« “ミスドのポン・デ・ライオン”דローズオニールキューピー”の「キュージョン」ぬいぐるみ | トップページ | スペシャルドラマ「坂の上の雲」がようやく始まった »

2009.11.29

WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦 内藤大助対亀田興毅、ついに決着

判定0-3で挑戦者・亀田興毅(23歳)が勝ち、新王者。
国内7人目の2階級制覇を達成。

35歳2ヶ月の内藤大助は6度目の防衛に失敗し、自身の持つ日本人最年長世界王座防衛記録(34歳8ヶ月)の更新はならず。

TBSが過去に視聴率欲しさに酷いボクシング番組を放映し続けたので、試合は途中5ラウンドから観ました。これ以上TBSに貴重な時間を潰されたくありません。会場は、さいたまスーパーアリーナ。

すでに内藤の鼻が腫れており劣勢でした。亀田が良いボクシングをしているというよりも内藤がもらわなくてもいいパンチをもらい過ぎているようです。亀田が踏み込んで放つ左ストレートが手数が少ないものの効果的にヒットしていました。内藤は時折右フックを亀田のテンプルに見舞っていますが、ほとんど効きません。パンチ力が無いのが致命的でした。

結局、亀田がポイントをリードして試合終了のゴングが鳴り、判定の結果文句無しで新チャンピオンになりました。彼のビッグマウスをTBSがより誇張し続けたのでずっと嫌悪感がありました。心情的に内藤を応援したのですが、若さで優る亀田が勝利を収めました。

内藤は自身でも語るように“強くないチャンピオン”でした。スピード・パワー・テクニックにおいて彼にもう少しパンチ力があれば、チャンピオンらしくなっていたと思うのですが残念です。チャンピオンとは思えないほど腰が低く人柄が良過ぎでした。ボクサーとして恵まれていないながらも勇気のある姿勢は本当に好感が持てました。ナイスファイトだったと思います。お疲れ様でした。

|

« “ミスドのポン・デ・ライオン”דローズオニールキューピー”の「キュージョン」ぬいぐるみ | トップページ | スペシャルドラマ「坂の上の雲」がようやく始まった »

コメント

こんばんは
内藤選手、この後はどうなるんでしょうか
去就が注目ですね

投稿: ぱる | 2009.12.07 23:59

>ぱるさん、コメントありがとうございます。

引退だとばかり思っていたのですが、現役続行のようですね。

リマッチがあれば、再び内藤選手を応援したいと思います。

投稿: erabu | 2009.12.08 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/46893386

この記事へのトラックバック一覧です: WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦 内藤大助対亀田興毅、ついに決着:

» 因縁の日本人対決!WBC世界フライ級タイトルマッチ・内藤大助VS亀田興毅 [日刊魔胃蹴]
「内藤VS亀田家」の因縁、遂に終止符の時がやって来た!WBC世界フライ級タイトルマッチ12回戦「内藤大助VS亀田興毅」が29日、さいたまスーパーアリーナで行われました。チャンピオンの内藤選手はこの試合が6度目の防衛戦、最年長防衛記録更新を目指します。2階級制覇を狙う亀田選手は3年ぶりの世界戦で、日本人選手との対戦はこれが初めてです。「世紀の一戦」と言われていた日本人同士の世界戦、その結果は…。 まず1ラウンド、内藤は左右のフックを放てば、亀田は左ストレートで応戦。終盤に内藤が飛び込んで行く... [続きを読む]

受信: 2009.11.30 22:51

» [ガチンコファイトクラブ特別篇]派手にできなかった試合? [BBRの雑記帳]
さて、今回も30分後に始まる試合を思いっきり「それは違うやろ」という印象で煽って [続きを読む]

受信: 2009.11.30 23:14

» WBC世界フライ級タイトルマッチ、亀田興毅が2階級制覇、内藤大助に判定勝ち [しっとう?岩田亜矢那]
た〜ぼくん?世号での帰り道 ワンセグ携帯で音声のみを聴いていたきっどさん。 今改めて、録画していた放送を見ているのだが こりゃ、一方的だわ。 亀田興毅、初の日本人相手の試合。 3兄弟全体でみても日本人相手に勝利したのは 末弟和毅雲林龍広に対してのものだけ。 ならば何故今までこう頑なに 対日本人との戦いを避けていたのであろうか? 単に嫌われていただけ? KOこそなかったものの どちらも逃げない良い試合だった。 さあ、この後の展開 内藤大助はウオッカのように 鼻血を出したから引退って訳もないと思うし... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 00:29

» WBC世界フライ級タイトルマッチ、亀田興毅が2階級制覇、内藤大助に判定勝ち [こちら、きっどさん行政書士事務所です!]
た~ぼくんⅢ世号での帰り道 ワンセグ携帯で音声のみを聴いていたきっどさん。 今改めて、録画していた放送を見ているのだが こりゃ、一方的だわ。 亀田興毅、初の日本人相手の試合。 3兄弟全体でみても日本人相手に勝利したのは 末弟和毅雲林龍広に対してのものだけ。... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 00:37

