奴らに挑んでいくんだけど、それは実はドラマの...... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 21:57

» 『ボルト』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
ディズニーアニメの『ボルト』を観賞ー。 ジョン・トラヴォルタのボイスキャストってどうだろう?って思っていたけれど、結構違和感なく観られました。 ******************** ピクサーと合併したディズニーがジョン・ラセター製作総指揮の下、新生ディズニーの第1弾とし... [続きを読む]

受信: 2009.08.30 23:16

» ボルト [ダイターンクラッシュ!!]
2009年8月18日(火) 19:40~ TOHOシネマズみゆき座 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:600円(買っていない) 『ボルト』公式サイト ピクサーかと思ったが、ディズニー本体だった。ピクサーの御大が製作総指揮なのだが。 おまけの短編は、ピクサーの「カーズ」の番外編。 で、本編だが、 犬の「トゥルーマン・ショー」である。愚作「トゥルーマン・ショー」の500倍は面白いけど。 名作「ギャラクシー★クエスト」でもある。差し詰めライノは、(実はタコ型)宇宙人の役だ。 ラブ... [続きを読む]

受信: 2009.08.31 08:18

» 『ボルト』 [めでぃあみっくす]
飼い主ペニーを探してアメリカ横断の大冒険。でもOPからのスピーディーで格好のいい劇中劇には敵わない。ボルト、ミトンズ、ライノといった3キャラクターが凄く愛らしくて、展開が読めるとはいえ面白いお話なんですけど、やっぱりOPの劇中劇が面白すぎて最後までどこか物足....... [続きを読む]

受信: 2009.08.31 20:52

» ボルト(映画館) [ひるめし。]
「ずっと家族だって、信じてる」 [続きを読む]

受信: 2009.08.31 20:53

» ボルト [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
NYからハリウッドまで、大好きなペニーに会うためにアメリカ横断を決意したスーパードッグ・ボルト。愉快な仲間と超ポジティブな勘違い犬ボルトの長い長い旅の果てに待っているものは?・・・爆笑と感動のロードムービー! 物語:スーパーパワーで悪を退治するヒーロー...... [続きを読む]

受信: 2009.08.31 21:07

» 『ボルト』・・・全てが嘘だとわかっても [SOARのパストラーレ♪]
よりによって「千円の日」に特別料金2千円はどうよ?・・・と多少の躊躇はあったものの、結局3D(日本語吹替版)にて鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009.08.31 23:05

» 「ボルト」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
かみしめる普通の幸せ。自分が特別な犬じゃないことを知り落ち込むボルトに猫のミトンズは、普通の犬でいることがいちばん幸せなことと諭す。「普通」って何よ?思わずそう言ってしまうこともあるが今日だけはよく分かる。「普通」とは「異常じゃない」ことだ。「スーパー...... [続きを読む]

受信: 2009.08.31 23:10

» 「ボルト」 [ハピネス道]
JUGEMテーマ:映画nbsp; ディズニーの新作「ボルト」前評判の高さもあり、ある程度期待して観に行ったのですが、それでも期待以上でした。ラストには思わず涙が…この作品、ディズニー映画とはいえ、製作総指揮にジョン・ラセターピクサースタイルのマネジメントを取り入れて作られた、初めてのディズニーアニメーション…ということです。近年のディズニーアニメーション映画は「チキンリトル」にしても「ルイスと未来泥棒」にしても、そこそこ面白く、けっして駄作ではないのですが、ディズニークラシックスの輝... [続きを読む]

受信: 2009.08.31 23:24

» 映画:ボルト 3D [ぱたぱたぱ〜だでグー!]
ボルト 3D ←クリックでオフィシャルサイトへBOLT 【コピー】 「ずっと家族だって、信じてる」 【キャスト&スタッフ】 監督:クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード 脚本:クリス・ウィリアムズ 製作総指揮:ジョン・ラセター 声の出演:佐々木蔵之介、白石涼子、江角マキコ、天野ひろゆき 【作品情報】 ジャンル:アニメーション 製作年:2009年 製作国:アメリカ 配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン 【あらすじ】 ボルトは大好きな少女ペニーのためならたと... [続きを読む]

受信: 2009.09.01 23:26

» ボルト☆独り言 [黒猫のうたた寝]
おぉ~~~トラボルタが吹替してるわ♪『ボルト』観ました♪ディズニーアニメです。鼻の黒い真っ白な犬のボルト大好きなペニーとの出会いは子犬の頃そしてボルトと名付けられ…成長した白い犬はペニーを守るスーパードッグとなったのだ!!!…というのはTVの中だけのお話。でも... [続きを読む]

受信: 2009.09.07 22:37

» ボルト [お散歩日記]
レンタルDVDにて鑑賞。 すっげー感動した。(太字にしたいがやり方わからず) ボルトって、幼児だよ。(佐々木蔵之介が声だけど) 自分のスーパーパワーを信じて空想の世界を信じてる。それが現実を知り、本当の面白い世界をしって・・長して・・というストーリー。 現実を教える猫のミトンズがいい。 これ3Dでやってたのか、アリスなんか見ないでこっちにすれば良かった。 ディズニー?ピクサー?は、はずれない。頭痛くなるまで泣いちゃったぜ。... [続きを読む]

受信: 2010.08.01 05:34

» 『ボルト』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ車よりも早く、ヘリを飛び越え、破壊力抜群の吠え声で悪の軍団と闘うスーパードッグのボルト。でも、それはTVドラマの中のお話で・・・。感想アカデミー賞長編アニメ賞ノ... [続きを読む]

受信: 2010.11.08 23:59

« 千葉ロッテ、守乱で競り負け連敗(第114戦/45勝65敗4分) | トップページ | F1第12戦ベルギーGP »