» 亀田興毅が内藤大助に判定勝ちし新王者に [FREE TIME]
プロボクシング・WBCフライ級タイトルマッチ、王者・内藤大助選手vs挑戦者・亀田興毅選手の対戦が、さいたまスーパーアリーナで行われ、亀田興毅選手が3-0で判定勝ちし新王者となりました。... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 01:39

» WBC世界フライ級タイトルマッチ [ぶっちゃけ…独り言?]
○亀1vs.内藤 大助● 亀1はランダエタ相手のライトフライ初防衛戦の時と同じよーなボクシングをしましたね。 ま、内藤が負けるとしたらこーゆー展開だろ〜なぁ〜と思ってたんですよね〜。 特にここ最近の劣化ぶりを見てるとねぇ・・・ 以前は、動き自体がトリッキーでもスピードとキレは何気にハンパなかったので、強引にでも自分の 土俵に引き込めてたけど、今の内藤にはそれが出来ないですからね。 なので、持ち味の一つでもあるガムシャラさもまんまと空回り。 3R1分21秒に受けた強烈なバッティングで鼻が折れちゃった... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 03:56

» WBC世界フライ級 亀田興毅選手が判定で勝利 [つらつら日暮らし]
WBC世界フライ級ですが、亀田興毅選手が判定で勝利しました。 [続きを読む]

受信: 2009.12.01 07:05

» 今年一番の視聴率を獲った内藤VS亀田戦で調子に乗るなよ、TBS [かきなぐりプレス]
試合が終わって一夜明けた。これまで散々亀田家批判を繰り返してきて、今回の内藤戦をスルーするわけにはいかない。 このエントリーがアップされるのは試合から2日後だ。 タイムリー性が持ち味のブログで、これでけ遅れてしまったら、試合のことを書いても面白くない。 35歳対23歳。 ボクシングの年齢的なことを考えても、挑戦者が優位だ。 加えて、国民の期待でヒーローとなった内藤は、この2年間でテレビの露出もグンと上がった。ハングリー精神も欠けてきたことは否めないだろう。 一方の... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 09:32

» 亀田興、内藤を破って2階級制覇 [虎哲徒然日記]
日本のボクシング史上、最も注目された一戦の一つに、決着がついた。 5度の防衛を果たし、日本人にはいまだ敗れていない、そして日本人史上最年長の世界王者だった内藤大助に対するは、世間を騒がせ続けてきた亀田家の長男・興毅。 その試合は世界戦にふさわしいもの....... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 22:16

» プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ挑戦者亀田興毅見事に国民の期待を裏切り実力を証明して2階級制覇を達成! [オールマイティにコメンテート]
29日プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ王者内藤大助対挑戦者亀田興毅戦がさいたまスーパーアリーナで行われ、12ラウンドを戦って判定に持ち込まれたが3対0で挑戦者亀田興毅が終始王者のパンチを跳ね返して実力を証明し無敗で2階級制覇を達成した。試合...... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 22:26

» ゴルフに相撲にボクシング… 話題の人、渦中の人の活躍ぶりは…? 【週末のスポーツいろいろ】 [不定期更新のスポーツニュース]
ここ最近、記事の内容が競馬とサッカーに偏っているので、今回はこれら以外のスポーツの結果について取り上げたいと思う。という訳で、週末行われたスポーツの内、男子ゴルフ大相撲、そして因縁の対決と騒がれたボクシングの結果を取り上げる。 【史上最年少の賞金王..... [続きを読む]

受信: 2009.12.01 23:37

» 亀田興が2階級制覇、史上7人目 王者内藤を判定で破る - Infoseek ニュース [The徒然★Re-Mix]
リンク: 亀田興が2階級制覇、史上7人目 王者内藤を判定で破る - Infoseek ニュース. ・・・、まぁ、そう言う訳です。  あの因縁の試合(vs大毅選手戦)から2年、亀田家的には雪辱を果たした... [続きを読む]

受信: 2009.12.02 00:21

» 亀田興毅はおとなしくなった?? [今日の出来事。]
TBS「アッコにおまかせ!」(6日放送分)には、先月29日、内藤大助を破ったボクシングWBC世界フライ級王者・亀田興毅が生出演。和田アキ子ら出演者とトークを繰り広げた。「興毅君、大人しくなったよね」と、アッコから先制パンチを浴びせられた興毅は、「どうなんやろ」とポツリ。アッコは「前はね、ホンマにちょっと生意気やなと思って。私はいつもの亀田選手だと思いましたけど・・・おとなしくなったと言うよりはいろいろと経験して大人になったと言った方がいいんじゃないですかね!人間ってある程度の...... [続きを読む]

受信: 2009.12.07 21:34

» 内藤大助選手の運勢 [星を枕に月を見る]
先日の亀田興毅選手と内藤大助選手の試合は、注目度が高かったようですね私は見てなかったのですが、翌日会社に行くと、その話題で持ちきりでしたikundaのほうに内藤選手の来年の運勢が載ってました気になる人は参考までにどうぞ惜しくも敗れてしまった内藤選手ですが、この....... [続きを読む]

受信: 2009.12.08 00:09

« “ミスドのポン・デ・ライオン”דローズオニールキューピー”の「キュージョン」ぬいぐるみ | トップページ | スペシャルドラマ「坂の上の雲」がようやく始まった »